おすすめタイル
ミニコラム

ワンランク上のアレンジ!洗面台周りにおすすめのタイル3種をご紹介

タイルといえば、少し古い家の浴室やキッチン、トイレなどの水まわりに使われているイメージが強いのではないでしょうか。しかし、近年では再び内装タイルの採用率が上がってきています。むしろ、デザインリフォームとなればおしゃれな空間を演出するためのタイルは最先端であり、欠かせないアイテムです。デザインや素材も豊富で、アレンジ自在なタイル。他の仕上げ材にはない抜群の存在感もあります。

「自分の家にもタイル取り入れたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか?今回は、気軽にタイルを取り入れやすい「洗面スペース」におすすめのタイル3種と、貼る際に気をつけたいポイントをご紹介します。

おすすめ1 モザイクタイル

モザイクタイルとは、表面積が50㎠以下の小型のタイルのことです。洗面まわりで使われることが多く、その種類はかなり豊富です。個性的なビビットカラー展開のものもあれば大理石調のシックなものまで。

おすすめタイル

おすすめタイル

最近では、形が特徴的なモザイクタイルも人気です。ランタン型モチーフのタイルは、かわいらいオリエンタルな雰囲気を生んでくれます。アンティーク調の小物を組み合わせれば北欧風なおしゃれな空間になりますよ!

おすすめタイル おすすめタイル

(画像掲載元:https://www.nagoya-mosaic.co.jp/)

大きさが小ぶりなので、ちょっとした面積の施工も可能です。全体に施工しなくとも、アクセントとして取り入れるだけでも一気におしゃれな洗面スペースに変身するはずです!水はねが気になるボウルまわりに部分的に貼るのがオススメです。

モザイクタイルについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

やってみる価値あり!一気に差が付く「モザイクタイル」の見せ方

おすすめ2 サブウェイタイル

サブウェイタイルは、アメリカのニューヨークで生まれたタイルです。その名の通り、地下鉄(サブウェイ)の駅構内の壁に用いられているタイルで、ニューヨークでは形状も貼り方も様々のようです。日本では主に、横長の形状のサブウェイタイルを芋目地貼りという貼り方で施工する方法が人気です。

おすすめタイル

下の写真の貼り方ですね。清潔感のあるタイルで、様々なテイストに馴染みます。特に海外風の空間を演出する際にはもってこいのアイテムです。

おすすめタイル

(画像掲載元:https://www.nagoya-mosaic.co.jp/)

サブウェイタイルについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

人気No.1サブウェイタイルで叶う、ワンランク上のインテリア

おすすめ3 大判タイル

大判タイルは、名前の通り1枚が大きなサイズのもののことを指します。高級感があり落ち着いた印象があります。主に石目調のタイルが多く、ホテルにいるような雰囲気に仕上がります。非日常的な空間を味わえるので、旅行に行った時のような気分を家で味わいたい方などにオススメです。また大判な分、目地も少なく、お手入れも比較的簡単です。

おすすめタイル

(画像掲載元:https://jp.toto.com/)

差がつくポイント!「目地選びも重要」

様々なタイルをおすすめしましたが、最後に忘れてはいけない重要なポイントをご紹介します。

それは「目地」です。タイルとタイルの間にある隙間を「目地」といいます。

あまり気にかけない方も多い目地材ですが、実は仕上がりの雰囲気にかなり影響します!同じタイルでも、目地色が異なるだけでガラリと印象が変わります。空間全体のことを考えたときに、どんなテイスト・雰囲気にしたいのかをイメージしながら選んでみましょう。

たとえば、同じサブウェイタイルでも白目地の場合とグレー目地の場合では空間全体の仕上がりがこんなにも異なります!

おすすめタイル

(画像掲載元:https://www.lixil.co.jp/)

おすすめタイル

白目地の場合は爽やかで明るい雰囲気ですね。女性らしいフレンチテイストに取り入れても相性が良さそうです!一方、グレー目地の場合はキリッと締まりがでます。少し無機質な男らしい雰囲気にも合いそうですね!目地材は白やグレー以外にもパステル色展開もあるようですよ!ぜひ、目地色にもこだわって理想の空間に近づけましょう。

おすすめタイル

(画像掲載元:https://www.nagoya-mosaic.co.jp/)

また、お手入れの観点からみても目地材選びは重要です。目地材の中でも防カビ材入りの商品や、さらには緻密性に優れており水をはじく機能がプラスされた商品もあります。デザインもよし、メンテナンスも楽チンな洗面台なら言うこと無しですよね!

まとまりの中にオリジナリティを。

洗面ボウルやミラー、照明、タオルかけなどを一つ一つ選び、仕上げ材でタイルを貼る際に大事なのは、それらとの相性です。相性が良いとお互いを引き立たせながら、タイル独自のオリジナリティを出すことができます。「どんなタイルが合うのかイメージが湧かない!」と言う方は、画像や例などをたくさんチェックしてみてくださいね。また、、カタログ上の写真と実物では印象が異なることもあります。サンプルを取りよせて他の小物と並べてみたり、種類の異なるタイルと組み合わせてみたりして、希望通りの仕上がりに近づけましょう!洗面スペースのデザインは、タイル使いで無限に広がるはずです!

 

合わせて読みたい

おしゃれな洗面台洗面台をおしゃれに!メーカー洗面化粧台×おしゃれカスタムプロジェクト
毎日使う洗面台が古くなってきたし、そろそろ交換したい。そう思ったとき、あなたは次にどんな洗面台を選びますか?メーカーの洗面化粧...

タイルの目地憧れのサブウェイタイルは目地の色でこんなに印象が変わる!
憧れのインテリアとして、最近名前を聞くのが「サブウェイタイル」です。白い長方形のタイルを交互に並べたその姿は、外国の洋書のよう...

おしゃれなタイルやっぱりおしゃれ!洗面台にタイルを貼りたいけどお手入れが気になる
ひと昔前では、当たり前のように使っていた素材が、機能性を重視するあまり、使われなくなってきています。たとえば、キッチンやお風呂...