インテリアデザイン

住まいのプロが本気で考えた、“男前インテリア”の取り入れ方まとめ

     
男前インテリア

あまり派手には飾らないけど、所々にこだわりがあって落ち着いた雰囲気がたまらない‟男前なインテリア”。最近では女性の間でも可愛いよりもカッコいいインテリアが流行っていますよね。コンクリートむき出しの部屋に革のソファ…「素材感」が重要なポイントになってくるこのインテリアテイストは憧れはあるものの一見取り入れるのが難しそうと感じる人が多いかもしれません。

そこで今回は、リフォームを専門とする住まいのプロから「男前なインテリアを自分も取り入れてみたい!」という人にむけて、読んでほしい3つの記事を紹介します。部屋の雰囲気をガラッと変えるものから比較的簡単にチャレンジできるものまで、これを読んであなたの希望に合ったものを見つけて下さいね!

男女関わらず流行っている、“男前インテリア”って?

男前インテリア

一時大流行した“北欧”や“フレンチ”とは180°異なる“男前インテリア”は男女ともに人気急上昇のインテリアテイストです。元々は「RoomClip」というSNSから生まれた言葉なんだとか。言葉を聞いて思い浮かべた通り、かっこいいセレクトショップのようなインテリアがまさにそれです。

「じゃあ具体的には何を使えばいいの?」というあなたは、次の記事を参考にしてみてはいかがですか?

男前インテリア

時代はカッコいい男前なリノベーションを求めている!?

男前インテリアならではの、クールな中にもオシャレな要素を盛り込むポイントを紹介しています。

男前インテリアを極めるには「窓装飾」が重要?

男前インテリア

本格的に男前インテリアを取り入れるのであれば、部屋の中では比較的面積を占める窓装飾にもこだわるべきです。カフェのような雰囲気を出したいのであれば、普通のカーテンを使ってしまっては物足りなさを感じるかもしれません。スタイリッシュでカッコいい部屋を目指すのであれば、窓装飾に“ブラインド”を取り入れるのはいかがでしょうか?

男前インテリア

木製のウッドブラインドで、あなたの部屋も「男前インテリア」に!

実は機能的にもデザイン的にも優れている“ブラインド”は、部屋作りの肝と言ってもいいくらいのアイテムです。この記事を参考に、あなたの部屋にぴったりなブラインドを見つけてください。

誰もが憧れる!男前インテリアを書斎に取り入れて、100%自分だけの空間に

男前インテリア

3畳ほどのスペースに自分の世界観を表現できる「書斎」スペースは、誰しも憧れるものではないでしょうか?男前インテリアを取り入れる場所としても、リビングや寝室などの部屋に比べてスペースが限られていることもあり気軽にチャレンジできると思います。壁や床の素材はもちろん、照明や家具にもこだわってみてはいかがですか?

男前インテリア

男性の憧れ”書斎”のインテリアを本気で考える

自分だけの空間なんて、とっても贅沢ですよね。カッコいい空間を手に入れたいなら、ぜひ参考にしてみて下さい!

こだわればこだわるほど、ずっと居たくなる空間に

男前インテリア

いかがでしたか?取り入れるコツさえ掴んでしまえば、思いっきり自分らしく自由にコーディネートできるのが魅力の“男前インテリア”。この機会に、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

合わせて読みたい

サブウェイタイル人気No.1サブウェイタイルで叶う、ワンランク上のインテリア
リフォームやリノベーションを考えている方にとって、素敵なインテリアこそとても興味深いところですよね。「壁紙や家具はどんなデザイ...

車好き男のロマン!ガレージで車いじり。車好きのための家づくり教えます
車好きのあなたが家を建てるなら、業者さんにどんな要望をしますか?“「ガレージが欲しい」と言いたいところだけど、予算がだいぶかかり...

ミッドセンチュリー個性的にお洒落にしたい!ミッドセンチュリーインテリアのすすめ
人と違ったお洒落な部屋にしたい!おしゃれな家具を置きたい!そう思っているあなたにおすすめなのが「ミッドセンチュリーインテリア」...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください
デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+