リノベーション

ここがポイント!自宅でカフェ気分 ~最新リノベーション事例~

     
自宅カフェリノベーション


最近では住まい探しの選択肢として、中古物件を購入し、自分の気に入ったデザインへとリノベーションするという流れが広まってきました。

でも、どんな中古住宅を探せばいいのか、どんなリノベーションにしたいのか、とても悩まれる部分だと思います。

今回ご紹介する物件は、築古物件の特徴を活かしながら、自分らしい暮らしを実現した事例となっています。
理想の中古住宅+リノベーションを実現するためには、どんなポイントがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

中古住宅の選択肢


まず、中古住宅の特徴として、立地の良さがあげられます。

こちらの事例は、徒歩10分以内に3つも駅があり、通勤にストレスを軽減したい方にとても人気のエリアでした。

人気のエリアで新築マンションを探そうとすると、購入費用が非常に高額になってしまい、築浅の中古住宅だと理想通りのリフォームにまでは予算を出せないなど、なかなか思い通りの住まいを手にすることは難しいものです。

そんな、選択肢の一つとして、中古住宅+リノベーションに注目が集まっています。

リノベーションのきっかけ


通勤や買い物に理想的な場所でしたが、リノベーション前の状態は和室が南面に連なっていて、家の中央にあった台所がとても暗い間取りでした。
既存状態は、水廻り機器や水道管の劣化も激しく、理想した住まいとは大きく違うもので、ここからリノベーションでどのように変化していくのか、楽しみ半分不安半分の状態でリノベーションを決意しました。

自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 

こだわりポイント


既存では和室の天井に隠れて見えなかったコンクリートの天井を表しにして、一般的な住宅の天井高より30㎝程高い仕上げに。

天井高を高くすることで、開放感のある空間を造りました。
天井にはマンションを建てた際の穴や下地の跡が残っており、それがいい感じの雰囲気を演出してくれます。

自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション

内装では、キッチン周辺にタイルを貼ることで、カフェにいるかのような非日常的な空間を演出しています。

自宅カフェリノベーション

リビングに面した隣室には、レッドシダーの突板を貼った建具で間仕切りを設けました。
閉めれば個室としても使用でき、開ければリビングの一部として、使い方は広がります。

自宅カフェリノベーション

リビングの隣はパントリー、その奥には洗面室に繋がっていて、とても家事導線が短縮された間取りとなっています。
共働きのご家庭では、特に家事の時短が重要な要望になることが多く、十分な収納もついて生活にゆとりも生まれます。

自宅カフェリノベーション

大満足なリノベーションの秘訣は?


一番のポイントは、物件選びとリノベーションを分けずに考えることが大切です。

中古住宅の購入に費用を大きく割いてしまい、リノベーションやインテリアに予算を充てることが出来ない話はよく耳にすることです。

中古住宅+リノベーション+インテリアを資金計画の段階から計画的に進めることが、一番住み心地良く、無理のない生活を送ることが出来るポイントです。

自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション 自宅カフェリノベーション

 

合わせて読みたい

マンションだって自分らしく!マンションリフォームのビフォーアフター

中古マンションはどう選ぶ?購入するときに抑えるべきポイントとは

限られたスペースを有効活用!築40年、37平米のマンションを素敵にリノベーション

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+