インテリアデザイン

家具選び×内装デザイン 憧れの空間づくりで失敗しないために…

     
家具と内装

模様替えを考えている皆さん!
”こんな雰囲気にしたい”という憧れの空間はありますか?

雑誌に載っているような、おしゃれで洗練された空間って憧れますよね…。
でも、実際に自分の家でやろうとすると「どこをどう手を付けていいか分からない…」なんてことも多いですよね…。

今回は、模様替えで憧れの空間を手に入れるコツをご紹介します!

なんといっても「軸」が大切!

さて皆さん、先ほど憧れの空間はありますか?と質問しましたが、実際に自分の好きな空間はこれだ!と自信をもって説明できますか?
そう聞かれると、意外と難しくはないですか?
カフェやレストランなどに行って「この空間いいなぁ」と漠然と思うことはあっても、自分の好きな空間ってこんな感じ!と自分の好きな空間をしっかり把握している方って、実は少ないと思うんです。
この、ふんわりした状態で家具や内装材を選んでしまうと危険です…。

憧れのおしゃれな空間を手に入れるためには、どんな空間にするかの「軸」を最初に決めることがとても重要です!
家具と内装

例えば家具屋さんで、「あ、この家具素敵だな!」と思う家具を買い集めたとしましょう。
イス、テーブル、ラグ、ソファ…それぞれお気に入りの一点を見つけたとします。
ところが、実際にそれらの家具を家に置いてみると、「あれ?なんか合わないな…」となってしまう…。
これ、ありがちな失敗なんですね。

それぞれが気に入った一点のはずなのに、なぜでしょう?
実は、それぞれ選んでしまうと、色味や素材感が微妙に違っていたり、空間のテイストからずれていたり、合わせてみるとそのバラつきが目立ってしまうんです。これが「なんか合わないなぁ」の原因になります。
おしゃれだと感じる空間って、家具や内装に何かしらの統一感があるんですよね。この統一感を出すための「軸」を決めるのがコツなのです。

「その家具や内装材は、あなたの目指す空間に合いますか?」
それを判断するために、明確な「軸」を決めておくことが、空間づくりではとても大切です!
さあ、まずは軸を決めてみましょう!

テイストから考えてみよう!事例1

まずは、軸となるテイストを決めてみましょう!
北欧テイスト、和モダンテイスト、カリフォルニアテイスト、ヴィラテイスト・・・・・最近は本当にいろんなテイストがありますよね。
自分の好きな空間が何テイストか分からない…!そんな方もいると思います。でも、大丈夫です。
そんな時は、「心地いいな~」「こんな感じ好きだな~」と思った写真や事例をピックアップして、一つ決めてしまいましょう!

軸となるテイストが決まったら、その空間を分析してみましょう。
「空間」と一言にいっても、床の色だったり、壁の色だったり、窓装飾だったり、家具だったり、たくさんの要素が集まって空間ができています。
その空間には、どんな色味、素材感、形のものが使われていますか?

写真の物件を例にして考えてみましょう。

家具と内装

シンプルモダンやスタイリッシュモダンなどといわれる雰囲気の空間ですね。

どんな色が使われていますか?濃い?淡い?明るい?暗い?
⇒モノトーンを中心にまとめられていて、白なら白、黒なら黒、のようにはっきりした色を使っていますね。

どんな素材が使わていますか?木?石?鉄?
⇒石や鉄などの無機質な素材が多く使われていますね。

どんな形?直線?曲線?すっきりしている?こってりしている?
⇒カウンターや家具は洗練されたシンプルな形で、窓装飾も直線的なものが使われていますね。

こんな感じで分析してみると、なんとなく空間づくりをしているものの特徴がわかってきますよね!この特徴をまねることがポイントです。
逆に、この空間に淡い色の座面の木製の装飾が施されたチェアが置いてあったら、なんとなく合わないなぁと感じませんか?
家具と内装
それは、軸からそれてしまっているからです。

テイストから考えてみよう!事例2

もう一つ事例を見てみましょう。この空間はどうでしょうか。
家具と内装

どんな色が使われているでしょう?
⇒飴色に日焼けした木の赤茶色が印象的ですね。全体的に赤身を帯びた色が使われています。

どんな素材が使われていますか?
⇒節が入った無垢材、木製の障子など、木がたくさん使われていますね。革張りのソファ、生地の柔らかさが伝わってくる布製の窓装飾など、先ほどの事例とは対照的に、自然素材や有機素材がふんだんに使われていますね。

どんな形ですか?
⇒建具や天井の凹凸など、すっきりとしているというよりは装飾的ですね。ラグも手編みで作られたようなカジュアルさがあります。

最初の事例とはずいぶん印象が違いますね。この空間に、さっきの空間に置いてあった家具を置いたら、きっとしっくりこないと思います。このような空間を目指すのであれば、職人さんが手作りしたような家具や、自然素材を感じる石や木をうまく取り入れたもので合わせてあげると良いですね。

いかがでしょうか?なんとなく、おしゃれな空間は、空間を作っている要素に統一性があることがわかっていただけたかと思います。
このように、色味、素材感、形の特徴を抑え、統一しながら家具や内装選びをしていくと、まとまりのあるおしゃれな空間が実現できます。

押さえておきたいもう一つのポイント!

空間づくりは奥が深くて、他にも色のトーンだったり、バランスだったり、考えるときりがありません…。

そこで最後にもう1つ、簡単におしゃれな空間を作るポイントをお伝えしますね。
それは、空間の中で大きな面積を占める部分の色を、3色以内にするということです。

床・壁・家具って、空間の中でとても大きな面積を占めていますよね。
ここで何色も取り入れてしまうと、それだけでばらついた印象に見えてしまいます。なので、できる限りこの色を3色以内にすることで、まとまりのある空間に仕上げることができるんです!

リノベーションと同時に家具も買い替えるという方は問題ないですが、家具だけ買い替える場合、もともと使われている色がポイントになってきます。
その場合は、今のお部屋の床や壁の色をチェックしてみてください。軸のテイストの素材感や形は参考にしながらも、色味は床の色などに合わせていくと、よりまとまった模様替えをすることができるでしょう。

要素をまねしていこう!

空間って人の数だけ好みがあるので、もちろん正解なんてありません。
ただ、なんとなくいつもこうしたいというイメージがあるのにうまくいかないんだよなぁ~という方に、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。
好きな空間の軸を絞って、色味、素材感、形、これらの要素をまねするところから、ぜひ初めてみてくださいね!

 

合わせて読みたい

コンセプト×インテリア=素敵なお部屋の出来上がり♪

家の空間をデザインする!おしゃれなインテリアデザイン入門

購入前に要確認!快適に暮らすための家具の選び方を教えます!

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+