インテリアデザイン

木ならではの良さを長く楽しむために。無垢材テーブルのお手入れ方法

     
無垢材のテーブル

木のあたたかみたっぷりの無垢材のテーブル。素敵ですよね。テーブルの買い替えを検討するときに候補にあがる方も多いのではないでしょうか。でも無垢材のテーブルはお値段もそこそこ、その上お手入れが大変そう…と思っていませんか?もちろんメラミンやガラスなどのテーブルに比べたら気を付けることは増えるかもしれません。でも、無垢材ならではの見た目の雰囲気や経年劣化の楽しみなど魅力もあります。

そこで今回は、無垢材のテーブルのお手入れ方法についてご紹介します。テーブル選びに迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

そもそも無垢材ってどんな材料なの?

無垢材のテーブル

一般的な木製のテーブルは、大きく分けて「無垢」と「突板(つきいた)」の2種類にわけられます。前者は「木をそのまま切りだして使っているもの」、後者は「天然木を薄くスライスしたもの」です。テーブルの断面を想像してみるとわかりやすいかもしれません。無垢は1枚の板でできていますが、突板の場合は土台となる「芯材」に「突板」が貼られています。

ぱっと見ただけでは違いはわからないかもしれませんが、無垢のテーブルは横から見たときに年輪が天板から繋がって見えます。1枚の板で作られている分無垢の方が重く、頑丈であるため値段も高くなる傾向にあります。

無垢材のテーブル

 

素敵な個性も困った個性もあるんです

無垢材のテーブル

無垢材の素敵な個性。それは「同じものが2つとない」ということです。見た目も触り心地も何もかも、この世界に同じものはありません。同じ環境で育った木はないですからね。突板は木の良い部分を取り出して使うので比較的見た目もそろっている一方、無垢は木のどの部分が使われるかによって雰囲気が変わります。自然の雰囲気が味わえるのが大きな魅力といって良いでしょう。また、年月が経てば経っただけ風合いが深まり、味わいが出ます。表面に傷がついても削るなどすれば、きれいなまま使うことができるのです。

ですがその反面、困った個性もあります。それは「反りや割れ」などの現象です。生きていた木を使っているわけですから、湿度や温度といった周りの環境に左右されがちです。

せっかく気に入って買うテーブルなら、良い面も悪い面も理解した上でメンテナンスをしっかりして、長く使えるようにしたいですよね。

テーブルの仕上げと普段のお手入れについて

無垢材のテーブル

テーブルの仕上げは、オイル塗装・ラッカー塗装・ウレタン塗装など何種類かあります。この中では右に行くほどシミは付きにくくなりますが、木の質感という点からすると左に行くほど良くなります。できるだけ手間をかけずに使いたいという人はウレタン塗装、こまめに手入れをしてテーブルを育てていきたいという人にはオイル塗装がおすすめです。

仕上げの種類に関わらず、普段は乾拭きをしましょう。もし醤油やワインをこぼしてシミができてしまったら、固く絞ったふきんで拭いてから乾拭きをすれば大丈夫です!

どうしてもコップの跡などはシミにしてしまいがちですので、ランチョンマットやコースターを使うことをおすすめします。季節やその日の料理によって敷くものを変える楽しみもあるので、無垢のテーブルを買ってからランチョンマット集めにはまってしまう方も少なくないようですよ。

オイル塗装のテーブルのメンテナンス

無垢材のテーブル

まずは「光沢」に対するメンテナンスです。無垢材のテーブルは使っているうちに光沢がなくなり、カサついてきます。そのような時はオイルを塗りましょう。オイルを塗ることで明らかに見た目も変わりますし、表情が変わりますよ。使い方によってオイルを塗るタイミングは変わりますが、半年に1度が目安になります。

次に「傷」に対するメンテナンスです。無垢材の利点として細かい傷であれば、サンドペーパーで削ればなくなるということがあります。手順としてはまず粗目のサンドペーパー(100~120番)で削り、その後細かいサンドペーパー(240~400番)で仕上げていきます。最後にオイルを塗って周りと馴染ませれば見違えるようになります!

無垢のテーブルとずっと一緒に暮らしていくために

無垢材のテーブル

いかがでしたか?無垢のテーブルは使えば使うほど味が出てあなただけのものになっていきます。メンテナンスをするごとに深みも増していきます。

大切に使って最高の家具を作ってみませんか。

 

合わせて読みたい

夏のテーブルウェアさわやかさ抜群!夏に「涼」を感じさせる3つのテーブルウェア
夏が来る!さーいよいよ夏本番ですね。「夏」と聞くだけでなぜかおのずとテンションが上がってしまうのは私だけでしょうか?!「夏を楽...

家具のサイズ購入前に要確認!快適に暮らすための家具の選び方を教えます!
あなたはどんな部屋で生活がしたいですか?もちろん素敵で暮らしやすいお部屋ですよね! そこで重要なのが、どれだけあなたの暮らしに...

「木」と暮らす、「木」と生きる「木」と暮らす、「木」と生きる
巷では、スーパーでも雑誌でも「自然素材」や「オーガニック」などのキーワードがあふれてますね。 本当にオーガニックなものって、ち...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+