リフォーム

デザインガラスで 1UP!レトロな雰囲気を演出

     
デザインガラス

デザインガラスというものをご存じでしょうか?

あまり馴染みが無い方も多いかもしれません。
デザインガラスとは模様付きのガラスのことで、よくドアや間仕切りの壁、家の内装材として使われている部材になります。

アンティーク家具と相性が良いため、アンティーク家具 + デザインガラスを使用した空間は、よりレトロなテイストを演出できます。
間仕切り壁に用いれば、ガラスを通して明かりが入ってくるので、光の屈折でより深みのある雰囲気を醸し出すことも!

今回はそんなデザインガラスを取り入れたリフォーム事例をご紹介します。

人気の高いチェッカーガラス


近年、特に人気を集めているのが格子状に模様が入ったチェッカーガラスです。
程良い透け感で、建具でも窓でも取り入れやすいデザインでになっています。

デザインガラス

モールガラスというガラスも、建具にはよく用いられています。
格子の大きさは様々で、格子が小さいものを選ぶと、明るくしたいけどガラスの向こう側を見せたくない、そんな部屋の建具にお勧めです。
逆に奥の物を見せたいときには格子が大きいものを選べば良いので、用途を決め空間に取り入れてみましょう。

デザインガラス

個性を演出する模様付きのガラス・カラーガラス


デザインガラスの中には、色が付いたガラスも存在します。
色を取り入れることでアクセントになるため、空間のテイストがグッと引き締まりますができます。

デザインガラス

明かりがガラスを通して伝わるので、昼と夜で光の加減でまったく違った雰囲気を楽しむ事ができます。

アンティーク家具×デザインガラス


冒頭でもご紹介しましたが、デザインガラスとアンティーク家具は、とても相性が良いんです。
デザインガラスの模様はシンプルなインテリアよりも、個性的なインテリアと相性が良いのでアンティーク家具とマッチするのです。

デザインガラス

室内窓で家族の気配を感じられる家に


ドア以外ですと、間仕切り壁にもデザインガラスは取り入れやすいんです。

例えばリビングと廊下の間仕切り壁に造作の窓を作成し、デザインガラスを入れれば、違う空間にながらも家族の気配が感じられるので、閉塞的になりません。
造作の窓であれば寸法や色などを自由に選べるので、部屋にアクセントが欲しいときにはおすすめです。

デザインガラス

デザインガラス

デザインガラスを取り入れてワンランク上の空間に


デザインガラスの取り入れ方はそれぞれ。
家は、長い時間過ごされる憩いの場所です。
であれば建具や家具、室内の装飾にこだわって作ると、もっともっと愛着が湧いてきますよね。

ぜひ、リフォームの際には自分好みのガラスを見付けて、リフォームに活用してみましょう!
そして大事な家をもっともっと想入れのある素敵な場所にしてみてくださいね!

 

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+