リフォーム

床の間が大変身!和室のおしゃれリフォームでつくる和モダン空間

     
和傘

最近和室を設けないお家が増えてきましたね。和室は古くさいというイメージがあるからでしょうか?
でも和室をおしゃれにする方法があるんです。皆さん、和室の「床の間」って注目したことありますか?
よく旅館とかでは掛け軸やお花が飾ってありますよね。
本来床の間とは、和室の顔であり、ひいては家の顔でもありました。しかし最近はどうしても古いイメージになりがちで、床の間のスペースを活かしきれていないお家が多いのではないでしょうか。

しか~し!現代の床の間は違うんです!カッコいいんです!!
床の間をおしゃれにすることで、和室の古くさいイメージを消せるんです!
今回はジャパニーズモダン=和モダンというテイストのカッコいい床の間の作り方教えちゃいます!
さらに!「いくらカッコよくても床の間自体いらないし」なんて方のために最新床の間活用術も教えちゃいます!!
床の間の雰囲気を変えるだけで、和室は一気におしゃれになるんですよ~!

床の間は、「狭い奥行」と「間接照明」で魅せる!

和室をおしゃれにするのって難しいですよね。ましてや床の間をおしゃれにするなんて、あまり考えたこともないのではないでしょうか?
それはそもそも和室に合う家具や小物を配置していないからです。最近の新築では和室がひと部屋もない家も増えています。また生活の欧米化が進んでいるため、和室に合うものを持っていないのも当たり前かもしれませんね。
私自身も洋風の家に憧れ、「和室はいらないな~」なんて思っていました。まして、和室の象徴である床の間は、掛け軸やツボを置くための場所というイメージが強く、「古くさいな~」なんて思っていました。

それでは、一度床の間をじっくり見てみて下さい。床の間ってなんでこんなに奥行きが深いんだろ?って思いませんか?昔の床の間は、奥行きが90cmぐらいあるのが一般的でした。でも最近では奥行の浅い床の間も増えてきています。その理由ってなんでしょうか?答えはこの写真を見て下さい。

床の間 間接照明 

写真のように落ち着いた色の壁にあたる間接照明の優しい光、見ているだけで癒されますね!こんな癒しの空間が昔の床の間のようにずっと奥にあったら癒し効果も半減しちゃいますよね。
こんな癒し空間を床の間に求める時は、「狭い奥行」と優しいオレンジ色の「間接照明」を意識してみて下さいね!

「床柱」なんてもういらない!?

床の間によくある「床柱」って結構存在感ありますよね。
床柱があるだけで「THE和風」になります。「え?それはそれで素敵でしょ」なんて意見も出てきそうですが、床の間が古臭いと感じている人は床柱を取ってみてはいかがですか?

 

床の間 おしゃれ

上の写真は左が床柱アリ、右が床柱ナシです。
床柱がないと一気に雰囲気が変わりますよね!簡単にモダンな空間になっちゃうんです。

昔ながらの日本家屋にお住まいの方は、床柱があった方が見栄えがして重厚感が出るので、逆に床柱を活かした方がいいと思います。
でも洋風のお家にお住いの方は、洋風にも合うような和室を考えてもいいのではないでしょうか。

床の間は飾りスペースだけじゃない

なんだか床の間を活かすなんて考えられないから、いっそのこと床の間なんてもういらない!なんて方はここから必見です!
暮らしの変化にともなって、床の間もその存在意義が変わってきているのです。
残念ですが、「掛け軸とツボ」という定番のコンビは、若い世代からはだんだん需要が減ってきています。

そこでそのコンビに変わって生まれてきた床の間の活用法とは、「収納にする」ことです。
しかもよくある押入れとは一味違って、デザインも楽しめるような収納です。
ポイントは洋室の収納によくあるような扉は付けないこと!!本物の木を使用しつつ、濃いめの色で仕上げることで落ち着いたモダンな収納空間に大変身です!開ければ収納、閉めたらモダンなインテリア、一気にお気に入りの空間になっちゃいそうですね。

床の間 収納  

そしてその他にも、「書斎スペースにする」という選択肢はいかがでしょうか?
床の間にカウンターをつけて書斎スペースに変身なんて使い方も出来ます。パソコンを使ったり、書類の整理、お子様の勉強スペースにも役に立ちそうですね。
昔の床の間は畳1帖分のスペースであることが多いためちょっとした書斎スペースにはもってこいです!床の間のある和室は物置になっていて使っていないなんて方は、書斎に変身させて、お気に入りの空間にしてはいかがでしょうか?

おしゃれな和室は床の間リフォームから!

いかがでしたでしょうか?ちょっとしたアイディアで一番お気に入りの空間にできちゃうのがリフォームです。
リラックスできる空間がほしい!とにかく収納を増やしたい!夢の書斎を手に入れたい!ご希望は十人十色だと思います。
そんな時、不満があるスペースが、希望の空間に変身出来たらますます家が好きになれそうですよね?
我が家に荷物で溢れかえっている和室がある方、床の間変身計画をたててみてはいかがでしょうか?

丸窓 和室

 

【合わせて読みたい】→『和室から洋室』にリフォームする理由
【合わせて読みたい】→リノベーションを愉しむために【古民家編】

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+