リフォーム

予算はどのくらい?外壁リフォームの特徴と費用

     
外壁のリフォーム

戸建住宅にお住まいの方は、「そろそろ外壁が傷んできているからリフォームしないとまずいですよー。」とか、「築10年が経ちましたので、そろそろ外壁塗装しましょう!」なんて営業されたことはありませんか?

ぱっと見た感じはまだまだ綺麗だし、住む分には影響がないんだよなー…と後回しにされがちな外壁ですが、常に雨風に晒されている外壁です。もちろん耐えられるように作られた材料ですが、経年劣化は避けられません!

そうは言われても、外壁リフォームって予想しづらいですよね。もし飛び込み営業などのプロの方にその場で見積もりを貰ったとしても、本当に妥当なのかな?本当にやった方がいいのかな?と、なかなかすぐに決心することも難しいと思います。

そこで、外壁のリフォームの重要性、種類、検討ポイントをわかりやすくご紹介します!

放っておいたら建て替えに!?リフォーム時期を見抜く3つのポイント!

なぜ、外壁をリフォームが必要なのでしょうか?

それは、「大切な住まいの寿命を延ばすため」

外壁を変えることで住まいの寿命が変わることなんてあるの?と思うかもしれませんね。では、外壁が何をしているのかを人間でたとえてみます!

雨の日に着るカッパに、穴が開いてしまったことを想像してみてください!そこから雨水が侵入して体が濡れてしまいますし、それが原因で風邪をひいてしまうかもしれませんよね。ここでいうカッパが外壁で、人間自体が建物です。外壁が傷むことによって、雨水が家の中に入り込んでしまい(いわゆる雨漏れ)、内部の木材や鉄骨材が傷んだり、カビが生えてきたりしてどんどん寿命が縮まってしまいます。それだけ大切な役割を持つ外壁を、良い状態で使っていきましょう!というのが外壁リフォームの一番大切なところです。

カッパに穴が開いていたら見てもわかりますし、風邪をひけば自分でわかりますが、外壁や木材たちの悲鳴は聞こえません。ですので、誰にでも簡単にできるチェックポイントを上げてみます!

  • 継ぎ目にヒビや隙間がある
  • 外壁自体にヒビが入っている
  • 指でこすると白っぽい汚れがつく

外壁のヒビ

どれか1つでも当てはまっていたら、外壁のリフォーム時期が到来しています。カッパでいうと小さい穴が開いている状態です。小さな穴の状態の時にリフォームをすれば、住まいの寿命を減らすことはありません!でも、例えばカッパにあいた小さな穴を、このくらいならまだいいか、と直さず放っておくと、どんどん穴が大きくなってしまって買い替えになってしまうように、家は最悪建て替えに…なんてことも有り得ます。ちょっと大げさな話ではありますが、そのくらい外壁は重要なんです!カッパのリフォームは難しいですが、外壁はリフォームで生まれ変わらせることができます!ちょっと気になった時でも、時々チェックしてみましょう!

外壁リフォームの王様・外壁塗装とは

外壁リフォームで一番多いのは、「塗装」です。職人さんがローラーや吹き付け機械で塗ってる、なんてイメージが湧いてくるのではと思いますが、実際どのよう工程で進めるのかというと、

  1. 家の周りに足場を建てる
  2. 外壁の汚れを高圧洗浄機(水を使用)で落とす
  3. 窓まわりを汚さないように養生する(ビニルシートなど)
  4. 下塗りをする
  5. 中塗りをする
  6. 上塗りをする
  7. 養生をはがして点検
  8. 足場を解体して完了

基本的にはこんな流れでやっています。ただ塗りたい色をペタペタ塗っているだけではなく、現在の外壁の汚れを落とすことから始まり、何度も塗り重ねられているんです。外壁塗装は、とてもオーソドックスなリフォームですが、やるべき時期にやっていれば外壁の傷みも減らせますし、長持ちさせることができます。しかも、今までと違う色にすることもできますので、住まいの外観のイメージチェンジを図れることも非常によいところです。雨や日焼けで傷んでしまった外壁を塗装するだけで、まるで新築のように生まれ変わりますね!

外壁の塗装

外壁塗装の工事期間は、基本的に1~2週間ほどです。家の四方をメッシュシート(足場の周りに塗料が飛ばないように張る網)で囲い、なおかつ窓にビニールを掛けてしまうため、夏場に窓を開けて過ごすことが難しくなるので工事時期も考慮する必要があります。ただ、少し前は寒い時期に塗装するとうまく塗れないといったこともありましたが、最近の塗料は改良されていて、気温に左右されないものが多くなっています!

塗料の種類は山ほどありますが、一般住宅で用いられるのは「シリコン樹脂塗装」や「光触媒塗装」です。外壁の種類によっても、塗料のメーカー、商品名は変わってきますので、そこはプロに見繕ってもらうのが良いでしょう!

