リフォーム

サンルームの上手な使い方!知っておきたいメリット・デメリット

     
サンルーム

皆さんは、自宅に「サンルーム」がほしいと思われた事はございませんか?太陽の光が差し込むステキなプライベート空間で、休日はのんびり”ブランチ”…なんて暮らし憧れますよね!

しかし、サンルームはお値段も相当なもの。取り付けにあたっては、「どんなメリットがある?」「逆にデメリットもあるのではないか?」…となかなか一歩が踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「サンルーム」についてのメリット・デメリットをまとめてみました。「サンルーム」をご検討の皆さん!ぜひ最後までご覧ください。

そもそも「サンルーム」とは?

まず初めに「サンルーム」とはどういったものか簡単に紹介したいと思います。

「サンルーム」とは、太陽光などを多く取り込むことのできるよう、天井から壁に大きなガラス窓を設けた”部屋”のことを言います。基本的にはリビングなどのお部屋の掃出しの窓(=大きな窓)に設置することが多く、「増築するまでもないけど…部屋を広くしたい!」といったようなご要望に応える商品として、扱われることが多いです。

サンルーム

 

サンルームの”メリット”について

ここではサンルームの”メリット”をご紹介したいと思います!

メリット①

一番の特徴はリビングの掃出し窓に設置することにより空間を開放的にすることが出来るということです。空間が広がることで、セカンドリビングやティースペースとして使うことができます。あたたかい日差しの中、のんびりできますね。

メリット②

天候に関係なく、洗濯物を干しておく事が出来ます。さらに窓を開けたり扇風機を使用して換気をよくすることで、外干し同様、気持ちよく干すことができます。また、サンルームで洗濯物を干すことで、花粉対策にもなると注目も集まっています。

サンルーム

メリット③

晴れた日は、太陽の光でルーム内が暖まり暖房がいりません。また、あまり知られていませんがサンルームを設置することにより、リビングの暖房の効きが良くなります。それは、サンルームが断熱性と気密性を高めてくれる二重サッシと同じような役割をしてくれるからです。

メリット④

近頃は、ペットブームという事もあり、家族同様のペットの”遊び場”としてサンルームを設置する方も少なくはありません。この場合、床の材質を”コルク”にするなど工夫することで、大切なペットの足もキズつくことなく、思う存分走りまわっても安心です。ペットとのコミュニケーションの場としてもオススメです。

サンルーム

このようにサンルームには良いメリットがたくさんあることがわかりますね!

サンルームの”デメリット”について

先に、サンルームの”メリット”を紹介させていただきましたが、次は知っておいてほしい”デメリット”についてご紹介したいと思います。

デメリット①

デメリットとしてよく言われることは夏場のサンルームの暑さです。基本的にはすべてガラス張りになっているので、夏場は直射日光が当たり室内が高温になってしまいます。サンルームで植栽などを育てていると、夏場はすぐに枯れてしまうので注意が必要です。

サンルーム

デメリット②

サンルームは、ガラス張りということもあり、掃除などのメンテナンス面でも少し面倒になってしまうことが多いです。少しでも長く、きれいな状態を保つためには、最低でも年に2回は大掃除することをおすすめします。掃除の際には、金属製のタワシやデッキブラシはキズの原因となるので注意しましょう。

デメリット③

サンルームの価格は、平均的に60~100万円ほどが相場です。とても安いとは言えない価格です。設置に当たっては、つい慎重になってしまいです。ですから、複数のメーカーの相見積を比較してから検討すると良いでしょう。

デメリット④

サンルームを設置することで、「固定資産税」がかかります。こればかりは、避けることのできないルールです。

サンルーム

知らずに設置してしまい、後で後悔…なんてことになりがちなので、デメリットもしっかり頭に入れておきましょう!

一年中快適にサンルームを使うには…

これまで、サンルームについてのメリット・デメリットをご紹介してきました。最後に、サンルームを上手に使って、一年中快適に使用する方法をご紹介します。

夏場はどうしても暑くなってしまうサンルームですが、オプション品を使えば暑さをしのぐことができます。それは、壁・天井用の「日よけカーテン」です。これを設置することにより、外部からの熱を和らげることができます。さらに、室内のエアコンの冷気を外に逃げづらくさせてくれるので、夏場も快適に過ごすことができるんです!

サンルーム

ちょっとした工夫をすることで、季節を問わず快適に過ごすことができるので、「日よけカーテン」の設置をおすすめします。せっかく、サンルームを設置するなら一年中楽しめる空間にしたいですよね!

サンルームを上手に使おう!

いかがでしたか?サンルームには、紹介させて頂いたような様々なメリット・デメリットがあります。しかし、上手に使うことで、デメリットをメリットに変えることが出来ます。自宅に「サンルーム」を!とお考えの方、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

合わせて読みたい

ウッドデッキ自宅の庭で本格バーベキュー!ウッドデッキ取付けのすすめ
春が終わるとイベントたくさんの夏がやってきます。夏といえばバーベキュー!川・山・海・公園などでわいわいバーベキューをしている姿...

レースカーテンの選び方ワンランク上のお部屋づくりを実現させる「レースカーテン」の選び方
突然ですが、みなさんはどのように『レースカーテン』を選んでいますか? 遮熱のため UVカットのため プライバシー保護のため キ...

部屋干し天気が悪くても安心!洗濯物を快適に部屋干しする方法
みなさんは洗濯物を普段どこに干していますか?天気が良い日はやっぱり外に干したい!という方は一般的に多いと思いますが春には大量の...

 

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+