ミニコラム

快適に寝れていますか?寝室の照明選びで、眠りの質が決まる!

     
寝室の照明

一日の疲れをとる場所であり、一日が始まる場所ともなる「寝室」。

質の良い睡眠がとれたかどうかで、一日の頑張れる力っていうのは違ってくると思います。

そのためには、寝る前の過ごし方がとても大切。
照明の明かりの色や、照明が醸し出す雰囲気一つで、睡眠の質が変わってきます。

今回のミニコラムでは、関係の深い「寝室」と「照明」について、ご紹介いたします。

寝室の照明

まずは見た目!ペンダント派?ブラケット派?

少し前まで、寝室の照明といえば天井にドンと付いている「シーリングライト」が主流でした。

しかし最近では、寝室も寝るためだけの部屋ではなく、お洒落な空間にしたい!という方が増えています。
そこでおすすめなのが「ペンダントライト」や「ブラケットライト」です。

寝室の照明

ペンダントライトは、天井に取り付けることが多いですが、シーリングライトよりも手元に近い部分を照らすことができます。
夜寝る前、布団に入って本を読んだり、スマートフォンをいじったりする方におすすめです。
コードの長さを自分好みに変えられるので、灯りの当たり方を調整することも容易です。

寝室の照明

ブラケットライトは、壁に取りつける照明です。
光が壁に当たってぼんやり照らされるので、灯りが直接的に目に入って眩しく感じることがありません。
ブラケットライトが付いている壁廻りだけが明るくなるので、真っ暗だと眠れない方や、寝付く前に少しだけ映画を見たいといった方におすすめです。
調光タイプにして枕元にコントローラーを設置してあげれば、微調整しながら自分好みの明るさにすることも可能です。

ブラケットライトだけだと暗く感じるという方は、枕元にデスクライトを置いて併用するというのもおすすめですよ。

寝室の照明

寝室に適した電気の色は?

光の当たり方や雰囲気ももちろん大事ですが、一番需要なのが実は、「電気の色」なんです!

ペンダントライトやブラケットライトのご紹介で見て頂いた事例の写真はどちらもオレンジっぽい色をしていますよね。

電気の色には大きく分けて、オレンジっぽい電球色、白っぽい昼白色、その中間の温白色の3種類があります。

寝室の照明

その中で寝室におすすめなのが電球色。
ほんのり暗く、温かみのある雰囲気になり、心が安らぎ落ち着くお色なので、眠る前ベッドに横になり一息つくと、今日一日の疲れがすーっと解消されるような気持ちになります。

寝室の照明

逆に寝室照明に昼白色を使ってしまうと、明るくて目が冴えてしまうためあまりおすすめできません。
昼白色は、対象物をよく見たい場所、キッチンや洗面台に最適です!

照明を変えて、質の良い眠りを。

寝室の照明

今回のミニコラムでは、寝室と照明の関係性についてご紹介しました。

寝つきが悪いな、眠りが浅いな、なんてお悩みがある方は、眠る前の照明環境を変えてあげると改善させるかもしれません!
ぜひ試してみてくださいね。

 

合わせて読みたい

ハリのある生活は睡眠から!快適な寝室をつくるための3つのポイント

いつもの寝室が最高のベッドルームに。寝室のインテリアを考えるコツ

健康は良質な眠りから。寝室環境と寝具を整えて健康的な毎日を!

 

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+