リフォーム

住みながらのリフォームで事前に準備した方がいいことまとめ!

     
リフォーム事前準備

いざ、リフォーム!と考えると綺麗になった自宅を想像してウキウキ気分になりますよね。しかし、工事で大切なのはリフォームの流れを知り、不快な思いをせずに工事を進められるよう対処しておくことなのです!工事中不快な思いをしてしまっては、せっかく気持ちよく生活できるはずのウキウキ気分も、どんより気分に変わってしまいます。今回は、ウキウキ・ハッピーな気分で工事を成功させるポイントをお伝えします。

1、聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥

何度も何度もリフォームを経験しているから工事の流れは分かっている!という方はなかなか少ないと思います。リフォームは初めて…工事の流れなんて分からない…という方がほとんどなのではないでしょうか。誰だってそうなのです。分からないことは施工会社に都度確認し、工事の流れを知りましょう!よく分からないけど、任せておけば良いか。といった気持ちでは、不安を残したままの工事になってしまいます。せっかく自宅をリフォームするのに、他人事にしてしまっては勿体無いと思いませんか?工事を任せる業者は間違いなくリフォームのベテラン・プロです。だからこそ、自分が納得できるまで聞いて、教えてもらうことが大切なのです。安心して任せられるリフォーム会社を見極めるポイントはこちらで説明しています。成功させる秘訣はここにあり!『失敗しないリフォーム業者の選び方』!

リフォームの流れ

 

2、住みながらのリフォームとうまく付き合う方法

さて、工事の流れを知った後はどのようにすれば良いのでしょか?流れを知ることによって、

「この日はトイレが使えない」「この日はこの部屋には入れない」といったことも分かってくるのではないでしょうか。

「トイレが使えないこの日は、お友達は家に呼ぶのはやめておこう」「この書類が必要になるから部屋に入れなくなるまでに、用意しておこう」といった具合に、些細なことだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、様々な対応方法が分かるようになるのです。

工事中、音が気になる日もあるかもしれません。もしくは、ほこりが出る日もあるかもしれません。事前に知っていれば、例えば小さなお子さんがいらっしゃるのであれば、音が気にならないようお友達の家にお出かけするとか、工事中の部屋を避けて生活するなど、自分で対処できることも増えますよね?事前にここに気が付かないと工事中ストレスに感じたり、神経質になってしまうことがあるので、事前準備はしっかり行っておきましょう。工事中の生活を家族でイメージトレーニングしておくとよいかもしれませんね。

流れを知ること

 

3、ご近所さんにも気配りが大事

住みながらのリフォームでは、特にご近所の方とのお付き合いの仕方も気になりますよね。工事車両の出入が増えたり、騒音やほこりを出してしまったり…。近所迷惑にならないかな…?と、心配される方もいらっしゃると思います。リフォームが終わった後もご近所さんとは長くお付き合いするので、工事中の気配りは大事です。

先ほどは「分かることで対処できることもある」ことをお伝えしました。要するに、自分が「知ったこと」をご近所の方にも伝えることで、トラブルを回避できることもあるのです。

「この日はこんな工事をするのでほこりが気になるかもしれません」「音が気になるかもしれません」「車両の出入が多くなります」これらのことを事前に伝えておくことで、ご近所の方も同様にご自身で対処出来るかもしれませんし、もし都合が良くないことが分かれば、話し合って工事日程を変更することも可能かもしれませんよね。ひと言声をかけておくことで気持ちの良いリフォームが出来るようになるのであれば、ぜひやっておきましょう。

工事中も工事後も快適生活!

住みながらのリフォームで気を付けたいポイントはまだまだ沢山あります。今回の記事では、こんなはずじゃなかった…と後悔しないためにも、自分で出来る事前準備=聞くこと・確認しておくこと・気配りすることを少しでも気にして頂けたらと思います。工事後はもちろん、工事中でもウキウキするようなリフォームが出来たら最高ですね!

【合わせて読みたい】→物件を探し始めた方へ。不動産屋の正しい選び方

【合わせて読みたい】→ 失敗したくない家づくり!理想の住まいのつくり方教えます

【合わせて読みたい】→リフォームよりも大規模リノベーションを選ぶべき、3つのメリット

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+