リノベーション

リノベーションで叶える、西海岸のインテリアスタイル

     
西海岸インテリア

ファッションやインテリア業界でよく見聞きする「西海岸」というフレーズ。何となく素敵と感じている人も多いと思います。ファッションではロンハーマンが火付け役ともなってきました。その後、レストランやインテリアなど、ライフスタイルを中心とした業界にまで波及してきました。

そんな中、ファッションや家具、インテリア雑貨をいくら西海岸テイストのもの、もしくは西海岸のブランドで揃えたとしても、それらを納める家や部屋が一般的な仕上がりでは満足できない人も多いのではないでしょうか?さらに、どうすれば空間とインテリアがうまくマッチしていくのか悩んでしまっている人も多いのではないのでしょうか?

今回は、そんな悩みを抱えている方に、リノベーションで西海岸のライフスタイルを手に入れるためのモノ選びの方法をご紹介します。

西海岸って?

リノベーションの前に、そもそも西海岸とはなんなのか。なんでおしゃれに見えるのでしょうか。

西海岸を代表する街はカリフォルニア州の南よりに位置するロサンゼルスです。太平洋に面したこの街は、一年を通して温暖で、都市の中に、ビーチや森などの自然がうまく溶け込む、沢山のセレブにも愛される場所です。日本で言えば、沖縄に東京が入っている感じでしょうか。

西海岸

そんな場所から生まれてくる雰囲気は、やはり「ナチュラル」「開放的」「スロー」「リゾート」「フリースタイル」などが当てはまってきます。自然が溢れる環境の中で、ゆったりとした時間の流れとともに自分らしい暮らしをしていくというものが、西海岸のリノベーションをするときに大切な考え方になってきます。このような雰囲気を持つ西海岸の家をいくつかご紹介します。

西海岸風インテリア

ご覧いただいた通り、いくつかの要素が挙げられます。

  1. たくさんの光と、開放的な間取り
  2. 自然のものを使った仕上げ材選び
  3. 白の分量
  4. 家具の選び方

今回はこの4つの要素について考えます。

開放的な空間をつくりだせれば第一歩

リノベーションの醍醐味は今までの家を忘れ、全く違う空間が手に入ることです。

写真に合った通り、西海岸に必要なのは開放感です。まずは自然の光をめいっぱい取り入れるために、大きな窓を出来る限り設置しましょう。窓フレームは、白なら女性らしく、黒なら男性的に仕上がります。大きな窓や、沢山の窓は、光と風を取り入れてくれるだけでなく、外とのつながりも作ってくれます。その為、閉鎖感が減り、より開放的な空間に仕上がります。大きな窓が難しい場合は、天井に近い部分に窓を設けると、室内から空が見え、開放感が増します。

開放的な窓

開放的な窓

次に、間取りです。日本の住宅に比べ、アメリカの住宅はサイズが大きくできています。西海岸テイストのリノベーションをするなら、出来る限り大きな部屋をつくりましょう。「ちょっと広くしすぎかも」と思えるくらいが丁度よかったりもします。広い空間はそれだけで開放的です。

そして天井高。マンションでは難しいかもしれませんが、天井を高く見せるように努力しましょう。戸建てであれば屋根裏まで活用し、出来る限り天井を上げてください。天井を高くすることが難しいときは、リビングやキッチン、ダイニングなど場所ごとに天井の高さや素材を変えてあげることで、メリハリがでて開放感が得られます。

ここではあまり触れませんが、天井自体に光をあてられるような建築照明もおすすめです。日本の環境では冷暖房が気になるところだと思います。断熱性能にも配慮していく必要はあるので注意しましょう。

開放的な間取り

 

自然素材でナチュラルスローなライフスタイルを取り入れる

2つめは仕上材の選定です。ナチュラルでスローな雰囲気をしっかりと出すために、自然素材を使用した空間づくりをしましょう。

ナチュラルな仕上げ

室内の仕上げは基本的に床・壁・天井になります。その中で自然素材を一番取り入れやすいのが、床です。日本の住宅でも木のフローリングは良く使われます。その中でも、木本来の質感を十分にいかせる、無垢フローリングがおすすめです。石やタイルももちろん良いですが、土足文化の少ない日本の生活様式では、ぬくもりも感じられる無垢フローリングが合っています。

次に壁面です。壁はクロスでも問題はありません。光沢がある素材や、柄物などは選定せず、マットで塗り壁や塗装のような質感のものを選定しましょう。もちろん、塗装や塗り壁を使用してもまったく問題はありません。

