リフォーム

【最新】トイレリフォーム!機能から内装までこだわって快適な空間へ

     
最新のトイレ

「トイレ」は、毎日必ず使用する生活に欠かせない空間です。驚くことに、人が一生のうちにトイレで過ごす時間は“3年”なんだそうです。そんな場所だからこそ、居心地の良い快適な空間にしたいと思いませんか?

リフォームの中でも、トイレのリフォームは身近で人気の工事です。近頃のトイレは、機能性・デザイン性ともに、進化しており、今までのイメージを覆すような「快適でオシャレな空間」を実現させてくれます。

今回は、進化を遂げるトイレ事情を、トイレメーカーの最新商品や施工事例と共にご紹介していきたいと思います。トイレリフォームをご検討の方、ぜひ参考になさってみて下さい!

ずっと新品の輝き!「親水陶器のトイレ」

近年のトイレはいろいろと進化しており、機能性は勿論、掃除などのお手入れがしやすいものがほとんどです。その中でもおすすめなのが、“親水性”陶器のトイレ!

皆さん、親水という言葉を知っていますか?親水性とは、水に溶けやすい性質のことで、今までのトイレは汚れが付かないよう、陶器表面にコーティングを施し水も汚れも撥水するような商品だったのに対し、現在では陶器を親水性に加工し付着した汚れの間に水を入り込ませて、その勢いで流してしまう仕組みなのです。

この機能を取り入れた商品がLIXILの“アクアセラミック”というトイレ用の新陶器。メーカーでは「新品の時の白さ輝きが100年つづく」と謳っています。

最新のトイレ

 

最新のトイレ

こちらの商品は、汚れだけでなく、雑菌や、水垢の原因となるシリカの付着も防ぐことができるそうです。この効果が実際100年まで続くとは言わないまでも、50年ほど綺麗が保てるのであれば、世の中のご家庭でトイレ掃除を担当される方にとってはかなりの嬉しい機能です。

今の主流!「節水トイレ」

最新のトイレ

ご家庭で一番水道がかかっているのはどこか知っていますか?お風呂だと思われる方も多いと思いますが、実は水道代が一番掛かっているのは“トイレ”だと言われているのです。

商品にもよりますが従来のトイレでは、1回で流れる水の量はおよそ13ℓだと言われています。そのため5人家族のご家庭であれば、1日に必ず1人1回トイレを利用する計算だと、1日に65ℓの水が使用されるわけです。家族が多ければ多いほど、トイレを使用する回数は増え、当然ながら流れる水の量も増えていきます。

そこで近年注文の商品は“節水トイレ”です。従来品は13ℓの水で流していたトイレ。それが節水トイレだと約4~6ℓで驚くほどの洗浄力を発揮するのです。水量が少なくなっても便器内で渦を画きながら勢いよく水が流れるため、付着した汚れもすっきり洗い流すことができるのです。

最新のトイレ

※参考:LIXIL節水トイレ調べ

節水トイレは、ご家庭の金銭面にも自然環境にも優しい“エコなトイレ”なのです。

空間すっきり!「タンクレストイレ」

トイレリフォームで最近人気になってきたのが“タンクレス”トイレです。言葉の通り水を溜めるタンクが無くなったトイレのことで、管が水道に直接つながっているため、水を貯蔵する必要が無いつくりになっています。

タンクレストイレの一番のメリットは、タンクが無い分トイレの空間を広く使うことができるということ。通常のトイレは奥行きが約70cmですが、タンクレスは60cmほどで、10cmほど小さくなっているそうです。たかが10cm、されど10cm!もともと小さなトイレの空間ではこの10cmというサイズは空間に大きく影響します。

他にもタンク廻りの小さな隙間が、タンクレスにすることで掃除がしやすくなる利点があります。トイレの空間をすっきり見せたい方は、“タンクレス”のトイレがお勧めです。

最新のトイレ

しかし、タンクが無くなったら手洗はどうなるの?と思った方!ご安心ください!既存の間取りにもよりますが、壁の厚い部分には埋込の手洗い器、横幅の広いトイレ空間であれば壁付けの手洗い器を付けることが可能です。ただその際、床下や壁に給水するための工事が必要になるので、こちらはリフォームをする際に相談してみてください。

