家づくり

自分らしく暮らすために…中古マンションリノベーションの進め方

     
中古マンションリノベーション

都心では、なかなか一軒家を持つことが難しい今日。そこで注目されているのが“マンションリノベーション”です。

マンションリノベーションとは…築20~30年の中古のマンションを購入し、もともとの内装や間取り・設備などを変えて、より自分らしく・暮らしやすい住まいにすることです。しかし、なかには…「興味はあるけど、すごく大変そう…。」「どう進めていいか分からないし、不安…。」そう思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな皆様へ「中古マンションを購入⇒リノベーション⇒引っ越し⇒住むまで」の一連の進め方をご紹介します。“マンションリノベーション”で自分らしい暮らしを叶えてみませんか?

ちょっとドキドキ。リノベーション会社訪問

中古マンションリノベーション

インターネットで中古マンションを探すと、すでに“リノベーション済”のマンションも数多く出てきますが、せっかくリノベーションをするなら、自分が好きな雰囲気にリノベーションしたいですよね。

しかし、ただ単に探すといっても、インターネットから得られる情報には限りがあります。ですから、リノベーションに興味が湧いてきたという方!まずは気になったリノベーション会社へ足を運んでみませんか?一歩足を踏み入れるまでは、不安や期待でドキドキするかもしれませんが、「行ってみてよかった!」という声が多く聞かれます。

その理由は、ほとんどのリノベーション会社が「セミナー」や「無料相談」を行っているからです。無料相談は、あなたの為だけに相談に乗ってくれるので、不安や疑問なども遠慮なく聞くことが出来ます。もし、1対1で相談するのが不安であれば、セミナーから始めてみるのも良いでしょう。

中古マンションリノベーション

また、絶対に失敗したくないという慎重派の方は、1社に限定せず数か所訪問してみるのもよいでしょう。ぜひ、楽しみながら知りたい情報をゲットしてくださいね。セミナーや無料相談は、およそ2~3時間ほどかかります。移動時間を含めると半日かかると思っておきましょう。週末を利用して1社ずつ訪問してみるのも良いですね。

住みたい中古マンションを決める!

リノベーション会社で色々話を聞く中で、より具体的にリノベーションのイメージが決まったら、次は中古マンションを探し始めましょう。

リノベーション会社には、“ワンストップサービス”という、中古マンション探しからリノベーション施工までを一貫してお願いできる会社があります。そういった会社だと、話が進めやすくなりますね。

中古マンションリノベーション

住みたいマンションが決まれば、どのようにリノベーションするかを詳しく決めていきます。

ここでひとつ注意したいのは、住宅ローンを利用して中古マンションを購入する場合、リノベーションのプランニング時間があまり多くとれない事が多いという事です。リノベーションの費用を早めに決定して、ローン借入額を決定する必要があるためです。ここで失敗しないためにも、マンションを探している時点から、どんな住まいにしたいのか検討していくのがよいでしょう。

中古マンションリノベーション

中古マンションが決まり、リノベーションのプランが決まれば、次はいよいよリノベーション工事です。

申し込みから工事が始まるまで…

マンションのリノベーション工事は、すぐに始められるわけではありません。中古マンション購入の契約をしてから実際に引き渡しを受けるまでは工事はできません。工事を管理組合に申請をし、許可を受けてからでないと工事を開始することが出来ません。マンションによっては申請してから1ヵ月以上かかる場合もありますので、事前に調べておいた方が安心です。リノベーション会社へお願いすれば、確認をしてくれるはずなので、遠慮なく聞いてみましょう。

無事申請が通ったら、いよいよリノベーション工事が始まります。今回は“スケルトンリノベーション”と呼ばれる、室内を全て解体するリノベーションを例にお話していきます。床や壁、天井を壊してスケルトンにするまでは、およそ1週間。

before

中古マンションリノベーション

after

中古マンションリノベーション

マンションの内部。スケルトンにすると、このようになります。壁も床も無くなってしまうんですね。スケルトン状態で、計画していたリノベーションが予定通り出来るか、現地で打ち合わせを行います。壊してスケルトンにすることで分かる部分もあり、プランの変更を行う場合もあります。内部は後から見ることが出来ない部分でもありますので、現地で目で見て確認し、気になることがあれば担当の方へどんどん聞いてみましょう。

スケルトンにした後は、どんどん部屋の形を作っていきます。床を作り、天井を作り、壁を作り、水道の配管や電気の配線も同時に行っていきます。

仕上げ前の確認は念入りに!

広さによっても違いますが、スケルトン状態から約1ヵ月ほどで、床、壁、天井が出来てきます。次はクロスを貼る段階ですが、ここでもう一度、リノベーション会社の担当者と現地で打ち合わせをするとよいでしょう。もし伝えていた内容と違っている部分があったり、気になる部分があれば、クロスを貼る前にしっかり伝えておきましょう。

中古マンションリノベーション

確認を終えたら、あとは仕上げ工事が進みます。キッチンを取り付け、クロスやタイルを貼り、見た目がどんどん変わっていきます。毎日大きく変化する時期なので、時間があれば現地に足を運んでみましょう。変化していく楽しみを味わえます。

仕上げの期間は材料にもよりますが、一般的におよそ2週間です。

中古マンションリノベーション

中古マンションリノベーション

仕上がった後は、きれいにクリーニングを行います。クリーニングが終わると、ついにリノベーションされた姿が現れます。

いよいよ完成!!

いよいよ完成です!

中古マンションリノベーション

完成した喜びをかみしめつつ、リノベーション会社の担当者と一緒に仕上がりの確認をしましょう。もし傷や不備を見つけた場合、手直しをお願いしましょう。引き渡しの書類にサインをした後では、工事中についた傷なのか、それ以降についた傷なのか、お互いに判断がつかなくなってしまうので、ここでしっかり確認をします。完成してすぐ引越しでも良いですが、数日余裕を見ておくと、気持ちにゆとりも出来て安心です。

ついに、待ちに待った引越になります!理想の住まいとなったマンションで、楽しく心地よい毎日を過ごせることでしょう。

新しい生活のスタート

いかがでしたでしたか。リノベーション会社を訪問してから、住み始めるまでの流れをみてきました。スムーズに進んだ場合で、およそ6か月ほどかかります。

リノベーションが終わり、住んでからが新しい生活のスタートです。ぜひ、自分や家族にとって一番の住まいを探す第一歩ための、ご参考にしてみてください。

中古マンションリノベーション

 

 

合わせて読みたい

フレンチリノベーション【実例】中古マンションの機能とデザインはリノベーションで100%変わる
突然ですが、ファッションやインテリアの世界で「中古」というと、「味がある」とか「限定品だから」という理由で、モノによっては付加...

中古マンション購入中古マンション購入の注意点!「こんなはずでは…」を防ぎましょう!
「夫婦だけで住むからマンションで十分かな」「管理人さんが居て安心」など、様々な理由から「マンションに住むぞ!」と決めている方、...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+