リフォーム

放ってはおけない空き家問題!予想外の活用法を教えます

     
空家問題

少子高齢化の影響で深刻化している空き家問題。最近ニュースでも取り上げられており、行政の方で強制的に解体されていることも…。というのも空家はそのまま放置しておくと、火災が起きてしまったり、倒壊する恐れがあったり、地域の危険な存在になることも。

今こういった空き家問題に対して各自治体等が対策に乗り出しています。今回はもし自分が空き家の相続人になってしまった場合や、やむ終えず持ち家を空き家にせざる負えなくなってしまった場合に、どんな活用法があるのかをご紹介したいと思います。現在空き家に関わりがなくても、この問題に直面する可能性は大いにあるので、知識だけつけておくのもいいかもしれませんね。

こんな貸し方が?!地域に合わせた賃貸術

空き家になって使わなくなってしまった。そんな時に一番最初に考えるのはどんなことですか?私は将来、地価が上がるかもしれないから、もうちょっと様子見て最初は「賃貸」にという形になるかと思います。みなさんはどうでしょう?

ここでは、「賃貸」の場合の活用法をお伝えしたいと思います!皆さんは「賃貸」と思い浮かべると何を思い浮かべますか?私はアパートが思い浮かびます。しかし、相続で引き継いだものは戸建ての場合が多いのではないでしょうか?しかも和風な広いお家など、広すぎると中々借り手が見つからないなんてこともあったりします。今回は普通の賃貸ではなく一風変わった活用術をご紹介します!

■大人数でワイワイできるシェアハウス

某番組がTVで放送されてから、一段と人気を博している共同住宅「シェアハウス」。「シェアハウス」で検索してみると意外と身近にあったりします。シェアハウスのメリットは、多くの方から家賃収入を得られること。また入居人数が一人でもいれば収入があるので、家賃リスクが分散されます。今流行のシェアハウス…あなたもそのオーナーになりませんか?

空家をシェアハウスに

■割り切って店舗として賃貸に

立地はかなり制限されますが、店舗として貸し出すのもいいかもしれません。改装OKであれば古民家風レストランにしたり、雑貨屋さんにしたり色々なやり方があります!自由度を高くすれば借り手はすぐつくかもしれませんね。

空家を店舗に

活かし方はそれぞれ無限大にあると思うので、地域性などに合わせたて行うことが大事かと思います!ただし、店舗にできないエリアや改築が制限されるエリアもあるので事前に確認が必要です。

思い切って開放して公共用途に!

空き家の数に対して、買い手が少ないのが現状です。ですので、空き家を住居用ではなく公共の場として利用する場合もあります。

その中でも地域住民のコミュニティスペースとして、自治体やNPO法人等が借り(買い)手となり開放している、そんな例があります。これは収益性ということはなしに考えて、あくまでも地域の活動の場として利用してもらう方法です。人が住んでいない家は老朽化が進むのも早いので、維持することが目的であれば良い方法だと思います。

またコミュニティスペースの利用料としていくらか有志を募れば、維持管理に充てることもできるかもしれません。その他の方法として「福祉・医療分野」の場として利用される場合もあります。高齢化が進んだ現代で、福祉・医療分野の場が足りない状況です。そこでそういった場として提供すれば地域貢献も兼ねて、活用することができます。実際に空家を利用したデイサービス事業を行っている企業や福祉分野での活用を目指した空き家バンクもあります。

空家を福祉施設に

空家をそのままにしておくのはもったいない!空家の使い方次第で、簡単に地域貢献ができる!そんな未来の希望を持った空家にするのもいいかもしれませんね。

売却も賃貸もしたくない…そんな時は空家管理にお任せ!

空き家を相続したけれど、売却も賃貸も今のところ考えてない!そんな時は「空家管理サービス」をおすすめします!これは遠くにいて家の管理ができない人に向けて、物件の管理を行うというものです。

空家管理サービス

例えば、放置していると生えてくる雑草の処理だったり、家財道具の整理・保管・清掃サービスも行っていたりします!転勤や相続等で遠くにいる方には、嬉しいサービスですよね!

また写真などを撮ってリアルタイムの家の状況を確認できるので、安心の管理サービスだと思います。もし家の損傷具合が激しい場合は、倒壊や雨漏れなど、火災などの原因になったりすることも。そんな時は補修が必要になりますよね。どのくらいかかるか見積りも取れるので、空家管理で状況を確かめてみるのもいいかもしれないですね。

魅力的な空家を見つけるには!

ここでは前述にある活用法ではなく、買い方等をご紹介します。タイトルにある通り、空家を買うなら誰だって魅力的なものが欲しいはず!でもどういうものが良いのかわからないですよね。そんな時は不動産屋さんに行って見るのもいいかもしれません!

空家

リフォームに精通している不動産屋さんだと、別な(リフォームの)視点で見れるので、意外な発見があることも。そして毎日のように不動産屋さんは物件を見ているので、良いものと悪いものの区別がすぐつきます。なんでいいものか、なんで悪いのかを教えてもらえれば、見える世界が変わるかも。たまにダイヤの原石みたいな磨けば光るお宝物件を紹介してくれる不動産屋さんもいます。その時に買える準備をしていなければ、他の方に取られちゃうなんてこともあるので、不動産屋さんに行ったついでに、資金の話や控除や補助金などの話も聞いておいて準備を整えておくのがいいでしょう。

みなさんもぜひ不動産屋さんからお得な情報を仕入れて、魅力的な物件を探し当ててみて下さい!

地域に適した、自分に適した有効活用を!

以上で空家の活用法、買い方等お伝えしてきました。タイトルにもある通り、地域や自分に適した有効活用法があり、空家には無限の可能性があります。空家を改装してレストランやゲストハウスを経営するのも良し、価値が上がるまで待つのも良し!ただ賃貸や売却するほかに行く通りの活かし方があります。もし将来空家を持つことになったらあなたはどうやって活かしますか?

 

合わせて読みたい

空家をリノベーション空き家問題は深刻!でも実は不動産を購入するチャンス!?
最近ニュースでよく取り上げられる空き家問題。平成26年には空家対策法案が交付され、市町村毎に規制や助成などの体制整備が始まってい...

中古住宅マイホームが欲しい方へ「中古住宅」購入に役立つまとめ
「賃貸じゃなくて自分の家が欲しいな」そう考える方、多いと思います。家族が増えたり、仕事の関係で住む場所が変わったり・・・考える...

ネットで物件を検索ネットでは良い中古物件が見つからない!?最良な物件の探し方とは?
インターネットの普及により、近年ではわざわざ不動産のお店に行かなくても物件の情報サイトで簡単に物件を検索できるようになりました...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+