リフォーム

吹き抜けリフォームで知っておくべき3つのメリット・デメリット

     
吹き抜けリフォーム

吹き抜けのあるお家ときくと、「明るくて開放的で、かっこいい」と憧れを抱いている方もいらっしゃるかと思います。その一方「寒そう」「暖房費がかさみそう」「部屋数が減ってしまう」・・・こんなマイナスイメージはありませんか?

今回は、実際に吹き抜けリフォームをした家の実例とともに、吹き抜けをつくる時に知っておきたいメリット・デメリットをまとめました。吹き抜けリフォームに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

吹き抜けリフォームの3つのメリット

まず、吹き抜けの代表的なメリットを3つ紹介します。

1つ目「空間を広々と開放的に感じさせる」

人が空間の「広さ」を感じる要素としては、”奥行き”と”高さ”があります。部屋が狭くても天井高を高めにとることで、圧迫感が緩和されます。人が視覚から得る情報をコントロールし、広々と感じさせる効果が、吹き抜けにはあります。

2つ目「日光が部屋の奥までとどく」

住宅が密集しているような、狭小な土地で隣のお家との距離がとれないと日光が部屋まで入りづらくなります。人の目線も気になり窓の取付場所や高さまで気になってしまいますよね。吹き抜けを採用すると、2階部分の高さの窓や天窓を設置すれば、沢山の自然光が部屋全体に降り注ぎます。また、窓からの視線を気にせず窓のサイズや場所を選べます。

3つ目「1階と2階でつながりができる」

1階にいながらも吹き抜けを通して2階の家族と会話ができたり、気配を感じることができるのは、とても安心感がありますよね。吹き抜けリフォームをしたお家では2階の子供部屋に小さな小窓をつけました。親子で1階2階で「バイバーイ」と手を振ってみたかったとお話していました。家でちょっとしたコミュニケーションを楽しむのにも、一役かってくれるのが吹き抜けです。

↓奥の壁についている窓が吹き抜け部分につながっています。

吹き抜けリフォーム

↓上の写真の窓から下をみたときの光景です。

吹き抜けリフォーム

 

吹き抜けリフォームの3つのデメリット

一方で、吹き抜けにはデメリットもあります。同じく代表的なものを3つ紹介します。

1つ目「冷暖房の効率の問題」

冬には1階で暖めた空気が2階部分へ抜けてしまい、夏には熱気が2階に上がっていき2階にいる人はひどい暑さを感じてしまいます。対策としては、2階の天井部分に、シーリングファンを設置し、空気を循環させる工夫をほどこすことです。1階と2階を区別すれば使う部屋ごとの冷暖房で済むのですが、吹き抜けのある家では家全体あたためなくてはならないので光熱費がかさむ可能性があるでしょう。

吹き抜けリフォーム

2つ目「掃除やメンテナンスに手間がかかる」

高くて手が届きにくい所を掃除する場合は、高所用の掃除用具を用意したり、業者に依頼する必要があったりと普通の掃除に比べて手間やコストがかかります。キャットウォークを設置するなどして、メンテナンスのしやすい環境をつくることが大切です。また、電球が切れてしまったときは高所では交換が容易ではないので、照明器具等は、できるだけ交換が少なくなるLEDを使うとよいでしょう。

吹き抜けリフォーム

3つ目「音が響きやすい」

吹き抜けで空間が広くなっている分、音は2階まで響きやすくなります。大型TVで、映画を大きめの音量で楽しむとちょっとしたシアタールームのような感じですが、2階にいる人が静かに過ごしたいときでも、残念ながら音が丸聞こえてしまいます。家族間で生活の時間が大幅に異なる場合は、吹き抜けは不向きといえるでしょう。

吹き抜けリフォームを成功させるポイント

吹き抜けにはメリット・デメリットがそれぞれありましたね。「広くみせたい」「素敵だから」「あこがれていて」なんて安易な気持ちで取り入れると、後悔してしまいます。

特に心配なデメリットは、やはり”家の寒さ”です。そこで、吹き抜けリフォームを成功させるためのポイントを伝授します。

1つ目「併せて、断熱リフォームをする」

吹き抜けを採用するならば断熱性能の高い家にしなくてはなりません。築年数が結構経っていて、いまの状態で寒いと感じる家は、スケルトンリフォームで床、壁、天井と断熱改修をしっかり行うことを強くお勧めします。サッシも断熱性能の高いものに入れ替え、室内の暖気が外部に逃げない工夫をしましょう。

2つ目「床暖房を設置する」

さらに有効な冷え対策としては、床暖房を設置することです。エアコンでは暖かい温風が上の2階部分に上がってしまい、1階の足元まで届きにくくなります。床暖房は床から熱が発せられるので、暖められた空気は上にいきますが、暖めつづけるので下から上へ暖かい空気が発生します。

実際に吹き抜けを採用されたお家では、床暖房も併せて設置しました。朝はタイマー機能設定で起きてくる時間には暖かい状態にしているそうです。いまはタイマー設定という機能がどんな設備にもついていて本当に便利ですよね。

※ただし床暖房とエアコンを併用すると、最初の運転には多くの電力を使うために、東北の冬本番では80~100アンペアが必要になります。契約のアンペアを変更することを電力の容量変更といいますが、電気代の基本料金もあがるので、注意しておきたいところですね。

吹き抜けはメリット・デメリットを理解し、目指す生活しスタイルで取り入れるかどうか決めよう

吹き抜けリフォーム

吹き抜けは気持ちの良い暮らしを送るためのメリットが多くありました。デメリットもまた重要なものが多くありました。デメリットに対する対策の仕方やいかにそのデメリットを最小に抑えるかなどを施工店と密に打合せをし、事前に吹き抜けを採用した場合のシミュレーションしましょう。

家族間でも、そこに住まう家族全員が目指す生活スタイルを話し合いながら、全員一致で吹き抜けが採用となれば取り入れましょう。吹き抜けがある生活は間違いなく素敵なものになるでしょう。

 

合わせて読みたい

再築の家【実録】築43年の家は断熱工事で冬暖かい家になったのか?
昨年完成した「再築の家」。築43年の家が生まれ変わった姿、覚えていらっしゃいますか?何だっけ…という方はこちらから。→「【再築モデ...

吹き抜けLDK明るい吹き抜けのLDK!いつも家族の存在を感じられる家。
共働きということで、休日に一気に洗濯などの家事をこなすというGさんご夫婦。そんな多忙なGさんが望んだのは、家事動線が良く、どこ...

急斜面の家急斜面を逆手に絶好の借景! 目を落とせば室内にも本気の庭
狭い都心を抜け出して、のびのびと暮らしたいと、郊外へ出ることを決めたSさんご夫婦。安価に手に入れた急斜面の土地を活かそうと、庭と...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+