家づくり

【実録】築43年の家は断熱工事で冬暖かい家になったのか?

     
再築の家

昨年完成した再築の家」。築43年の家が生まれ変わった姿、覚えていらっしゃいますか?気になる方はこちらのサイトからチェックしてください。

【再築モデルハウス】完成までの現場レポート!

断熱性能が気になるのは、なんといっても冬です。下から冷気が上がってくるような寒さは本当に辛いです。完成して初めての冬を迎えた再築の家、実際に冬暖かいお家になっているのか、見てきました。

再築の家の断熱ポイント3つを再度紹介します

まずは簡単に再築の家の断熱のポイント3つを再度紹介します。

1. 窓・・・樹脂サッシとLow-Eペアガラスで熱の出入りを防ぐ

2. 断熱・・・ウレタン吹付断熱でお家をまるごと魔法瓶化する

3. 気密・・・気密テープと気密シートでしっかりぴっちり高気密を保つ

こんなモコモコの断熱材や、

断熱材

緑の気密シートでお家の内部をしっかり覆っていましたね。

気密シート

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

【実録連載③】築43年の家のまるごと断熱リフォームでここまで快適

担当の佐藤さんも自信をもって説明してくださった断熱性能ですが、果たしてどうなっているのでしょうか。

部屋の中の温度差は?サーモグラフィーで調べてみました

再築の家を訪れたこの日の福島市の最高気温は、なんと1.6℃。朝から気温がほとんど上がっていません。雪も降っていて、辺り一面真っ白です。福島市で生まれ育った私でも、この寒さは辛いです。

入ってまず見せてもらったのは、窓の近くのサーモカメラの映像です。工事前は、窓の前は暖かいけれど、家の奥の方は寒いお家でした。サーモカメラの画面が真っ青だったのを覚えています。

断熱性能をサーモカメラで

そして今のお家がこちらです。

断熱工事

断熱性能

窓の前が暖かいのは変わりませんが、青いところはほとんどなくなりました。窓の前が黄色で部屋の中は黄緑、ということは部屋の温度差も少なくなっています。これなら直接光が届かない部屋の奥でも、外と同じくらい寒いなんてこともなさそうです。

暖かい熱は逃げている?断熱性能の変化を教えてもらいました

そういえば工事前、佐藤さんから「暖かい熱は窓から逃げていく」という話がありました。工事をしてしっかりと熱を閉じ込められるようになったのでしょうか?そう聞いて見せていただいたのが以下の調査結果です。

まずは工事前です。

窓の断熱

あれ、窓もそうですが床からもかなり熱が逃げていますよね。これじゃいくら部屋を暖めても、熱は逃げ放題じゃないですか!断熱材が入っていないお家ってこんなに無防備だったんですね。寒いのも納得です。

続いて工事後です。

断熱

床から出ていく熱はたったの2%しかありません。天井や屋根、外壁などの割合もぐんと減っているのは、もこもこの断熱材や気密シートがしっかり包んでくれているおかげですね。換気の割合が約5倍になっていることからも、最低限必要なところ以外からの熱の流出は少なくなっていることが分かります。

しかし窓(建具)から出ていく熱の割合は変わらない?と思っていたら、なんと、出ていく熱の量は工事前の約5分の1だそうです。ということは窓から出ていく熱の量も5分の1になっています。

これなら一度部屋が暖まればその熱が逃げる場所もないですし、広い部屋も暖かさを保っていられます。暖房費も節約できて、体もお財布もあたたかい冬を過ごせそうです。

築年数が経っていても、暖かいお家に再築できる!

築43年の寒いお家が、夏は涼しく、冬は暖かいお家に見事に生まれ変わりました。築年数が経っていても、きちんと工事をしてあげれば新築のような断熱性能をもたせることができるんですね。

興味のある方はこちらから資料請求ができます。お近くの方は見学もできますので、ぜひ再築の家の良さを体感してみてください。

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+