お金・税金

「リフォームに税金ってかかるの?」という人に読んでほしいまとめ

     
リフォームの税金

リフォームにかかる税金や経費のこと、あなたはどのくらい知っていますか?よく耳にする「固定資産税」や「不動産取得税」といった、いわゆるマイホーム購入に伴う税金の事は知っていても、リフォームにかかる税金や経費については意外とよく分かっていないという人が多いのではないでしょうか?

リフォームをする上でも税金について理解しておかないと、想定していた予算を結果的に大きくオーバーしてしまった、なんて事も起こりかねません。正しい資金繰りをして後悔しないリフォームをするために、今回は税金・経費について知識をつけていきましょう!

契約の際にかかる「印紙税」

リフォームの税金

まず初めに、リフォームの前段階でかかる税金を紹介します。リフォーム工事の契約の際には「印紙税法」に基づき、契約書の原本と写しそれぞれに「収入印紙」を貼る必要があります。

こちらは工事業者と施主共に折半で負担するようになります。かかる印紙税は契約金額に伴い変わるのでご注意を!

大規模リフォームで発生する「建築確認申請費用」

リフォームの税金

こちらはリフォーム工事のうち、一定の条件を超えたリフォームを行う場合に必要な費用となります。よくある例でいうと、10㎡(約6帖)を超える増築を行うケース等が該当します。もともとの建物の床面積が増える事に伴い、家全体の図面を作成して建ぺい率、容積率、構造その他が建築基準法令に適合しているかどうかを役所に行ってチェックしてもらう費用となります。

専門的な建築図面の作成が必要となるためリフォーム業者や設計事務所に代行してもらうのが一般的です。(相場15万円~25万円程度)

※ちなみに、防火地域、準防火地域においては10㎡以下の増築であっても建築確認が必要となるのでご注意下さい。

床面積が変わったら再度登記を!その際にかかる「登記費用」

上記のような増築工事や居宅を店舗に変更する工事等を行った場合、土地家屋調査士(土地や家に関しての調査・測量を行う人)に依頼して法務局で登記をする必要があります。(相場10万円前後~数10万円程度)

変更登記の期限は1ヶ月以内と義務付けられておりますが、実際のところ期限を過ぎたからといって裁判所から科料等の制裁がある事はほとんどありません。ただ、今後建物を売却する際や融資を受けて建物に担保権を設定する際には必要となるため、早めに登記しておくことをお勧めします。

リフォーム費用をローンで支払うなら必須の「登録免許税」

リフォームの税金

リフォームをする際に、費用の支払を住宅ローンやリフォームローンで行うこともあると思います。ローンを組む場合、大抵家や土地を担保に借り入れを行う=抵当権設定を行わなければならず、その際に「所有権保存登記」や「所有権移転登記」といったものが必要になります。ここにかかってくる税金が「登録免許税」と呼ばれるものです。

この金額は、“抵当権設定額の0.4%”と定められており、例えば住宅ローンの借入額→2000万円、抵当金額→2000万円の場合、登録免許税は8万円という計算になります。

リフォームで金額が変わる?!毎年支払う「固定資産税」

リフォームの税金

リフォームする事で建物の価値が向上するのに伴い、固定資産税も増額する場合があります。これには、先に書いた「建築確認申請」を必要とする工事であるかどうかが大きなポイントとなります。 つまり、

リフォームによって面積が大きくなる

  ↓

家の価値が上がる

  ↓

固定資産評価額が上がる(評価額が新たに設定される)

というイメージでしょうか。

反対に、建築確認申請を必要としない規模の工事であれば、「建物を使用するにあたって必要な維持補修の程度」という扱いになり固定資産税が上がらないケースが多いです。

また固定資産税は、耐震化リフォームやバリアフリー化リフォーム、省エネ改修工事などを行った場合に、定められた条件を満たせば減税を受けられるケースもあります。減税については、適用される期限や条件などがあるため、詳しくはお近くの税務署で確認しましょう。

賢い資金計画を

リフォームの資金計画をしていく上で工事費用はもちろんてすが、上記のような税金や諸費用についても目を向けていく事が大切です。これらの費用は工事費と違い、課税されている事に後で気づいたり、意外と多くの費用を支払っていたりと目に見えにくい部分になるので注意してみてみましょう。費用面についてもアドバイスや説明をしてくれるリフォーム業者を選ぶ事も大事なポイントです。ぜひご参考にしてみて下さい。

 

合わせて読みたい

一軒家のリフォーム“一軒家のリフォーム費用”ってどの位?種類別に徹底解説!
最近、中古の一軒家を購入してリフォームしたい!という方が増えてきていますが、 「どこまでリフォームしていいの?」「一軒家を購入...

家の税金家の購入にかかる“税金”の種類と“減税制度”を一挙おさらい!
家の購入を考えている方の頭を悩ませているものの1つ…それが“税金”です。必ずかかるとは分かっているものの、税金の名前を聞いてもよく...

リフォーム費用必ず知っておこう!リフォームにかかる意外な費用と補助制度とは?
「リフォームにかかる費用」とは、工事費用だけではありません。場合によっては、仮住まいの費用や、引越し費用、トランクルーム費用な...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+