リノベーション

知っておきたい!リノベーションにかかる費用はどのぐらい?

     
リノベーションの費用

最近よく耳にする「リノベーション」という言葉。前の住宅からは想像できないような、住む人の個性が表れたおしゃれで機能的な空間を目にします。そんな「リノベーション」。ちょっと興味はあるけど、実際どんなことが出来るの?費用はいくらくらい掛かるの??などなど、よく考えたら気になることがたくさんありますよね。そこでこちらではリノベーションのいろはについてご紹介します!

リフォームとリノベーション。何が違うの?

リフォームの費用

よく耳にする「リフォーム」。リフォームも古くなった家を直すことですよね。リノベーションと一体何が違うのでしょうか?一般的な区別としてリフォームは老朽化した内装や住設機器を新しくして、新築の時とほぼ変わらない性能に修繕すること。リノベーションは建物に大規模な改修を加えて用途や機能を高め、付加価値を加えて性能を上げること。

ということで、内装を一新したいのであればリフォーム。大規模な改修=間取りの変更を伴うのであればリノベーションとなりますね。大きな間取り改修となると切っても切り離せないのが、ライフスタイルを考えることです。家族が増えた、週末には友人と集まりたい、趣味を家でも楽しみたい…などなど、家で家族との時間、一人の時間をどんなふうに過ごしたいかを考えることがリノベーションを始める第一歩になるでしょう。

じゃあリノベーションって一体どんなことが出来るのだろう?と思いませんか?次ではリノベーションで出来ることを考えてみましょう。

リノベーションしてみたい!けど、どんなことができる?

リノベーションの費用

さて、リノベーションで出来ること。…それは何でも出来てしまうのです!大きな間取り改修を伴うので、対面キッチンにしたい、玄関に大きなシューズクロークが欲しい、家族それぞれの個室が欲しいなどなど、様々な要望に対応出来るのです。もちろん、家の大きさには制限があるため、全部を叶えることは難しいかもしれません。

そこで大事になってくるのが「優先順位を決めること」です。これを決めて進めていくことが理想のリノベーションへの近道です。

リノベーションには気を付けなければならないポイントもあります。戸建木造住宅であれば建物の強度を保つための設計や施工をしなければなりません。ハウスメーカーの建物であれば、一度メーカーさんに相談するのも一つです。マンションであれば各マンションで決められている規約に則ること、設備工事には制約があるため無理がないこと、などが挙げられます。これらの事まで考えるのは専門的な知識も必要なため、プロの力を借りながら進めていくのが一番良いですね。

気になるのはやっぱり費用…。どのくらい掛かるかな?

リノベーションの費用

気になる費用の相場ですが、フルリノベーション(一度柱や土台などの構造体だけにしてから作り直す)をする場合だと戸建で48~55万円/坪、マンションで13~16万/㎡が目安と言えます。

しかし実際リノベーションには坪単価や平米単価というものが存在しません。それは、まだ傷みの少ない既存の部分、思い入れのある部分を残しながら施工出来るので、住んでいる場所全てに手を掛けなくてもいい場合があるからです。他にも住設機器や使用する建材などでもグレードによって金額が上下することがあります。

もし中古住宅やマンションを購入してからの場合だと、リノベーション費用の他に物件購入資金も必要になりますね。費用も高額なものになってきますので、ローンでの支払いも視野に検討することも大切になってきます。リノベーションプランに合わせて資金計画も同時に進めていきましょう。

ちょっと待って!実はこんなお金も掛かるんです!

リノベーションの費用

さぁ、リノベーションや予算のイメージも沸いてきたところですが、実はリノベーションにかかる費用はこれだけではないのです。中古住宅や中古マンション購入+リノベーションの場合だと、ローンを利用するのが一般的です。その場合、仲介手数料や火災保険、借入手数料などの諸経費、そして引越費用が掛かってきます。

自己所有の場合、リノベーションの内容によっては仮住まいが必要になることがあります。意外と忘れがちのが家具・家電です。綺麗にしたら家具家電も新しくしたい!と思うもの。家具家電を一新するのであれば、その分の費用も合わせて考えておきましょう。せっかくリノベーションをして理想の家を完成させても、以前から使っていた家具を入れた途端に「あれ、なんかイメージと違う…」なんてことになりかねません。残しておきたいお気に入りの家具があれば、イメージに合わせてもらえるようリノベーション会社に相談してみましょう。

まずは相談してみよう!

リノベーションの費用

これまでお伝えしたようにリノベーションをすると言っても、すんなりと行くものではありません。リノベーション会社に行き、不動産に行き、家具屋さんに行き…と、あちこちいろんな所に回る必要があります。ただでさえ忙しいのにそれを聞くだけでなんだかげんなり…という方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、この3つすべてをワンストップで行ってくれる会社を探すのがベストです!それぞれのプロがいるので、資金面や間取りの提案・施工、そしてイメージにぴったりある家具まで相談出来るでしょう。そんなプロがそろった会社選びから始めてみましょう。

家族の夢を叶える第一歩を踏み出そう!

いかがでしたでしょうか?なんとなく耳にして気になっていたリノベーション。今の家がライフスタイルに合わなくなってきた、そろそろ家族で寛げる空間が欲しい…。そんな家族みんなの夢を叶えるための第一歩を動き出してみませんか?

 

合わせて読みたい

中古住宅リノベーション【実例】今流行の”中古マンション×リノベーション”を解説!
そろそろマイホームを購入したいと考えたときに、皆さんは具体的にどんな「家」と「くらし」をイメージしますか? 突然ですが、日本に...

リノベーションリフォームよりも大規模リノベーションを選ぶべき、3つのメリット
あなたはリノベーションと言うとどんなことを思い浮かべますか? また、リフォームとはどんなことを想像しますか?どちらも耳にする言葉...

自分らしい家を手に入れたいなら、今こそ!リノベーション入門「新しい」ではなく「自分らしい」家に。リノベーションの本当の意味
最近よく耳にする「リノベーション」という言葉。住宅の取得を考えている人の70%がリノベーションも考えているなんてデータも出てい...

 

 

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+