和室ロールスクリーン
リフォーム

和室にも合う!?おしゃれなロールスクリーンの選び方

窓や空間の仕切りに使われるロールスクリーン。洋室に多いイメージですが、実は和風のお部屋に”あう”のです。選び方と組み合わせ次第でおしゃれなインテリアになるんですよ。寝室やリビングを落ち着いた和モダンの空間にしたい方や、和の家具が映える空間にしたい方は必見です。素材や色の選び方を変えて、くつろげるおもてなしの空間をつくりましょう。

和室をおしゃれにする方法は他にもたくさん!

【和室のおしゃれ計画!和室と床の間、もう物置なんて言わせません】

【床の間がおしゃれに大変身!和室リフォームでつくる和モダン空間】

ロールスクリーンですっきりした空間づくり

まず、ロールスクリーンのメリットは何でしょう?1番の特徴は部屋がすっきりした印象になる点ではないでしょうか。光を遮るカーテンの役割以外にも部屋の間仕切りにしたり、目隠しのために使ったり、扉の代わりにもできます。奥行があまり必要ないので、コンパクトな空間でも圧迫感は少ないですよね。窓廻り以外への使い勝手も多種多様です。

また、操作が楽ということもあげられます。最近だとおしゃれな縦長・横長・小窓などデザイン性の高い窓が増えています。ちょっとした窓にはロールスクリーンが最適です。しかし窓を開けた状態で使うと風によってバタついて音が出てしまうので要注意。どういう窓の使い方をするかによって、窓装飾を使い分ける必要があります。

素材と質感で魅せる和の演出

では、和室にも合うロールスクリーンにはどんなものがあるのでしょうか。

まずは素材、ロールスクリーンの多くはポリエステルで形成されます。洋服などにもつかわれている化学繊維ですね。特徴としては、耐久性が高いこと、濡れてもすぐ乾くので洗濯にも耐えられる丈夫な素材であることでしょう。ロールスクリーンもウォッシャブルタイプがあるので、汚れたら洗濯機で丸洗いもできます。※洗濯できないものもあるのでご注意ください

では本題、和風と言うとどのような素材が思い浮かぶでしょうか?和紙、竹、木綿、絹と言ったナチュラルな素材が思い浮かびますよね。素材感をしっかり再現しているロールスクリーンがあるんですよ。

ロールスクリーン

こちらは手漉きの和紙のような美しい色味と風合いを再現しています。障子に合う和モダンの空間ではありますが、ロールスクリーンを取り入れることで、すっきりと明るい雰囲気を作ることができるのです。ロールスクリーンを少し上げることで、雪見障子のような印象にもなりますね。

ロールスクリーン

続いては少し透け感のあるすだれ調の素材を使ったロールスクリーンです。素朴な印象を残しながら、モダンな和空間を演出します。圧迫感がないので簡単な目隠し、間仕切りにも使えそうです。間接照明との組み合わせで、とてもしっとりとした趣のある印象を与えます。

すだれロールスクリーン

こちらは同じようなすだれ調ですが、横材は本物の竹を使用しています。素材ならではの存在感があり、畳や和家具との相性もぴったりです。

その他にも、木綿の質感を出したかすり織調のものや、絹のような光沢のある質感のあるもの、天然木を使用したもの、様々な種類があり、お持ちのインテリアに合わせて選ぶことができます。

和紙や天然木を使ったブラインドなどもある→

【和室をもっとおしゃれに! 和室に似合う「ブラインド」の選び方】

障子以外で和室の窓廻りを快適に

和風の窓装飾にはプリーツスクリーンもおすすめです。障子だと左右どちらかに開け閉めするため、半分しか開きませんが、ロールスクリーン同様プリーツスクリーンでも全部開けることが可能です。視界も開けますし、風の通りも良くなります。1台でレース生地と厚地生地を組み合わせることができ、分量を切り替えて調整することで、光量に応じてお部屋に入る光のコントロールができます。

プリーツスクリーン

また、レース生地と厚地生地の組合せは上下どちらにでもできるので、取り付ける場所や外からの視線に合わせて変えることが可能です。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーンは和風のイメージが強い窓装飾ではありますが、もちろん洋室にも合います。色柄も豊富で組合せのバリエーションが多い為、組み合わせを楽しめますね。

和のぬくもりを取り入れた生活へ

カーテンやブラインドなどの窓装飾は選び方によって主役にも脇役にもなります。どんなキャストにするかはあなた次第です。落ち着いた和の空間のアクセントとしてロールスクリーンを取り入れれば、きっとインテリアを引き立てて空間を豊かにしてくれますよ。