リフォーム

意外と知らないダウンライトの魅力!雰囲気を激変させる照明の使い方

     
ダウンライト


ダウンライト

インテリアショップやモデルルーム、はたまたカフェなんかをを覗いた際に、「自分もこんなおおしゃれな空間で生活ができたらな…」と思うことはありませんか?

自分だけの特別な空間
リラックスできる空間
団欒の空間が欲しい

などなど、お家に求める理想の空間は、人それぞれだと思います。
その理想を叶えるためには、どんな雰囲気にしたいのか、どういうデザインの家具を入るのか、内装材は何で仕上げるのか、どれくらいの明るさで演出するのか…etc

空間を構成している様々なもの考慮し、自分の理想の空間へと仕上げていかなければなりません。

この記事では、その理想に近付くために、空間全体を魅力的に演出してくれる〝照明〟についてご紹介していきます。
照明を有効的に設けれれば、あなたの理想とする空間づくりの助けになること間違いなしです!

今回は照明の中でも、多様で実用的な〝ダウンライト〟に、焦点を当てて説明していきたいと思います。

ダウンライトは暗い?使い方を知ればメイン照明としても使用可能に!

空間づくりにおいて、照明は欠かせない大事な要素の一つであり、場合によっては照明だけで、お部屋の雰囲気の大部分が決まるといっても過言ではありません。

照明と一言でいっても、その種類は多種多様です。
部屋に一灯で設けられる天井付けのシーリングライト、細かな演出を担う間接照明、天井から吊るされているインテリアのようなペンダントライトなど、用途や金額、空間の状況に応じて使い分けができるようになっています。

そんな照明の中でも、近年住宅で活用されるようになってきたのが、空間演出の主流〝ダウンライト〟です。
メイン照明としても使われるようになってきた一方で

「ダウンライトは暗いイメージがあるなぁ…」
「使い勝手が悪い気がしてしまう…」

そんな心配をされている方も、多くいらっしゃいます。

実はダウンライトは生かすも殺すも使い方次第!
状況に合わせて選んでいくということが、とても重要なのです!

例えばこちらの画像

ダウンライト

ダウンライト

同じ空間でも、雰囲気が全然違って見えますよね?
ここでポイントなのが、ズバリ多灯です!

ダウンライトは、一灯で空間の明かりをまかなえるシーリングライトとは異なり、基本的には複数の照明を組み合わせることで、明るさや雰囲気を調整する照明になります。
写真の例でいえば、ダウンライトを多く設置し、明かりを灯す照明の個数を調節することで、状況に合わせた空間の演出をしているのです。

つまり、明るい雰囲気にしたい場所には集中的にダウンライトを配置。
逆に落ち着いた雰囲気を演出したければ、個数や明るさを調整してあげればいいんです!

その他の照明の選び方や使い方については、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

参考になる!リビングの照明コーディネートを実例ふまえて徹底解説

空間の雰囲気を決める!用途に合わせた明るさ選び


ここで問題です。
皆さんは〝電気の色〟について、どんな種類があるかご存知でしょうか?
実は、照明はダウンライトやシーリングなど商品仕様の他に、電気の色も用途によっての使い分けすることができるのです!

例えば、リビングにオレンジ色っぽい照明を使用すれば、ゆったりとした温かい印象のリビングになります。
反対に、自然光に近い白っぽい照明を使えば、爽やかな雰囲気のリビングを演出することができます。
また、白い光は細かいものが見えやすくなるため、お子さんの宿題やお裁縫といった手元の作業がしやすくなるなどのメリットもあるのです。

ダウンライト

それでは、照明を選ぶ際、電気の色について重要になってくるポイントをいくつかご紹介します。


~ POINT ~

・くつろぎの空間には欠かせない、優しい明かり電球色
 … 温かみのある明かりです。しっとりとした空間を好まれる方におすすめです。(おすすめ空間 : リビング・寝室・玄関 etc)

・ 勉強や読み物に最適!昼白色
 … 爽やかな活気のある明かり。作業をする場所や明るさ重要視の部屋に最適です。(おすすめ空間 : キッチン調理台・洗面所・子供部屋 etc)

・ 電球色と昼白色の良いとこどり!温白色
 … ニュートラルで自然な明かりになります。暖かさと明るさを両立した方に好まれます。(おすすめ空間 : トイレ・ダイニング etc)

・ 勉強部屋におすすめ!昼光色
 … 昼白色よりも更に青白い明かり。文字が読みやすく読書や書き物をする部屋に設けましょう。(おすすめ空間 : 勉強部屋・書斎 etc)

ダウンライト

上記の他にも何色か照明の色はありますが、ここで押さえておきたいことは、明かりの色には、それぞれ心身に与える効果があるという事です。
昼光色なら明るく文字が見やすく集中力が高まり、電球色は温かみのある色でリラックス効果が得られます。

もし、くつろぎの空間を望んでいるのに、昼光色などの明るい色味を部屋に取り付けては、目が覚めてしまうため、逆効果になってしまったりしてしまいます。
そのために電気の色はシーンに合わせた使い方をする必要があり、照明は生活するお部屋の用途によって色合いや選び方を変えてあげるのも重要なポイントです!