耐久性は10~15年(一般的なシリコン樹脂塗装の場合)!費用は80~120万円程度(面積や傷み具合、外壁種類でも変わります)です。外壁リフォームの中ではコストパフォーマンスに優れている方法です!

まるで重ね着!外壁重ね張りリフォーム

外壁の重ね張りとは、今の外壁の上から、新しい外壁を張るリフォームのことを指します(一般的に、サイディングと呼ばれるすでに色や柄のついた外壁材を使用)。重ね張りの工程は、

  1. 家の周りに足場を建てる
  2. 新しい外壁用に下地を組む
  3. 外壁材を張る
  4. 隙間にシーリングする
  5. 足場を解体して完了

こんな感じです!外壁塗装のリフォームと同じで、足場を建てて、作業をしていきます。

重ね張りの注意点は、外壁が2重になること。つまり、その分家の重量が増すことです。家の重量が増すと何が起きるのか。地面にずぶずぶ沈んだりはしませんが、地震の際に揺れやすくなります。そのため、外壁を重ね張りする際は極力軽い材料を選ぶのがオススメです!

工期は約2週間程度です。費用は、こちらも外壁材のグレードや面積によって変わりますが、150~250万円程度が目安です。

外壁塗装と大きく異なる点は、外壁の柄や雰囲気をより大きく変えることが出来ることです。イマドキの外壁にあこがれるな、なんて方にはおすすめの方法でしょう!

外壁重ね張り

ちなみに、耐震補強工事や、断熱工事などを一緒に行うときには、今の外壁をはがしてから新しい外壁を張る、外壁張り替え工事を行うこともあります。こちらは今貼ってある外壁の処分費がかかったり、工期が長くなったりすることから、重ね張りにすることも多いです。

やっぱり美観って大事!

周りと同じ塗装だけじゃ物足りない!外壁を重ね張りしようと思うけど、どこにでもある外観になってしまったらつまらない!なんて思う方へ。住まいを長持ちさせるのはもちろんですが、住まいの外観は、周囲の人から見える部分。ご近所から「素敵な外観ですね」なんて言われたり、家に帰るたびにうれしくなっちゃうほど素晴らしい外観を作るのも、ちょっとした工夫で叶えることが可能です!その方法を2つご紹介します!

玄関

外壁塗装だけでは、いまいち物足りないという方。玄関の周辺だけタイルを張る。これだけで美観がかなり上がります!ついでに玄関ドアまで変えてみると、写真のように、人を呼びたくなる玄関の完成です。部分的にタイルを張るだけなら、10万円程度からできますので、外壁リフォームとともに、住まいの顔である玄関をより素敵にしてみると、喜びも何倍にもなりそうですね。

玄関の壁

塗り壁

つなぎ目が好きではない。どこにでもある壁はちょっと・・・。なんて方におすすめなのは塗り壁。サイディング張りの家が立ち並ぶ街並みに、塗り壁の家があると、とっても引き立ちます!塗り壁と聞くと、ひび割れしたり、剥がれてしまうイメージを持たれる方もいると思いますが、ほぼメンテナンスのいらない塗り壁材もあります。

塗り壁

(参考写真は、オメガアクロフレックスというもの。特殊なメッシュを入れることにより、ひび割れを起こしません)

メンテナンス性も、美観もどちらも優先したい!という方にお勧めです。今までお話ししたことをご参考に、ぜひ素敵な外観を作っていって頂ければいいな、と思います。

「信頼できる」工務店を見つけよう!

知っておくと得をする話を上げてきましたが、外壁リフォームを成功させる1番の秘訣。それは「信頼できる」工事店にリフォームをお願いすることです!

リフォームをする前に、信頼できるかどうか判断するためには「見積は分かりやすいか」、「工事内容の説明を分かりやすく説明してくれるか」、「今までの施工事例がたくさんあるか」、「保障制度はしっかりしているか」、「人として信用できるか」…などなど、いくつか挙げられます。

みなさんそれぞれ、重視するポイントは違うと思います!どうしても、費用に目がいってしまいがちですが、安くてもそれなりの金額がかかりますよね。何度も気軽にリフォームできる部分ではないので、きちんとした施工をしてくれるかどうかも重視していただきたいです!「信頼できるか」を指標にしていただければ失敗しないリフォームができるはずです!

快適な住まいは外壁から!

常に、あなたの住まいを外で守っていてくれる外壁です。家を支える柱などの構造もとっても重要ですが、それが濡れていたんでしまっては元も子もありません。時々は、外から外壁の具合をチェックしてあげてください。そして、ちょっとでもいたみが見えたときは、リフォームを考えてください!

ここでお話した耐久性や費用は、一般的なものです。お住まいの地域や環境でも少しずつ変わってきますので、その際はここにあったことも踏まえて、プロに相談してみてくださいね。あなたにとって、あなたの住まいにとって最良の外壁になることを応援しています!

【関連記事】→誰でも簡単、「壁のDIYリフォーム」であなたの家が見違える!

【関連記事】→玄関ドアをリフォームすべき3つの理由とそのメリット

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+