家づくり

日当たりが良い家=快適な家とは限らない?日当たりと間取りの関係性

     

日当たりがよく明るい住まいにするためには、太陽光を取り入れることが大切です。光を取り入れるため、一般的に間取りを考える時は光が多く入る南側に開口部を設けますが、本当にそれが一番いいのでしょうか? 

実は敷地の形状、周囲環境、生活スタイルにより、全ての住宅が南向きに大きく開口部を確保した方がいいとは限りません。例えば、都市部で南側に高い建物があり、影ができてしまう場合、南側に多く開口部を設けて光が入ってこない場合もあります。プライバシーの観点から、あえて建物の南側に窓を設けず、中庭に向かってオープンにしている間取りもあります。

このように周辺環境、生活スタイルによって、どの方角に開口部を多くとれば快適になるかが変わってきます。今回は間取りと日当たりの関係について紹介いたします。

日当たりを考慮した土地を選びたい方は▶︎北道路って実は素晴らしい!南道路神話だけじゃない、土地の選び方

 

中庭の光

 

間取りリフォーム検討中の方はコチラ

環境や生活スタイルによって光を入れた方が良い方角は違います

ポイント①日中の日当たりが多い南側

最も日照時間が長い南側の部屋は、高い建物が無いかぎり、昼間家にいる時間が多い人におすすめです。光が入れば日中は照明器具が不要で、冬でも暖かく暖房費も節約できます。

ただし夏は朝から室温が高くなるので、冷房費がかかるというデメリットもあります。それを補うにはひさしを付けたり、サッシを夏場の冷房効果を高める、遮熱タイプにしたりする必要があります。

ポイント②朝方生活には東向き

東側は朝日が最も入るので、朝は家族全員が家にいて、朝日を浴びながらさわやかに朝食を取りたい人におすすめです。

朝日を浴びることで体内時計が整い、朝から気持ちよくアクティブに過ごせます。昼間は仕事で家にいなく、休日も出かける事が多い人は東側に大きな開口部を設けることをおすすめします。

逆に夜勤が多く朝はゆっくり寝ていたい人は東側に寝室は作らない方がいいでしょう。東側に寝室がある場合は遮光カーテンなどで朝日を遮る工夫が必要です。

東向きの家

 

ポイント③工夫しだいで快適な西側

夏は西日の日差しが強く暑いとされている西向きですが、入ってくる日差しを遮る工夫さえすれば防げます。

逆に冬は夕方まで部屋に日差しが入るので寒い地域や寒がりの人には向いている部屋です。

また午前中はあまり日が差さなく、午後から夕方にかけて日が差し込むのでバルコニーや夜勤が多い人には寝室に向いています。またヨーロッパでは夕日が綺麗に見える理由から西側のリビングが人気です。西側の眺望が良く夕日が好きな方は西側のリビングもお勧めです。

ポイント④北向きはやさしい光

北側は光が差し込まないイメージがありますが、そんなことはありません。北側は朝、昼、夕方と時間帯によって部屋の明るさの影響が少ないため、一日中安定した明るさの部屋になります。書斎、水回り、納戸などで仕事をする方の場合はおすすめです。

また日差しが入りにくいため、カーテンやカーペット、本棚や飾られた写真などの日焼けによる劣化を防ぐことができます。

もし家を建ててから部屋が暗いと分かったら

計画段階での不備や、周辺環境の変化などにより、部屋が暗くなってしまった場合、お金をかけずに明るくする方法があるのでいくつか紹介します。

①開口部にシェードや障子を取り付ける

プライバシーの観点から一日中カーテンを閉め切りにしなければならなくなった場合、カーテンの代わりにシェードや障子を利用するのがおすすめです障子や布地のシェード越しに入る光は柔らかくて温かみがあり、プライバシーも保てます。

②庭やベランダに白い玉石などを敷き詰める

庭に白砂や玉砂利を敷くと、それらに光が反射して、部屋が明るくなります。照明のなかった時代の日本では、庭の白砂による反射光で屋内に光を採り入れたり、月明かりを楽しめたりするような工夫がされていました。

玉砂利で反射

③開口部ルーバーを取り付ける

近隣に家が建ちせっかく窓をつけて日差しを取り込む工夫をしても、プライバシーの関係で締め切ったままにしなければならないことがあります。そのような場合でも光と風を取り入れるため隣家に見えないような形状のルーバーを取り付けると良いでしょう。

④壁紙や内装材を白くする

白い壁や天井は光を反射し部屋を明るくさせる効果があります。同じように鏡面仕上げの家具も効果があります。

⑤窓の反対側の壁に窓全体が映るぐらいの大きな鏡を取り付ける

窓の反対側の壁に窓が映るように鏡を取り付ける事で窓から入った光が鏡に反射して部屋が明るくなり、更に鏡に窓が映るのでもう一つ窓が増えたような気持になります。

これらの事は根本的な解決方法にはなりませんが、手軽に出来るのでお勧めです。

生活スタイルや周辺環境によって部屋の明るさをチェックする

間取りを考える場合は周辺環境や生活スタイルによって日当たりも考慮して考えることは分かって頂けたかと思います。今ではシミュレーションや、3Dパースの技術の進歩でより緻密に検討できるようになりました。

しかしシミュレーションでも、現地の周辺環境など調べられない情報はまだあります。時間帯を替え数回足を運ぶ事も大切です。時間帯によっては周辺の建物により、意外な場所が日陰になる場合もあります。

 

住宅地での日当たりが気になる方は▶︎

住宅地に家を建てるなら、太陽の動きに合わせて方角を決めよう!

日当たり良好

また公園に面していたり、夜景が綺麗に見えたりすれば、そちらに家を向け、開口部を大きく取れば居心地が良い家になります。総合的に考え、部屋の用途により適切な日が差し込む快適な間取りを作成する事が大切です。 

間取りリフォーム検討中の方はコチラ

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメント

コメントを残す

*

+