お金・税金

知ってお得!知って安心!こんなにあるリフォームの補助金・減税制度

     
hojokin-top

みなさんはご存知ですか?
リフォーム工事って、実は、さまざまな補助金制度や減税制度がかなり充実しているんです。
バリアフリー性能や省エネ性能、耐震性能を向上させるリフォーム工事については、国や自治体からさまざまな補助金や助成金を受けることが出来るんです!
さらに所得税の控除や固定資産税の軽減など、税の優遇を通した支援もたくさん行われているんです!

また、上記以外の一般のリフォーム工事において、支援策を設けている自治体もあります。

せっかくあるリフォームの裏ワザ、ぜひぜひ活用しましょう!

バリアフリーリフォームにはさまざまな支援

近年、バリアフリーにしたいという理由でリフォームされる方が増えてきています。
お年寄りの方にとっては、ちょっとの段差でもケガや事故につながりかねないので、とても危険なんですね。
そんなきっかけでリフォームを検討しているとしたら、ぜひともバリアフリーに関する補助金のことを知っておきましょう!

hojokin-1

介護保険制度では、「要支援」または「要介護1〜5」と認定された人が住む住宅で、こんな補助金があります。

手すりを取り付けるなどの住宅リフォームに対して、リフォームにかかる費用の内、20万円までについて、その9割(18万円)を補助してくれます。
補助の対象となる工事内容は決まっており、さまざまな手続きも必要なので、事前にケアマネージャー(介護支援専門員)などに相談しながら計画を進めた方が安心です。

また各自治体でも「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」が用意されていることが多く、介護保険の支援と合わせて使うこともできます。 助成額や条件は自治体によってそれぞれ異なるので、担当窓口に問い合わせてみましょう。

hojokin-2

太陽光発電など、省エネリフォームにも補助金!?

何でもエコな時代、住宅にだってエコが求められる世の中になってきました。
新築の家の場合、屋根にソーラーパネルをのせているお家をたくさん見かけます。

でも実は、太陽光発電だけが省エネではないんですよ。
例えば、クーラーの効き目が良くなるように、断熱性能のいい窓にする、なんてこともエコになるんです。

しかも国とは別に多くの自治体でも、太陽光発電システムの設置や省エネリフォーム工事についてさまざまな補助を実施しています。

対象となる工事は、断熱改修に関連する工事や省エネ性の高い給湯機器の設置、LED照明の設置などなど。
各自治体で条件は異なりますが、工事費の一定割合が、5万円〜20万円程度を上限に支給されるというものです。
また、耐震診断や耐震補強工事についても、ほとんどの自治体で補助があります。
これらの補助は年度ごとに予算規模が異なるので、最新の情報を担当窓口やインターネットで収集してください。また、予算枠に達すると期間中でも補助がなくなるので「早い者勝ち」の面もあります。
そうならないために、早めの情報収集をおすすめします!

hojokin-3

意外と知られてない?リフォーム減税も活用しよう!

バリアフリーや省エネ、耐震などのリフォームについては、所得税の控除や固定資産税の軽減など、税の優遇を通した支援も行われています。
皆さんご存知でしたか?
確定申告や必要書類の提出による申告が条件となるので、忘れずに活用しましょう。

自己資金(一括払い)による上記のリフォーム工事では、それぞれ最大で20万円から25万円程度が所得税から控除されたり、ローンを組んで支払いに充てた場合でも、5年間で合計最大60万円程度が控除されることもあります。
また、固定資産税の軽減も行われ、1年間に限り2分の1から3分の1程度に減額されることもあります。
なお、年によって内容が変わる可能性もありますので、必ず最新の情報を確認するようにしましょう。

hojokin-4

一般のリフォーム工事でも補助があるらしい

今まで説明してきたバリアフリーや省エネ、耐震など、特定のリフォーム工事ではなくても補助金があります。

リビングやダイニング、個室などのリフォーム工事についても、自治体によっては補助策を設けているところがあります。
それには「地元の業者に依頼する場合」という条件が付くものがほとんどで、この補助金は地元経済の活性化を促すことを目的の一つとしています。
5万円から10万円程度の補助というのが一般的な補助内容で、額はそれほど大きくありませんが、他の補助と合わせて使えることが多いので、まとまれば大きな力になってくれるかもしれません。
自治体に確認して、おトクにリフォームできる方法を探してみて下さいね!

『補助金』と『助成金』の違い

これまで補助金、補助金と言ってきましたが、「助成金」という言葉もよく耳にしませんか?
でもその違いって分かりにくいですよね。
その違いを認識されている方は案外少ないと思います。

では、ここで「補助金」と「助成金」の違いについて述べておきましょう。

「補助金」も「助成金」も、国や地方公共団体(民間の団体で行っているものもあります)から支給される、
原則返済する義務のないお金のこと
です。
当然、財源は公的な資金から出されるものですので、誰でももらえるわけではなく、申請や審査が必要になり、一定の資格が必要な場合もあります。

この内「助成金」と呼ばれるものは、要件を満たせば受給できる可能性が高いものです。
所定の様式に従って申請を行うことが必要ですが、要件を満たした場合には原則給付されます。

これに対して「補助金」は、採択件数や金額が予め決まっているものが多く、申請したからといって必ずしも受給できるわけではありません。
申請が100に対し、採択予定件数が80であれば、20は審査で落ちてしまうことになります。

補助金の場合は、公募期間を設けるのが一般的です。この期間内に所定の書類を揃え、申請する必要があります。
多くの場合は、採択件数に対し、応募件数が上回ります。
提出書類でその妥当性や必要性をアピールできないと、採択には至りません。
その意味で、補助金の申請に関しては、提出書類の内容が極めて重要であると言えるでしょう。

ここで注意!
「助成金」や「補助金」という言葉の違いについて説明してきましたが、実はこれらは必ずしも明確に区別されていないという現実があります。
利用する場合は、各々の制度の内容をよく理解した上で、活用するようにして下さい。

上手に活用すれば、ご予算も安心!!

みなさん いかがでしたか?

さまざまなリフォームの工事を対象に、たくさんの補助金・助成金・減税の制度がありますね!
利用する場合は、それぞれ申請の時期や書類、申請方法や条件が異なりますので、各自治体にしっかり確認してみて下さいね!

そしてこれらの制度を利用する場合には、やはりお客様自身の情報収集が大事です。
しっかり調べて上手に活用し、リフォーム予算をうまく抑えましょう!

※地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度を検索できるサイト(一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会)がわかりやすいのでのせておきます。
【参考サイト】http://www.j-reform.com/reform-support/

【補助金に関する参考サイト】http://www.refonavi.or.jp/article/idea/012/

 

【合わせて読みたい】
→ リフォームでも!省エネ住宅ポイントをゲットしよう(導入編)
→ リフォームでも!省エネ住宅ポイントをゲットしよう(必須条件編)
→  リフォームでも!省エネ住宅ポイントをゲットしよう(オプション編)

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+