家づくり

収納上手は間取りが決め手!“ウォークインクローゼット”の作り方

     
ウォークインクローゼット

秋も一段と深まり、朝夕の冷え込みもひときわ厳しい季節となりました。行きかう人のファッションもすっかり秋色になりましたが、みなさんはもう、ご自宅の衣替えはお済みですか?シーズンごとに物が増え、「毎回の衣替えに苦戦している!」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?近頃は、要らないものを思い切って捨ててしまおう!と“断捨離”をする方も増えていますが、なかなか簡単には捨てられないものもありますよね。そんな時はたくさんの物を収納できる“ウォークインクローゼット”がおすすめです。

今回は、そんな収納力バツグンのウォークインクローゼットの、間取りの目安や使いやすい形を、注意点をふまえながらご紹介いたします。

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットは文字通り、「歩いて入れる」タイプの独立した部屋のことで、主に洋服やシーズン品などを収納する場所です。

ウォークインクローゼット

使い方は人によってさまざまですが、収納のイメージができていないと無駄に収納してしまい、本来の良さを十分に発揮できないなんてこともありますので、作る際にはどんなものをどういった風に収納したいかをイメージして作ることが大切です。

ライフスタイルもさまざま!ウィークインクローゼットの「間取りの目安」

では、いったいどれくらいの広さがあれば使い勝手の良いウォークインクローゼットが実現するのでしょうか?家族の人数や収納する物をふまえて、一例をご紹介いたします。

TypeⅠ:2畳タイプのクローゼット

ウォークインクローゼット

一般的に、夫婦2人分の収納が十分にできる広さです。

左右に収納棚、真ん中に通路を各60㎝ずつ確保できるので、スッキリと見やすく片付けることが出来ます。しかし、クローゼットの中で着替えをするには少し狭いかもしれません。そんなときは、棚の奥行きを少し狭くして通路のスペースを広げてあげることをおすすめします。

typeⅡ:3畳タイプのクローゼット

ウォークインクローゼット

夫婦2人+子供2人の4人家族の場合には、3畳ほどの広さが最適です。

鏡を設置して、中で着替えるのにも十分なスペースを確保できます。また、キャリーバックなど普段使用することのない物を収納することも可能なスペースです。

typeⅢ:4畳タイプのクローゼット

ウォークインクローゼット

夫婦2人+子供2人の4人家族で、ウォークインクローゼットのみの収納で十分過ぎるほどの広さです。寝室にタンスを置くこともないので、寝室のスペースも十分に確保できます。

ただ、広さのあまり注意したいこともあります。スペースがあるからと、あれもこれもと物を収納してしまい、結果まとまりがないクローゼットになってしまうなんてこともありがちです。収納したいものをきちんと決めたうえで間取りを決めることをおすすめします。

どのタイプがいいの?ウォークインクローゼットの「形と設置場所」

ウォークインクローゼットには、収納の形がいくつかあります。日常の動作を考えて、「家のどの位置にウォークインクローゼットを配置するか」も重要な要素になってきます。一例ですが、収納の形と設置場所を見てみましょう!

【Ⅰ型】 

部屋の壁の一面に設けたクローゼットです。寝室に設置すれば、朝起きたらすぐに着替えることが出来ます。また、壁の一面だけなのでスペースも確保しやすいです。

ウォークインクローゼット

【Ⅱ型】

壁の両端に収納を設けたクローゼットです。最も一般的で効率の良い収納方法です。

また、部屋と部屋をつなぐ廊下に設置することも出来るので、寝室と物干し場の間に設置すれば、効率の良い動線が可能になります。

ウォークインクローゼット

【U型】

壁の両端と奥に収納を設けたクローゼットです。収納力はグッと上がりますので、家族分が収納できる独立した「更衣室」となります。動線を考えると、着替えてすぐに出かけられる玄関付近や、服をたたんで直ぐ収納できる物干し場付近などがおすすめです。注意点としては、真ん中まで物を入れてしまうと奥の物が取りづらくなってしまうので収納の配置は重要です。

ウォークインクローゼット

 

こんなところに気をつけよう!ウォークインクローゼットの「注意点」

とても便利な収納場所のウォークインクローゼットですが、注意しないといけない点もあります。

築年数が古い家は断熱性能が低いので、外壁に面した壁が結露しやすく、特に北側の壁はびっしょり濡れたようになることがあります。そのままの状態でクローゼットを設置すると、風通しが悪くなる分、更に結露しやすくなり、洋服が結露や害虫の被害にあいやすくなります。

ウォークインクローゼット

解決法としては、24時間換気扇を付けることで空気を循環できるので被害を抑えられます。

また、太陽がたくさん差し込む場所にクローゼットを設置すると、紫外線によって知らない間に洋服などが日焼けしてしまう場合もあります。お家の中でどの方位に設置するかも重要となります。

ウォークインクローゼット

注意点は、知っていて損はないと思いますので、良いウォークインクローゼットを作る際の参考にしてみて下さい。

ウォークインクローゼットについて一緒に考えていきましょう!

いかがでしたか?ウォークインクローゼットとひと言でいっても、人それぞれのライフスタイルによって、使い方はさまざまです。収納を作りたいという動機で始まってもいいと思いますが、ある程度イメージがあるとさらに良い仕上りになります。まずは、それぞれの持ち物やライフスタイルをよく見つめ直すことから始めてみませんか?そして、最高のウォークインクローゼットを完成させましょう!

 

合わせて読みたい

リノベーション【実例】収納と動線と間取、すべてを叶えたマンションリノベーション
少しずつ広まってきている、マンションをリノベーションして自分らしい暮らしをするという選択。実家が一戸建てだった私にとって、“マン...

断捨離出来ない部屋断捨離できないっ!捨てられないなら収納リフォームで解決しよう!
うちに物が多すぎることはわかってます。認めます。 巷では「断捨離」が叫ばれて久しいですが、『これ結構高かったんですよ、思い出だ...

理想の間取り理想の間取りとは?ライフスタイルに応じた使いやすい間取りまとめ
家づくりをする時、考えるのが楽しい反面悩むことも多いであろう間取り。リビングはできるだけ広くとりたいけど収納もたくさんほしい、...

 

仙台でリノベーションをしたい方

仙台でリノベーションをお考えの方、365リノベに相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。仙台でリノベーションした事例や、コラム、イベント情報などリノベーションに関する情報を載せています。 WEBサイトをご覧になりたい方は仙台でリノベーションなら365リノベをご覧ください

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン
・洗面所
・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。



Ebookをダウンロード

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+