お金・税金

中古マンションはいいとこだらけ?!知っておくべきメリット3つ

     
中古マンションのメリット

マイホームを購入する時に「中古マンションを買う!」という人はどの位いるのでしょうか?「一軒家も良いけどマンションも良いかな」「マンションといったら中古でも良いけど、やっぱり新築のほうが良い気がする」といった具合に中古マンションを一度は検討してみるものの、やっぱり一軒家や新築マンションに落ち着く場合が多いのではないでしょうか?

実は、中古マンションにはその物件ならではのしっかりしたメリットがあるんです!今回はもしかするとあまり知られていないかもしれない、中古マンションを選ぶメリット3つについて紹介していきます。この記事を読んで、「中古マンションって魅力的かも!」と、思っていただけたら嬉しいです。

中古マンションを選ぶメリット①「管理されている安心感」

中古マンションのメリット

マンションに住むと「管理費」が発生するということは一般的にもよく知られていると思います。管理費が発生することにより、基本的には管理会社によって

  • 共用部分の修繕や清掃
  • 来客の確認
  • マンション内の見回り

などがされています。

さらに、マンションのエントランスには管理人さんが居るのをよく見かけませんか?(常駐か日勤かなど管理形態はマンションによって違います)マンションを選ぶメリットとして、この「いつも誰かが居る」という安心感があります。

賃貸アパートでは特にそうですが、誰だかわからない、何の仕事の人がわからない…という人が玄関前までスムーズに入れてしまう状況に比べて、一度管理人さんの目にふれたり、エントランスで待ってもらっているうちに用件を確認できたりするのは安心感に繋がりますよね。

また、管理人さんだけでなく、同じマンションに住む人たちの目もあるのでアパートや一軒家よりも安心して住めるのではないでしょうか?

中古マンションを選ぶメリット②「管理されているらくちん感」

中古マンションのメリット

管理されていることで安心感が生まれるとともに、らくちん感も生まれます。マンションではなく仮に一軒家を立てた場合、家の周りのお掃除や駐車場の管理、冬は雪の片付けと・・・意外に手間がかかることが多くありますよね。

マンションでは、そのような部分を管理会社にお任せできるのです。これは、共働きで忙しいご夫婦には特にありがたいことですよね。さらに、子どもが家を離れ、高齢の夫婦だけで暮らすという家族にとっても暮らしやすいポイントになります。

「マンションに住むと管理費や修繕費がかかってもったいない・・・」という言葉をよく耳にしますが、その分大事な家族を守ってもらえて、さらに時間や体力的に難しいことを管理会社にお願いできるのです。マンションの中には、管理会社に管理を委託せず、組合や個人の方で管理を行う”自主管理”という形態をとっている場合もあります。その場合には念のため、どこまで誰が管理されるのかなど確認しましょう。

中古マンションを選ぶメリット③「自分らしくリノベーションができる」

中古マンションのメリット

マンションだと間取りや内装が決まり切っているのではないか、と考えている方は少なくないはずです。実際は、ある程度決まりはあるものの、一軒家と同じように間取りを自由に変えたり、床を変えたりする工事もできるんです!屋根や外壁、駐車場(一般的に共用スペースと呼ばれる場所)は好きなようにいじれないことが多いのですがその分の予算を部屋のリノベーションに回して、自分らしい空間にすることができます。

新築マンションはとてもキレイでかっこよく、そして住みやすくはなっていますが住みたい雰囲気に内装を変えたり、使いたいキッチンやお風呂を入れたりすると、コストがどんどん上がっていってしまいます。玄関を入って自分らしい空間が広がっていることを望むのであれば、中古マンションはかなりおすすめです。もちろん、屋根や外壁、駐車場などは管理人さんが常にチェックしてくれるので、安心してお任せしちゃいましょう!

中古マンションを選ぶときに気をつけること

中古マンションのメリット

管理されていること、自分らしい空間にできること、とメリットを挙げてきましたが、マンション特有の注意点もあります。

まず、‟安心感”と‟らくちん感”を与えてくれる管理会社や管理人さんがいることで「管理費」「修繕積立金」が、そして敷地内外問わず駐車場を借りる必要があるため「駐車場代」が発生することです。気をつけなければいけないのは、このような毎月かかる費用を購入時の資金計画に忘れず入れて考えるということです。物件購入費やリノベーション費用だけで月々5万円だったとしても、上記の費用をプラスすると、その分が上乗せされた支払いになってしまうということです。

また、規模の大小に関わらず、リノベーションなどの工事をする時にはマンションの管理組合に申請書や確認書類の提出が必要な場合が多いです。書類にはサインや印鑑などが欲しい場合もありますし、申請した結果、工事内容の変更が必要になる場合も無いとはいえません。事前に、マンションの決まりについて調べたり、手続きに必要な書類を整えたりすることが大切です。

それぞれにいろんな良さがあるのです

いかがでしょうか?少しでも中古マンションの魅力が伝わりましたか?気をつけることもありますが、安心して子育てしたい方や自分らしい空間で生活したい方にはもしかすると一軒家よりも新築よりも中古マンションがぴったりということも・・・!普段は気付かない住宅の良さはたくさんあります。見方を変えてみると、意外とピッタリな物件がすぐ近くにあるかもしれませんね。

 

合わせて読みたい

マンション年収300万円の若い人でも自分好みのマンションが買える?!
あなたの今のお住まいは賃貸ですか?今は賃貸だけど、将来は私好みの内装で立地条件の良いマンションが欲しいな。そうお思いの方は少な...

新築か中古か新築と中古どっちがいいの?決めるための4つのポイント
「そろそろ家を買おうかな~」と思った時、「新築と中古どっちにしたらいいんだろう?」と一度は悩む方も多いと思います。家は一生に一...

ローンローンの進め方、新築も中古物件購入も同じと思っていませんか?
新築物件であろうと中古物件であろうと、利用する住宅ローンは同じです。でもいくつかの注意点を知っておかないと大きな損や後悔をして...

 

 

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+