断熱リフォーム
家づくり

「やればよかった⇒やってよかった」断熱リフォームを徹底解説

これから冬本番!家が寒くて布団やコタツから出られない・・・なんて方も多いのではないでしょうか?そんな方に知ってほしいのが断熱リフォーム!メインのリビングだけ断熱するお手軽リフォームや、廊下までヒヤッとしなくなる本格的なリフォームまで教えます!断熱リフォームをすれば冬だけでなく、夏も涼しくなり1年中通して快適に過ごすことができますよ!

1.「断熱材」を使った王道の断熱リフォーム

断熱材を施工するリフォームは、効果の高い断熱リフォームのひとつです。この断熱リフォームには断熱材を”敷き込む”ものと”吹付ける”ものの2種類があります。ピンポイントで床、壁、天井を断熱することも可能ですが、リフォームアドバイザーとしてオススメは全て一緒にリフォームすることです。いくら保温性の高い魔法瓶にお湯を入れても蓋が空きっ放しでは冷めてしまいますよね。家も同じです。床、壁、天井全てに断熱材を入れることで断熱性能がアップします!

2種類どちらの工事も内壁をはがす必要があります。家の状況によっては床下や天井裏ははがさずに工事をすることも可能です。敷き込むタイプの断熱材はグラスウールとロックウールの2種類があります。一般的にロックウールの方が性能が高いものが多いです。2種類の断熱工事の違いですが、それは気密性です。性能の高い断熱材であれば断熱性能は吹付けとあまり変わらない商品もあります。しかし柱と柱の間などに敷き込んでいく施工方法に対して、

断熱リフォーム

現場で発泡させて吹き付ける断熱材は隙間なく施工することができます。これが一番の違いです。

断熱リフォーム

隙間が埋まり気密性が高まる分、湿気が溜まらないように防湿対策が必須など付帯工事も増えてしまうので、効果と費用の両面から選択するのが良いでしょう。

2.内部の解体がいらない「外張り断熱」

「外張り断熱」という方法を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

外壁側に断熱材を張る方法なので住みながらのリフォームにも影響が少ないです。しかも柱、基礎などの構造体部分もマルっと覆うことができるため高い断熱性能を発揮します。しかし床下や天井、サッシ(窓)などの断熱状況がしっかりしていないお家は併せてそれらの部分を断熱工事する必要が出るかもしれません。

注意点としては壁の厚みが変わりますので、隣家との距離が近すぎる場合に施工ができない可能性があります。また、躯体にかかる荷重も増えてしまうので家の状況によっては耐震性能面からオススメできない場合もあります。

3.意外と知らない?「断熱塗装」

あまり知られていませんが、実は塗装工事でも断熱をすることができます!

断熱リフォーム

どんな塗料でもいいわけではなく、「GAINA(ガイナ)」(株式会社日進関西)という特殊塗料を使用することで断熱効果だけでなく、防音遮音性能も期待できます。

断熱リフォーム

外壁面への施工になるので、外張り断熱と同じようにリフォーム中の生活に影響が少ないですし、荷重が増えることもないので耐震性能による制限もかかりません。

ただし、金属製の屋根は注意が必要です!水性塗料の為、塗膜の剥離が起きる可能性が高まります。ご自宅の屋根が何で出来ているか分からない場合は、リフォーム業者に下見の依頼をしましょう!

4.効果抜群!「窓断熱」

突然ですが、室内の暖かい空気がどこから多く逃げているか知っていますか?

正解は「窓」です。断熱性能の低い窓を使用していると、室内の暖かい空気の50%近くが窓から逃げてしまうと言われています。せっかく断熱工事をしても窓が昔のままでは効果も半減してしまいますよね・・・そこで窓リフォームが必要になります。

窓を選ぶときはガラスの性能に目がいきがちですが、同じくらい枠の部分にも目を向けてください。ひと昔前はアルミ枠が使われていましたが、現在では樹脂製が主流になってきています。樹脂製の枠はアルミと違ってヒヤッとすることもなく結露もしにくい窓になります。

断熱リフォーム

今ある窓を交換する場合、外壁を壊さずに施工できる商品も出てきていますが外壁を壊して工事をするのが一般的です。それに対して二重サッシ(内窓)と呼ばれる商品は今ある窓の内側に取り付けるだけ!1か所30分ぐらいから取り付けが可能です。お手軽でありながら、効果を発揮するので断熱リフォームの中でも人気の施工方法のひとつです。

断熱リフォーム

(※YKKap 「プラマードU」商品紹介ページより https://www.ykkap.co.jp/ )

リビングにお試しで取り付けて効果が実感出来たら寝室に、なんて計画も可能です。

5.その他の断熱工事

上記で紹介した方法以外にも様々な断熱方法があります。

たとえば内貼断熱パネルというものです。壁の内部に敷き込んだり吹付けたりする断熱材と違い、現状の壁の内側に貼る方法になるので壁をはがしたりする必要がなく、工事規模を縮小することができます。

また簡易的に断熱カーテンに変えることでも対策になります。DIYで断熱フィルムを窓に貼ることで対策することもできますよ!

やればよかった・・から、やってよかった!へ

いかがでしたでしょうか?断熱工事をしたお客様から言われることは「もっと早くやればよかった」「朝起きてリビングに行くとまだ暖かいの!」など嬉しい言葉がほとんどです。断熱することで暖房、冷房費が下がったりと費用面の効果や基礎体温が上がって健康面のメリットもあります。予算や規模に合わせて最適な断熱工事を選択してくださいね!

断熱リフォーム

 

合わせて読みたい

再築の家【実録】築43年の家は断熱工事で冬暖かい家になったのか?
昨年完成した再築の家」。築43年の家が生まれ変わった姿、覚えていらっしゃいますか?気になる方はこちらのサイトからチェックしてくだ...

断熱リフォームまさに今!断熱リフォームすべき本当の理由と場所別の対策をご紹介
本格的な冬を目前にして、家が寒くて悩んでいませんか?まさに今の時期、断熱リフォームについて考える人も多いのではないでしょうか。...

二重サッシ断熱だけじゃない!?二重サッシの嬉しい効果とは?
今ぐらいの時期になると、部屋でヒーターやエアコンを付けて過ごされる方がほとんどだと思います。しかし付けてもなかなか暖まらないと...