よりおしゃれな空間を演出するために、木材や石・レンガなど、素材感の強い材料を使うこともおすすめです。本物の素材が難しい場合は、壁紙を少しだけこだわることで、全く違う空間に仕上がります。壁紙の参考サイトはこちら→http://walpa.jp/products/list.php?category_id=20

白・茶・ブルー・グリーン カラーバランスで絶対まとまる

3つめは、室内の色の分量です。室内には、先ほど記載した床・壁・天井にドア・窓・ラグ・カーテン・家具・小物など様々なものが存在します。西海岸のおしゃれなテイストを叶えるために押さえておかなければならないのは、「白」です。

白塗装

写真を見ていただいても分かる通り、空間のなかの1/2位は白を取り入れましょう。少し青っぽい白でも、グレーがかった白でも、オフホワイトでも大丈夫です。ソファやテーブルでももちろん構いません。床を白の無垢フローリングにすることで、狭い空間を広く感じさせることも出来ます。

白の分量を1/2程度とることで、西海岸テイストが叶います。残りの1/4にはブラウン入れましょう。床のフローリングでも、壁のアクセントに木や石でも問題ありません。明るいブラウンの場合は、女性らしい華やかで優しい雰囲気に、濃いブラウンの場合は男性的でシックやヴィンテージ感の強い雰囲気に仕上がります。

最後の1/4はブルーやグリーンを取り入れましょう。植物をたくさん配置して外と中のつながりを強くし開放感を演出することも出来ます。写真にもあったように、ブルーのクッションやラグを使用して、爽やかな雰囲気を作り出すのもひとつです。グリーンであれば渋めの色合いを、ブルーであれば明るめのものを選定するとビーチや森のイメージが湧き、西海岸のテイストが溢れてきます。

西海岸の色合い

ここで注意してほしいのは、メリハリを持たせるということ。ブラウンや、グリーン・、ブルーの中には必ず濃く暗い色を入れてください。黒でも大丈夫です。すべて淡い色で統一するのではなく、濃い色が入ってくることで空間が締まり、西海岸スタイルの中でもおしゃれなこなれ感が出てきます。

家具の選び方

西海岸のリノベーションを叶えるために、家具は必須です。どんなに素敵な室内をつくっても、そこに置く家具がまったく空間と引き立て合わないものではリノベーションが失敗に終わってしまいます。

もっとも良いのはリノベーションを行うアドバイザーさんが、家具やインテリアまで提案してくれるような会社を選ぶこと。中々数は少ないですが、室内の仕上がりを知り、住まう人の好みを知り、家具も知っているアドバイザーがいる会社は存在します。しかし、そういった会社が近くに無い場合は、次の事を取り入れてみてください。

西海岸の家具

まずソファは大きなサイズのボリュームがあるものを選びましょう。ふんわりとした座り心地の商品がおすすめです。

ファブリック・レザーはお好みで。ファブリックの場合は帆布や麻素材のざっくりとした質感のものを選択するのが雰囲気にマッチして良いです。レザーの場合はヴィンテージレザーやオイルレザーのものを選定するとより空間が引き立ちます。

テーブルや椅子は、古材やビンテージのラスティック感のある商品を選びましょう。自分の好きなものに囲まれて過ごす西海岸のおしゃれ感が出てきます。

アイアンで濃い色を取り入れるのも良いです。

何を組み合わせるにせよ、シャープすぎるものや、シンプルすぎるものは控え、どちらかといえばクラシックやヴィンテージといった雰囲気の家具を取り入れるのがおすすめです。

しかし、さっきのカラーバランスは忘れずに。他の色を取り入れたいときは、アートフレームや小さな小物におさえましょう。

4つの要素でおしゃれな西海岸リノベーション

西海岸のリノベーションを成功させるための要素を書きました。西海岸が素敵だと感じるのは、温暖な気候と、自然豊かな環境の中で、ゆったりとした雰囲気があり、自分らしい生活を送ることが出来るという雰囲気を感じるからです。ゆとりや余裕といったことです。

基本は必要ですが、あとはどんどん自分らしいものを取り入れていただければ、よりおしゃれな西海岸ライフスタイルが完成していきます。

西海岸風リノベーション

 

 

【合わせて読みたい】→【実例】リノベーションでここまでできる!ハワイを感じるリゾート空間

【合わせて読みたい】→憧れのアジアンリゾート風・西海岸風リノベーションのコツ

【合わせて読みたい】→参考にしたい海外インテリア!【国別】テイストを作るポイント

 

デザインリフォーム

コメント

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

+