リフォーム

壁紙の貼り替えをお考えの方!DIYとプロ、どっちを選ぶ?

     
壁紙の張替え

「長年使っていて壁紙が汚れてきた。お部屋の雰囲気を変えたい!」と思ったらどうしますか?テレビでも特集が組まれるなどDIYが注目を集めている今、ご自分でやろうと考えられる方も少なくないと思います。「ただ貼るだけでしょ?」と思われている方はご注意ください!正しい方法で行わないと空気が入ったり仕上がりがボコボコしたりと失敗してしまう可能性もあります。

今回はプロの職人さんがどのように貼り替えを行っているのか、どのくらいの費用でできるのかをお話ししたいと思います。自分じゃ不安だから工事を頼みたいけど金額がどのくらいかかるのか不安で・・・という方も参考にしてみてください!

壁紙の貼り替え方

自分でやられる方も業者に頼む方もどのように工事が進んでいくのかが分かればより安心できますよね!そこで壁紙の貼り替え方法を簡単にご紹介します。

①既存壁紙剥がし

⇒単純に今貼られている壁紙を剥がす作業です。

クロス剥がし

②パテ処理

⇒下地の凹凸部分をパテで埋めて平らにする作業です。下地の石こうボードの繋ぎ目もしっかり埋めます。このパテ処理が仕上がりのきれいさを決めます!

パテ処理

③糊付け

⇒壁紙の裏面に糊を付けます。貼る面積が少ない場合は、職人さんが自分の作業場で糊付けしてから壁紙を持ってくることが多いです。面積が多いと、糊付け専用の機械を運び入れて、現場で糊付けします。市販のものでは最初から糊付きのものもありますが、プロが使う壁紙は最初から糊がついているわけではないんです。

④壁紙貼り

⇒パテが乾いたらいよいよ壁紙貼りです。空気が入らないようヘラやブラシで空気を抜きながら貼っていきます。。どうしてもできてしまった小さい膨らみは注射器で空気を抜いてきれいな仕上がりにします。

⑤完成

壁紙貼り

ただ剥がして新しい壁紙を貼るだけでは無いんですね。パテ処理がきちんとされていなくて下地がボコボコしていると、壁紙を貼ってもそのボコボコが出てきてしまいます。お家によっては①で壁紙がきれいにはがれないこともあるので、貼り替えの際は厚めの壁紙を選ぶのが、よりきれいに仕上げるポイントです。

プロにお願いするメリットとは?

続いて、プロに頼むからこその大きいメリット2つをご紹介します。

「仕上がりの良さ」

最大のメリットは、何と言ってもきれいに仕上がることです。柄物の壁紙を貼る場合、壁紙のつなぎ目で柄を合わせないといけません。キャラクター柄の壁紙など、柄がはっきりしていればしているほど、ちょっとのズレが目立ちます。職人さんが貼れば、つなぎ目がわからないくらいの仕上がりになります。もちろん、写真のようにしわが入ったり、大きい気泡が入ったりなんてこともありえません!

壁紙のシワ

「工事前・工事後も安心」

自分で貼り替えをする時に意外と大変なのが家具の移動。動かすのが大変な大きい棚やタンスも、職人さんに頼めば移動してくれます。ただ、壊れやすい物や細々した物は事前に自分で移動させておくことをオススメします。もちろん、貼り替え後も戻してくれますよ。

工事後に保証があるのも、メリットの一つです。万が一、貼り替え後すぐにつなぎ目がはがれてきちゃった…なんてことがあった場合、ちゃんと補修してくれます。

気になる金額は?

壁紙の貼り方も分かった!プロにお願いするメリットも分かった!残るは・・・やはり金額の部分ですよね?では分かりやすくトイレの内装工事で相場をお伝えしましょう!

「DIYの場合」

・壁紙と施工道具一式(ブラシ、ローラー、ヘラ等)のセット¥6,000-

壁紙の張替え道具

「プロにお願いした場合」

・施工費(材料費含む)¥33,000~

下地の状況や面積、地域によっても差はあるので、あくまでおおよその目安として考えてくださいね。金額だけ見るとDIYの方が5分の1という安さです!しかも一度道具を揃えてしまえば、他の部屋も貼り替える際は壁紙のみ購入すればいいという利点もあります。

ただ失敗したり、施工後の不具合が発生したりして、結局プロにお願いする…なんてことになると、余計な出費が増えてしまう可能性もあります。また、家族以外の人の目に触れやすい玄関やリビングなどは、特に仕上がりが気になりますよね。金額がかかっても前述のメリットを考えると決して高くはないかなという印象です。

後悔しない選択を!

いかがでしたか。壁紙の貼り替え方、メリット、金額についてお話ししましたが皆さんの疑問の解決に役立ったでしょうか。金額を抑えて自分で楽しく貼り替えを行うか。少し金額は高いけどプロに相談して一番合う壁紙を選び、工事後の保証で安心して任せるか。どちらの方法をとるにしても後悔しない選択をして素敵なお部屋にイメージチェンジしてくださいね!

【合わせて読みたい】→壁紙をおしゃれにリフォームするおススメのテクニックをご紹介!

【合わせて読みたい】→グッとおしゃれな空間をつくる、壁紙の選び方4つのポイント

【合わせて読みたい】→誰でも簡単、「壁のDIYリフォーム」であなたの家が見違える!

 

デザインリフォーム

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+