おしゃれな洗面台
リフォーム

洗面台をおしゃれに!メーカー洗面化粧台×おしゃれカスタムプロジェクト

毎日使う洗面台が古くなってきたし、そろそろ交換したい。そう思ったとき、あなたは次にどんな洗面台を選びますか?メーカーの洗面化粧台も機能的で捨てがたいし、造り付けの棚の上におしゃれな洗面ボウルを置いてみるのも憧れますよね。

今日は多くのお客様の声から見えてきた、洗面台への不満の原因と、それを解決する裏ワザをご紹介します!

洗面台について相談したい方はコチラ

憧れの造作洗面台はおしゃれだけどお手入れが不安という声があります

洗面台をおしゃれに

「モザイクタイルの上に白い洗面ボウルを置いて、フレンチ風の照明をつけたい!」

「木製の棚と木製の鏡であたたかみのある洗面室にしたい!」

インテリアが好きな方は雑誌やネットから自分のイメージする写真を持ってきてくれる方もいらっしゃいます。私たちもお客様の夢を叶えたいと、素材やデザインを精一杯ご提案します。

でも、そんなやりとりのなかでお客様が心配そうにふと口にする言葉があります。

  • 「やっぱりお手入れが大変かしら」
  • 「タイルの目地がカビたり、黄ばんだりしないか心配」
  • 「木の棚だと水ハネがシミになったりするのよね」
  • 「洗剤や化粧品を入れるのに、収納が足りないかもしれない」

もちろんカビの生えにくいタイル目地や、水に強い木部塗装など、対応できるものを提案するのですが、造作洗面台のおしゃれさに憧れながらも、こういった不安のある方は多いのかもしれません。

機能性抜群のメーカーの洗面化粧台は見た目が心配という声があります

ではメーカーの洗面化粧台はいかがでしょうか?

メーカーの洗面化粧台は、お手入れに関してはかなり強化されています。水ハネしにくい広い洗面ボウル、ごみがとりやすい排水溝。蛇口周りの掃除がしにくい、水飛びしやすいという理由から、蛇口が上についているものも出てきています。

洗面台をおしゃれに

収納の面でも、鏡の中にコンセントが設けられていたり、ドライヤーをそのまま入れることができたりします。下段もより使い勝手が良いようにと、引き出し式の収納が増えてきています。

おしゃれな洗面台

お手入れ重視のお客様には、まずはこちらからご提案することが多いのですが、機能面以外でお客様が考え込まれる場面があります。それは、下記の言葉のように、見た目や価格などの面で満足できていないと感じられる方が多いようです。

  • 「なんとなく見た目が安っぽい」
  • 「今までと一緒でつまらない」
  • 「どこにでもありそう。みんなと同じ」
  • 「デザインが良いものは高い」

おしゃれと機能性、良いとこ取りができるプロジェクトを始めました

そこで私たちは考えました。このような不満を解決できる方法はないだろうか。そこで出てきた答えがメーカー洗面化粧台×おしゃれカスタムプロジェクトです。

メーカーの洗面化粧台にタイルなどの装飾品を組み合わせて、機能性はそのままに見た目をよくできるプロジェクトを発足しました。

お客様や主婦仲間から話を聞き出てきて浮かび上がったのが、おしゃれさという価値観の度合いについてです。おしゃれさといっても、洋書の中にでてくるような完璧な世界観でなくてもいいんです。毎日、歯を磨くときに、朝日の中できもちいいなぁとか、好きなものが目に入ってちょっと嬉しくなるなぁ、とか日常に少しだけ彩りを与えてくれる、そういう少しのおしゃれさが求められていることが分かりました。

そこで、機能的なメーカーの洗面化粧台に少しのおしゃれさを足す工夫を始めました。

事例その1.収納力抜群!カウンターが広くて便利な洗面台

おしゃれな洗面台

こちらのお宅は1坪の洗面室の横幅いっぱいに、メーカーの洗面化粧台を配置しています。機能面でのメリットは、なにより収納が豊富に取れることです。横幅いっぱいの収納は、タオルに洗剤、選択用品、ヘアケア用品などを全部しまうことができます。

また幅いっぱいに配置したことでカウンターがとても広くなりました。お風呂に入るときに着替えを置いておけますし、化粧品やドライヤーを置きながら身だしなみをセットするのにも何かと便利です。カウンターは洗面ボウルと同じ素材なので、濡れたものも直接置けます。

この洗面台のちょっとしたカスタムは、前面のタイルです。ここには、メーカー品そのままだと水ハネしてもよいパネルか、オプションである鏡が設置されます。そのパネルの部分を青緑のモザイクガラスタイルで仕上げています。窓の光を受けてモザイクガラスがキラキラと輝いているのを見れば、良い気分で朝がスタートできます。

ちなみにメーカーの洗面化粧台のままだとこのような状態です。

洗面台をおしゃれに

このままでも十分素敵ですが、タイルを足すことによって、より個性や自分らしさが表現できました。

事例その2.リビングから見えてもOK!タイルと照明でお部屋のアクセントにもなる洗面台

洗面台をカスタマイズ

 こちらはトイレの脇に設置された洗面台です。リビングからも見える位置なので見た目にはこだわりがあり、リフォーム前もかわいらしい造作洗面台がありました。

しかし、カウンター上のタイルのひび割れや目地の汚れ、収納の少なさが気になってリフォームを決意されました。リビングから見えることも考えて、見た目の良さは必須でした。そこにお手入れと収納をセットということで、メーカーの洗面化粧台に背面の全面タイルを組み合わせ、またそれに合った照明を提案しました。

訪れたお客様からも、いつも褒めてもらえるポイントになったそうです。

メーカー洗面化粧台×おしゃれカスタムプロジェクトがおすすめです

メーカー洗面化粧台×おしゃれカスタムプロジェクトはいかがでしたか?ご賛同いただける方はぜひ「いいね」ボタンを押してください。いいねが多かったら、商品化されるかもしれません。

お客様のお悩みの中に答えはある!私たちはそんな思いで、これからもリフォームに関する様々なアイディアをご提案していきます。