家づくり

リビングに階段がある間取りのメリット・デメリット

     
リビングに階段

あなたの家はどこに階段がありますか?玄関近くだったり、廊下の間などだったりと家によってさまざまだと思います。

昔の家の造りだと、リビングの中に階段がある間取りは全くといっていいほどありませんでした。しかし近年、リビングの中に階段がある家庭が多くなってきています。その背景とはいったい何があるのでしょうか。今回はリビングに階段をとりつける場合の使いやすい間取りと、メリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

リビングに階段があるということ-メリット編-

リビングに階段

いまの住まいを昔と比べてみると、家族それぞれに部屋が分け与えられ、各々の部屋でテレビを見たりするなどの過ごし方ができるようになっていることが多いと思います。そんな中、個室はたいてい2階にあったりします。

たとえばリビングで過ごしているときに、家族の誰かが帰ってきたとします。そのまま2階の自分の部屋へ行ってしまった時にリビングに階段があるのとないのとでは、どのような差があるのでしょうか。

リビングに階段があるということは、必ず帰ってきた人と会うことになります。そのときにコミュニケーションをとれますが、リビング以外に階段がある場合はなかなか顔を合わせづらく、もしかすると帰ってきたことすら気づかないなんてこともあるかもしれませんね。

リビングに階段

たとえばお子さんが「お風呂にそろそろ入ろうかな~」と2階の自室から浴室のある1階まで行くとします。そんなときもリビングを必ず通るので、キッチンで家事をしているお母さんやリビングでくつろぐお父さんと会ったりと家族の接触回数はぐっと増えます。

リビングに階段をとりつける間取りというのは、家族の存在を感じられたり、家族間のコミュニケーションを活発にしてくれる役割があるのです。

リビングに階段があるということ-デメリット編-

皆さんは光熱費を気になさいますか?とはいっても、ほとんどの方は「Yes」と答えるでしょう。

リビングに階段が取り付けられている間取りの場合、光熱費の中でもとりわけ暖房費が上がってしまうデメリットもあります。暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいくという現象が住まいでも起こってしまうためです。実際私が出会った、リビング階段があるお客様の中には『暖房をつけても暖かい空気がすべて2階にいってしまう』と悩まれてご相談にいらっしゃる方もいました。

そんなときは、階段にドアを取り付けて、暖気が上の階へ上昇してしまうのを防ぎましょう!

リビングに階段

もしくはリビング階段の真上にシーリングファンをとりつけて、2階にあがった温かい空気を下に降ろしてあげましょう。

リビングに階段

どんな間取りも一長一短のようです。家族とのコミュニケーションを重視した間取りにするのか、はたまた家計に優しい間取りを重視するのか・・・。間取りを決める上では、どのポイントに重きを置くかを決めることが大切になってきますね。

リビングに階段をつけるなら、どんな間取りがいいんだろう。

こちらはリビングに入ってすぐに階段を設けているパターン。

リビングに階段

圧迫感もなく、部屋が広く見えますね!こちらも同じくオープン階段です。

リビングに階段

お母さんがキッチンで料理をしていても、帰ってきたお子さんがリビングに入ってきて自然と顔を合わせられます。こちらはリビングのすぐ後ろに階段があるもの。

リビングに階段

家族が集まる中心に階段を設ければ、みんなの動線が交わるのでいつでも存在を感じられます。

あなたの家族だけの理想の間取りを目指す

いかがでしたでしょうか?

今回はリビングに階段があるのとないのに限らず、どんな間取りにも必ず長所と短所が存在します。「これだけは譲れない!」という自分と家族のポイントを決めて、優先順位をつけながら理想の空間をぜひつくってみてくださいね!

 

合わせて読みたい

平屋の間取り平屋で暮らす。年代や家族構成にあった間取りを考えよう
「家は3回建ててやっと理想の家になる」あなたはこんな言葉を耳にしたことはありませんか?しかし、実際に3回建てるなんてことは金銭的...

子ども部屋間取り次第で勉強もコミュニケーション力もつく!子供部屋のポイント
子供の仕事は「遊び」と「勉強」とよく言われますよね。その遊びと勉強を行う居場所となるのがお家です。 幼少期から思春期まで、子供...

家づくり失敗したくない家づくり!理想の住まいのつくり方教えます
普段の生活で「理想はあるけど、実現出来るかどうかわからないし・・・しかもどうしたら理想の空間になるのかな?」と思ったことはあり...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+