家づくり

冬到来!今からでも間に合う断熱リフォーム工事

     
断熱リフォーム

12月に入り、ますます寒さが厳しくなるこの季節。
皆様のお家は、満足できる暖かいお家でしょうか?

ヒーターをつけているのに寒い!全然暖かくならない!!

そんなお家も、少なくはないはず。
「じゃあ暖かくなるように、断熱工事をしよう!」

でも断熱工事と聞くと、

「お金がかかりそう…」
「工事期間が長そう…、工事中はどう過ごしたらいいの?」

と、思われる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

今回はそんな方々へ、おすすめの断熱工事をご紹介できればと思います。

寒さの原因は窓から!窓断熱であったかリフォーム

断熱工事で一番効果が出るのは、窓の断熱性能を高める工事です。
壁の断熱工事をイメージする方もいらっしゃると思いますが、熱が一番逃げる箇所は窓なのです。

室内の約50%以上の熱が、窓から逃げており、窓の断熱性能を上げるだけで、劇的に暖かいお家へ変わっていきます。

断熱リフォーム

では、窓断熱の工事とは、どのような工事をすればよいのでしょうか?

最近ではご存知の方も多い二重サッシ(内窓)が、ローコストかつ短工期なのでおすすめです。

窓の中に新しく窓を設ける施工方法で、解体工事を必要としません。
また、断熱性能の高い樹脂の枠を使用しているので、アルミの窓を交換するより断熱性は高くなります。
工事時間も窓1ヶ所で約1時間と短いので、忙しい方でも気軽にお願いできる工事というのも、メリットの一つです。

断熱リフォーム 断熱リフォーム

お家が寒いと感じている方は、リビングだけでも二重サッシの工事をしてみるのは、いかがでしょうか?

壁の上に壁を貼る!?最新の壁断熱工事

窓の次に熱が逃げる場所が、壁です。
そのため、次は壁の断熱をご紹介していきます。

壁の断熱工事となると、一般的には内壁を解体し、壁の中にある元々の断熱材を交換する方法が一般的にな工事の流れです。
ただ、この施工方法で家全体行うとなると、解体費や処分費がかかってしまったり、工事期間も長くなってしまいます。

そんな悩みを解決するのが、内壁の上に断熱パネルを貼る工事方法です。

既存の内壁に断熱材を貼るだけの施工なので、解体工事の必要がありません。
その分の処分費も無くなります。

断熱リフォーム

Wood Oneさんのあったかべという商品では、表面温度が6℃も向上するデータがあります。

断熱リフォーム

予算を抑えつつ暖かいお家にしたい方は、こちらもおすすめです。

新年を暖かいお家で

いかがでしたか?

今回ご紹介した工事以外にも、各メーカー様々な断熱商品を取り揃えています。

これから迎える年末年始へ向けて、快適な暖かいお家へリフォームしてみてはいかがでしょうか?

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+