リフォーム

今だからこそ見直したい!布を取り入れたインテリア【実用編】

     
布のインテリア

テレワークやテレビ会議化が進みおうちにいる時間が長くなった今、一度お部屋を見渡してみてください。
カーテン、ソファ、ラグ、キッチンマット、ティッシュケース、スリッパ、テーブルクロス…意外とたくさんの布製品に囲まれていますよね。
生活に密着しているものだからこそ、自分に合ったものを取り入れたいですよね。
今回は様々な布製品を実用例を交えながらご紹介します!

布製品をインテリアに取り入れる意味

布のインテリア
布(=ファブリック)は、古代の人が身につけている絵画が残っているくらい大昔から存在し、生活に密着しています。
レザーや木材と違って、製品として加工がしやすい、洗濯ができてお手入れしやすいなど機能的なメリットが多いところが魅力ですね。
近年はファブリックへの印刷技術も発展して、デザインもどんどん豊富になっています。
その他にも、ファブリックが持つ「柔らかさ」「柔軟さ」「しなやかさ」が空間に優しさをプラスしてくれたり、
風になびく様子が軽やかさや爽やかさも演出してくれます。
そんなファブリックを取り入れたインテリアをどーんとご紹介したいと思います!

実用例①【カーテン】

布のインテリア
布製品のインテリアと言えば、王道はカーテンですよね!壁面の占める面積も多いため、空間を彩る材料にもなります。
カーテンは「ドレープカーテン」と「レースカーテン」の2つの種類があり、遮光性も兼ね備えた厚い生地が「ドレープカーテン」、薄くて光や風を通す生地の方が「レースカーテン」です。

カーテンを選ぶ際、皆さんは何を基準に選んでいますか?
どうしても生地のデザインに目が行きがちではないでしょうか。
空間の中でも比較的大きい面積を占めるものの為、もちろんデザインも重要ですが、カーテンは窓面に取り付けるものという事をぜひ考慮して頂きたいのです。
光の透け方、風のなびき方、影のでき方など、生地の質感や動き方に注目して生地選びをするのもオススメです。
夏の時期など、薄手のレースカーテンがなびいている姿を見るだけでも涼やかに感じますよ。

実用例②【ラグ】

布のインテリア 布のインテリア

テーブルやソファの足元に敷くものがラグです。
敷物としてはカーペットも同じ部類に入りますが、カーペットとラグの違いはご存知でしょうか。

簡単に言うとサイズの違いが挙げられます。
ラグは足元などに部分的に敷くものを指すのに対し、カーペットは部屋全体に敷き込むものを指します。
その為、ラグは部屋に何枚も敷く場合もあり、ダイニングテーブルの足元に1枚、ソファの足元に一枚、キッチンの足元に1枚など使い分けることが可能です。
最近の時流としてはLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の空間を作るのがオーソドックスになっていますが、その中でラグはLDKのそれぞれの空間を間延びせずにゾーニングしてくれるという働きも持っています。
ラグの種類によっては、毛足が短く掃除がしやすい物、逆に毛足が長く触り心地がいいものなどタイプによって様々です。
食事をする空間のダイニングでは掃除や洗濯がしやすいタイプ、くつろぐ空間のリビングでは触り心地の良いタイプと使い分けることによって、お手入れのしやすさやラグへの満足度も一気にUPします。

実用例③【ソファ】

布のインテリア

LDKが主流になり、床座での食事からダイニングテーブルでの食事に変化したことにより、リビングにはくつろぐ為にソファが置かれるようになりました。
ソファは一般的にレザー製(人工も含む)とファブリック製に二分されます。それぞれにメリット、デメリットがあるのでまずはポイントを押えましょう!

レザー製ソファ・・・高級感、男性的なイメージ、自然素材の風合いを演出してくれる
メリット:経年美化を楽しめる・ホコリがつきにくい・掃除がしやすい
デメリット:夏場のべたつき・冬場のヒヤッと感・ひび割れするものもある

ファブリック製ソファ・・・優しい風合い・女性的・温かみを演出してくれる
メリット:温かい・交換カバーが使える・通気性がいい・色柄が豊富
デメリット:汁物をこぼすと染みる・掃除がしにくい・経年劣化の見栄えに変化する

ファブリック製のソファの場合、メーカーによってはソファの布地と合わせたクッションをオーダーメイドすることも可能です。
後から選んだクッションがお部屋に合ってなかった・・・なんてことも良くあるので、ソファ購入の際にはクッションも視野に入れておきたいところですね!

布で自分だけの空間を演出しよう!

ファブリックと一言で言っても取り入れ方は様々ですよね!
その他にも、ティッシュケース、テーブルクロス、ベッドカバーなどインテリアに取り入れるファブリック製品はたくさんあります。
ハンドメイドで作れるのも魅力の1つです。
おうち時間が増えた今だからこそ、インテリアに溶け込んでいるファブリックに注目して自分のお気に入りの空間に仕上げて下さいね!

 

 

合わせて読みたい

インテリアは生地で変わる。押さえておきたい”ファブリック”の種類

もう失敗したくない!インテリアショップ店員が教えるカーテンの選び方

インテリアの要!ラグやマットを選ぶときのコツ教えます。

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+