リノベーション

【実録連載②】築43年の家を耐震補強する方法と基準紹介します!

     
耐震リフォーム

前回、思ったより綺麗だった築43年の家ですが、なんと外よりも家の中の方が寒く、見えない部分を開けてみると、断熱材ゼロの極寒住宅であることが分かりました。

また、柱や梁がシロアリに無残に食い荒らされてしまっていることも明らかになっています(前回のレポートはこちらから

今日はあの現場にどのような技術が施されているのか、本当にリフォームであの悲しい状態を打破することができるのか、詳しく見ていきます。

リフォームにおける効果的な耐震の方法とは?

久しぶりの現場ですが、どのように変化しているでしょうか?
耐震リフォーム
おぉ、あのシロアリの形跡は見事にキレイな木材に交換されていますね。前回はなかった、沢山の金物が見えます。

― 佐藤さん、やっぱり耐震には金物が一番なんですか?

「金物ももちろん大切です。柱が基礎から抜けないようにしたり、柱と梁が離れないようにしたりするために、耐震に金物はとても大事です。そしてリフォームするような築年数の古い住宅で、最も気にしなくてはいけないのは“壁量のバランス”です。

前回見ていただいたように、ある程度築年数の経った家では、南面がほぼ全面窓というお宅も少なくありません。
耐震リフォーム

でもこの家が地震で大きく横に揺れたら、南面につっかえがないため、ぺしゃんとひし形にひしゃげてしまいます。そのためきちんと壁量計算して、南面にもバランスよく壁や斜めの筋交い(スジカイ)を配置して、ひしゃげないようにすることがポイントです。」

― なるほど!壁量バランス・筋交い・金物が大事なんですね

「はい、またバランスよく設置した壁を固くて強くしてあげることが大事なんです。構造用合板という1.2㎝の厚さのある丈夫な木の板を壁の外側部分に張り巡らせます。これによって1階から2階まで強い壁を立ち上げることになり、柱と梁の線だけではなく、がっちりと面でお家を守っていきます。」
耐震リフォーム

耐震リフォーム

本当に頑丈そうです。お家を“面”で支えているんですね。

耐震診断で耐震の基準値をクリアしていることが証明できる!

「それから私達は耐震技術認定者という、専門家による耐震診断を行い、耐震診断結果報告書を提出します。」

― 佐藤さん、耐震診断結果報告書を提出するのには、どんな理由があるんですか?

「1件1件リフォーム後の耐震診断をしっかり計算して、一般的に合格点と言われている上部構造評価が1.0という基準値をクリアしているか、報告書という目に見える形で提示しているんです。」
耐震リフォーム

― そうなんですね。じゃあこの築43年の家でも、その上部構造評価が1.0以上になるように耐震補強が施されていることが証明されているんですね?

「もちろんです。」

― なるほど、きちんと数字で安心を測っているわけですね。

「そして安心だけではありません。耐震診断には嬉しいメリットもあります。耐震診断の診断評価が1.0を上回っていると、地震保険料が10%割引になる保険会社もあるんです。」

―それは嬉しいです。安心も手に入って、お財布にも優しいですね。

まとめ

リフォームでの耐震補強で大切なのは下記の4つでした。
・壁量バランス
・筋交い
・金物
・面構造

是非とも参考にしてみてください。そして次回は寒いお家が見違える、最新のリフォーム断熱について、現場からお届けします。

→続きのレポート  【実録連載③】築43年の家のまるごと断熱リフォームでここまで快適
→前回のレポート 【実録連載①】築43年の家を解体したらシロアリでボロボロだった!

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメント

コメントを残す

*

+