また、一つの照明でもスイッチやリモコンで、明るさを変えれたり(調光)、照明の色を変える(調色)ことができる商品もあります。

ダウンライト

写真のように、同じ部屋であっても、明るさや照明の色を変えるだけで、見る側の受ける印象っていうのは全然違ってきますよね。
リビングなどのお家のメインとなる空間、住む人にとって憩いの場となる空間であれば、調光調色の機能がある照明を取り付けておくと、同じ空間でもでも違う演出をすることができます。

ダウンライト

すっきりと目覚めるあかり ・ 快適に料理をするあかり ・ しっかり勉強するあかり ・ 家族がくつろぐの団欒のあかり ・ ご飯を美味しく食べるあかり ・ ゆっくりとお酒をたしなむあかり…

シーンによっての使い分けができてるので、とってもおすすめです!

それだけじゃない!ダウンライトの魅力


基本的に天井に埋め込んで使用されるダウンライト。
パット見の凹凸がなくなるため、天井部分がスッキリし、空間を広く感じさせることができます。

天井の高さに制限を受けず、明かりが欲しいところに必要な明かりを灯すことができるのは、シーリングライトやペンダントライトには無い大きな魅力ですね!

「ダウンライトって、電球が交換できないから不便に感じる…」

そのようなお悩みを持ち、ダウンライトをためらわれる方もいらっしゃるのですが、安心してください!
最近では、自分で電球交換が可能な商品なども発売され、電気屋さんを呼ばずとも自分で照明を交換することが可能です。

配置の工夫の他に、上記のような細かい要素を考慮していくことで、より演出効果に深みを出すことができま、シーンに合わせた活用ができるようになるわけです。

ダウンライトは、単体で使用することもできますが、それが全てというわけではありません。
ダウンライトをメインにしたり補助として使ったり、どんな照明と組み合わせるのか、明るさはどの色にするのか、照明だけでも空間を演出する方法はたくさんありますね!

ダウンライトの配置を実例から学んでみよう

天井解体をするような改修工事において、ダウンライトは配置自由な照明です。
なので不規則な配置にしてみたり、規則的に配置したり、壁際に配置したりと、配置パターンは自由自在!

ここでは、実際にダウンライトを使った施工事例を見ながら配置についてご紹介していきたいと思います。

ダウンライト
まずは、この写真。
ダイニング空間の中心に、ダウンライトを集中的に配置しています。
ダイニングではペンダントライトが使われることも多いのですが、あえてダウンライトを配置することで、空間を広くスッキリ見せながら、必要な明かりを設けることができます。

ダウンライト
こちらは、最低限の個数でダウンライトを必要な場所に配置しています。
空間自体が落ち着いた色調なので、明るさも抑えることで、明る過ぎず暗過ぎない、より空間に合った演出効果が得られています。

ダウンライト
こちらの写真は、ダウンライトと間接照明、そしてペンダントライトの組み合わせになります。
明かりの主役はペンダントライトです。
その他の照明は、補助として空間を照らし、柔らかく落ち着いた雰囲気を演出してくれています。
スッキリとした見せることに長けたダウンライトを補助にし、インテリア性の高いこだわりのペンダントライトを際立たせる、そんな使い方も空間演出にはもってこいです!


基本的に、ダウンライトは1畳につき、40W~60Wの明るさがあれば十分と言われています。
あくまで目安ではありますが、それを元に空間全体に明かりが行き届くような配置を考えていくと、間違いはないでしょう。
とはいえ、照明プランを考えるのは中々難しいものです。

「これが正解です!」というものはありませんので、時間は掛かりますが、いろんな組み合わせを考え、イメージをしてみると良いかもしれませんね。
どうしても分からない時は、迷わずプロへご相談下さい!

自分好みの空間演出で理想の生活を!


いかがでしたか?
ダウンライトは、明るさや配置パータン、組み合わせ方など、使い方によって様々な演出を可能にしてくれる照明です。

ダウンライトを上手く活用できれば、魅力的な空間づくりは自由自在です!

今までご紹介してきた手法を活用していただければ、モデルルームのような素敵空間で生活するのも、夢ではありません。
少しでも自分の理想とする生活イメージがある方にとって、少しでも参考になれれば幸いです!

 

シーリングライトはもう卒業?おすすめしたい照明の種類まとめました

ダウンライトは暗すぎる?失敗しない照明デザインの方法伝授します

暗いかな?リビングで押さえてほしいダウンライトの配置方法

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+