最新のトイレ

小さな空間に設置する手洗いなので、通常のものよりもコンパクトな洗面ボウルになりますが、カウンターがついているものや収納の棚が付属しているものなどたくさんの種類があり、トイレの中でもインテリアを楽しむこともできます。

意外と見落としがち! 「トイレの内装」

既存のトイレを外すと、今まで見えなかったタンク後ろの壁が見えてきます。タンクで手をしっかり洗っているお家ほど、背面の壁に飛び散った水の後が…。しかし、これは避けることができません

そこで、せっかくトイレを入れ替えるのであれば、クロスの貼替え、床のクッションフロアの貼替えもいかがですか?例えば、トイレ内の壁全面に同じクロスを貼るのではなく、1面だけ異なるクロスを貼ることで、アクセントになりトイレ内が広く感じます。また、柄の入ったクロスを貼れば空間に表情がつきますし、真っ白な無地のクロスを貼れば清潔感ある空間に。どんなクロスをどんな風に貼るかで、入ったときに感じる雰囲気はまったく違ってきます。

最新のトイレ

トイレの背面の壁は、現在設置されているトイレを一度外さなければいけません。既存の内装のままトイレだけを入れ替える工事であれば工期は短く費用も安くて済みますが、せっかくトイレを綺麗に新しくするのであれば、天井・壁のクロスや床のクッションフロアの貼替えも一緒に行うのがオススメです。

最新のトイレ

 

あなたらしさを!「トイレにペンダントライト」

トイレの機能も決め、トイレのデザインも決め、内装も決まったら、次は照明にもこだわってみませんか?

実は照明って空間を明るくするだけの物ではないのです。デザインが素敵な照明を取り付ければ、明かりが点いていない時でも存在感があり素敵なインテリアになります。トイレに付ける照明で多いのは、天井に直接付けるシーリングライトというのが一般的ではあります。ですが、せっかく内装までこだわったのであれば、“トイレの照明”までこだわって、さらにワンランク上の空間にしてみましょう!

そこでお勧めが、チェーンやコードで、天井から吊り下げる“ペンダントライト”です。デザインや色も豊富なペンダントライトは、取り付けるだけでおしゃれな雰囲気に大変身!

最新のトイレ

最新のトイレ

照明ひとつで、トイレの雰囲気がさらにおしゃれになり、ついつい長居してしまう…なんてことも。こういった遊び心もトイレリフォームの楽しみだと思います。今のお家にピッタリの素敵な照明を取付けて、あなたらしい素敵なトイレルームにしてみましょう!

生活に欠かせない空間だからこそ、こだわりたい!

いかがでしたか?ほとんどの方が毎日利用するトイレ。トイレに対して、どんな空間にし、どんな機能を求めているか、それはご家庭によって様々です。トイレという空間は小さい部屋ですが、住居に必要不可欠な大事な空間です。だからこそ、自分好みの機能・デザイン・内装にこだわって、居心地の良い快適な空間にリフォームしてみませんか?

 

合わせて読みたい

タンクレストイレスッキリトイレ空間!タンクレストイレの有効な活用術
トイレが狭く、なんとなくごちゃごちゃしている。奥のほうに手が届かず掃除が面倒。トイレを使っている中で多くの方が一度は思ったこと...

トイレの壁紙自分だけのおしゃれ空間に!壁紙を工夫したトイレのデザイン事例集
上の写真のようなおしゃれなトイレがお家にあったらと思いますよね。でも、「自分のお家にもできるのかな?」と思っていませんか?壁紙...

トイレのリフォームトイレのリフォームをするなら、気を付けるべき3つのポイント
「トイレなんて安ければOK!」「器具の交換だけで十分かな~」なんてお考えありませんか?実はそういった安直な考えが落とし穴! トイ...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+