家づくり

日当たりが悪く暗い家にしないためには?間取りと日当たりの関係

     
日当たりと間取り

日当たりがよく明るい住まいにするために、太陽光を取り入れ、明るい環境で暮らす事は快適な住まいの条件です。逆に暗く光が入ってこない部屋はジメジメしてカビが発生して健康を害したり、建物の寿命も縮めてしまいます。そのため一般的に間取りを考えるときは光が沢山入る南側に多く開口部を設けますが、本当にそれが一番いいのでしょうか? 

実は敷地の形状、周囲環境、生活スタイルにより、すべての住宅が南向きに大きく開口部を確保した方がいいとは限りません。例えば、都市部で南側に高い建物があり、影ができてしまう場合いくら南側に多く開口部を設けても家の中に光が入ってこない場合もあります。そういったケースでは南側に窓を設けられなくても、小さな天窓を取り付ければ、3分の1の大きさで同じくらいの明るさを得られます。プライバシーの観点から、あえて建物の南側に窓を設けず、中庭に向かってオープンにしている間取りもあります。

中庭の光

また朝早く起き、昼間は誰も家に居ない生活スタイルの人には南向きより朝日が沢山入る東向きの建物のほうが向いているかもしれません。

このように周辺環境、生活スタイルによってどの方向に建物を向け、どの方向に開口部を多くとれば快適になるかが変わってきます。今回は間取りと日当たりの関係についてご紹介いたします。

日中の日当たりが多い南側

最も日照時間が長い南側の部屋は、南側高い建物が無いかぎり、昼間は家にいてリビングで過ごす時間が多い人にお勧めです。日中は照明器具が不要で、冬でも暖かく暖房費も節約できます。

その反面夏は朝から室温が高くなるので、冷房費がかかるというデメリットもあります。それを補うためにもひさしを設けたりサッシを夏場の冷房効果を高める遮熱タイプにする必要があります。

また、せっかく南側に開口部を設けてもプライバシーの観点からまったくカーテンを開けられない状態だったら元も子もありませんので、外部に目隠しフェンスを取り付けるなどをして外部から室内が見えなくする工夫も必要になります。

朝方生活には東向き

東側は朝日が最も入るので、朝は家族全員が家にいて、朝日を浴びながらさわやかに朝食を取りたい人にお勧めで、ダイニングに向いています。朝日を浴びることで体内時計が狂いにくく朝から気持ちよくアクティブに過ごせます。昼間は仕事で家にいなく、休日も出かける事が多い、または南側に大きな建物があり影が出来る地形などは南側の開口は適度に設け、代わりに東側に大きな開口部を設けることをお勧めします。

逆に夜勤が多く朝はゆっくり寝ていたい人は東側に寝室は作らない方がいいでしょう。どうしても東側に寝室がある場合は遮光カーテンなどで朝日を遮る工夫が必要です。

東向きの家

 

工夫しだいで快適な西側

夏は西日の日差しが強く暑いとされている西向きですが、入ってくる日差しを遮る工夫さえすれば防げます。逆に冬は夕方まで部屋に日差しが入るので寒い地域や寒がりの人には向いている部屋です。

また午前中はあまり日が差さなく、午後から夕方にかけて日が差し込むのでバルコニーや夜勤が多い人には寝室に向いています。またヨーロッパでは夕日が綺麗に見える理由から西側のリビングが人気です。西側の眺望が良く夕日が好きな方は西側のリビングもお勧めです。

北向きはやさしい光

北側は光が差し込まないイメージですが、まったく陽が差し込まないわけではありません。北側は朝、昼、夕方と時間帯によって部屋の明るさの影響が少ないため、一日中安定した明るさの部屋になるので、書斎、水回り。納戸、家で仕事をする方の場合は仕事部屋などに向いています。

また日差しが入りにくいので、部屋の中が日焼けしにくく、カーテンやカーペット・本棚や飾られた写真などの日焼けによる劣化が防げるメリットもあります。

もし家を建ててから部屋が暗いと分かったら

もし計画段階での不備や周辺環境の変化などにより建てた後に部屋が暗くなってしまった場合、あまりお金をかけずに明るくする方法がありますのでいくつか紹介します。

①開口部にシェードや障子を取り付ける

プライバシーの観点から一日中カーテンを閉め切りにしなければならくなった場合はカーテンの代わりにシェードや障子を利用するといいです。閉めたままにしても障子や布地のシェード越しに入る陽の光は柔らかく温かみがあり、プライバシーも保てます。

②庭やベランダに白い玉石などを敷き詰める

庭に白砂や玉砂利を敷くと、それらに光が反射して、部屋が明るくなります。照明のなかった時代の日本では、庭の白砂による反射光で屋内に光を採り入れたり、月明かりを楽しめるような工夫がされていました。

玉砂利で反射

③開口部ルーバーを取り付ける

近隣に家が建ちせっかく窓をつけて日差しを取り込む工夫をしても、プライバシーの関係で締め切ったままにしなければならないことがあります。そのような場合でも光と風を取り入れるため隣家に見えないような形状のルーバーを取り付けると良いでしょう。

④壁紙や内装材を白くする

白い壁や天井は光を反射し部屋を明るくさせる効果があります。同じように鏡面仕上げの家具も効果があります。

⑤窓の反対側の壁に窓全体が映るぐらいの大きな鏡を取り付ける

窓の反対側の壁に窓が映るように鏡を取り付ける事で窓から入った光が鏡に反射して部屋が明るくなり、更に鏡に窓が映るのでもう一つ窓が増えたような気持になります。

これらの事は根本的な解決方法にはなりませんが、手軽に出来るのでお勧めです。

生活スタイルや周辺環境によって部屋の明るさをチェックする

間取りを考える場合は周辺環境や生活スタイルによって日当たりも考慮して考えることは分かって頂けたと思います。今ではシミュレーションや3Dパースの技術の進歩でより緻密に検討できるようになりました。しかしいくらシュミレーションをしても現地の周辺環境は分かりません。時間帯を替え数回足を運ぶ事も大切です。時間帯によっては周辺の建物により、意外な場所が日陰になる場合もあります。また人は見える景色や眺望にやすらぎを感じるものです。

公園に面していたり、夜景がきれいな方向があれば、そちらに家を向け開口部を大きく取れるような間取りは居心地が良い家になります。これらの事を総合的に考え部屋の用途により適切な日が差し込む快適な間取りを作成する事が大切です。

日当たり良好

 

【合わせて読みたい】→住宅地で家を建てるときの方角は、太陽に聞け!

【合わせて読みたい】→北道路って実は素晴らしい!南道路神話だけじゃない、土地の選び方

【合わせて読みたい】→マイホーム購入「これだ!」と思ったときに買える事前準備をしよう!

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+