リフォーム

年代問わず支持されている“和モダン”な家のつくりかた

     
和モダン

“和モダン”というと、主にデザインの話の中でよく耳にする言葉ですが「なんとなくおしゃれな感じはするけど・・・“和風”とは何が違うの?」なんて感じる方、多いのではないでしょうか?とりわけ、家の内装のデザインを考え中という方の中には“和モダン”というと畳に塗り壁・・といった“The 和風”のイメージを持っている方も多く見かけます。

ところが、“和モダン”という言葉が本当に意味しているイメージというのは洋風スタイルに「和」の要素を取り入れたものが主になっており実は、幅広い年齢層の方々に人気があるデザインなんです。

そんな“和モダン”な家では、何と言っても「落ち着き」を感じることができ心身ともに安らぐ空間を手に入れることができます。今回はそんな少しぼんやりしたイメージのある“和モダン”について空間作りに重要なポイントをお伝えしていきます。

和モダンな家に欠かせない素材

 和モダン

和モダンな家でいちばん多く使われている素材は「無垢材」です。これは、イメージしやすいのではないでしょうか?キッチンやリビング等、場所を選ばずに取り入れることができる素材です。

例えば、対面キッチンのカウンター材として無垢の板材を使用する場合には取り付ける板材は厚ければ厚いほど重厚感がでます。さらに、部屋の窓枠材や巾木等も合わせて無垢材で仕上げれば、より統一感を演出することができます。床材として無垢材を使用する場合には、色を明るめにすれば和の雰囲気は強くなりますが、明るく温かみのある空間に仕上げることができますし、反対に、モダンな感じを強くしたい場合は、床の色を濃く(暗め)にすることで落ち着きのある空間に仕上がります。

和モダンの空間にはアクセントを取り入れて

和モダン

洋風の要素がやや強い部屋でも、空間のアクセントとして「和」を感じさせるものを採用することでより和モダンな空間を引き立たせることができます。例えば、壁の一部に無垢板のパネルを貼るだけでも雰囲気は変わります。もちろん無垢材だけではなく

  • 和柄のタイルを貼る
  • 一部に珪藻土を塗る

これだけでも十分なアクセントになります。

また、最近だとい草を編み込んだパネル等の自然素材のアクセントを採用すればより統一感を出すことが出来ます。他のアクセントとしては、縦格子のルーバーを入れるのもおすすめです。格子なので、光や空気の流れを遮ることなく視線だけを遮ることが出来ます。さらに、空間に奥行感を出してくれる役割も持っているので「リビングに少しプライベートな空間が欲しいな~」という時にも最適です。

和モダン

空間の一角に畳スペースを設けるのもひとつです。今までは主にい草で畳表を作成していたのですが、最近では繊維で作られた畳もあるんですよ。今までできなかった様々な色の畳を作成することが可能です。

和モダンな家に合うキッチンとは?

和モダン

和モダンのLDKには、どんな形・材質のキッチンを入れても比較的になじみます。木質の扉のついたキッチンなら、空間に溶け込みやすくなるし総ステンレスのキッチンを入れても、金属の与える冷たいイメージを木の材質のぬくもりが和らげてくれます。扉の色は、淡い色よりも赤・青など濃い目の色にすると、それだけで和モダンのアクセントになってくれます。

実は、和モダンってお金をかけなくても叶うデザイン

和モダン

床を変えたり、キッチンを変えたり・・・そんなにお金をかけないと和モダンにはならないのかと思いきや予算を抑えた雰囲気の作り方もあるんです!

和モダン

クロスの貼替を一面だけ和柄にしたり、和をイメージさせる柄を取り入れたりすればアクセントになりますし窓に取り付けるカーテンをロールスクリーンやプリーツスクリーンに変えてあげるだけで、簡単に和モダンな家になります。ぜひ、自分のイメージに合った家を手に入れて下さいね!

 

合わせて読みたい

和室和室が無くても「和」がつくれる、センスを感じるお部屋の作り方
最近和室の無いお家が増えてきましたね。ある程度築年数を経たお家は畳からフローリングに変えていたり、はたまた新しいお家ですと最初...

和モダンな木材日本人なら木の家に。和モダンにもぴったりの木材の種類を教えます!
みなさん最近ゆっくりした時間過ごしていますか?日々忙しく、のんびり自然に触れ合う時間がない方にも、家の中でもほっこりする自然の...

和傘床の間が大変身!和室のおしゃれリフォームでつくる和モダン空間
最近和室を設けないお家が増えてきましたね。和室は古くさいというイメージがあるからでしょうか?でも和室をおしゃれにする方法がある...

 

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+