インテリアデザイン

自宅に取り入れたい!北欧インテリアのすすめ

     

最近人気の高い北欧インテリア。自分もそんな家に住んでみたいと憧れている方も多いのではないでしょうか?一見すると組み合わせが難しそうなデザインのものが多いですが、色や素材などを上手に組み合わせれば一気にハイセンスな空間が出来上がること間違いなし!

ここでは北欧インテリアの簡単な組み合わせ方法や特徴をお伝えしていきたいと思います。

北欧ってどこ?北欧のインテリアってどんな感じ?

 

北欧とは北ヨーロッパ地方で、ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フィンランド等が有名です。日本で北欧の家具といえば、スウェーデン発祥の大手家具メーカー「IKEA」は有名ですよね。北欧は寒い地域で日照時間も短いため、日が暮れるのが早く家にいる時間が長いと言われています。家にいる時間が長いからこそ、こだわりのあるインテリアが生まれたのかもしれませんね。
また、北欧風インテリアは照明も重要です。日本は「1室1灯」という考え方が当たり前で、1部屋に対してシーリングライト1灯で明るさを保つことが多いです。しかし、北欧の考え方は日本とは異なり、1部屋にデザイン性の高い照明をいくつか配置することで、必要な分だけ明かりを灯し、点けていないときはインテリアとして照明を楽しむというものです。照明はただ明るくするものではなく、それ自体もインテリアとして取り入れるのが北欧の特徴です。


北欧と聞くと、マリメッコのようなカラフルな家具をイメージする方も多いかと思います。しかし、ベースとなるのは温かみのある木の質感と、白やグレー等落ち着いた色で構成された空間です。日本の住宅も、床が木のフローリングで壁や天井が白のクロスということは多いのではないでしょうか?それを考えると、私たちでも真似しやすいのが北欧インテリアの特徴ですね。

 

 

北欧インテリアのこだわり

北欧な空間はシンプルとお伝えしましたが、北欧風家具はこだわりが詰まっています。例えば「チェア」。金属や革の素材ではなく、木製や布製のチェアを使用するのがポイントで、機能性も座りやすさにこだわっているのと、デザイン性にもこだわりが感じられます。ただ座るだけではなく、グリーンを置くことにも使用されます。また、木製のチェアは硬いイメージがあるかもしれませんが、北欧風のチェアは丸みがあり、「木の優しさ」が感じられるものが多いです。

それから「照明」にもこだわりがあります。こちらもデザインが独特で、先ほどお伝えしたように明るく照らすという概念よりも、家具としての存在を楽しむものとして使用されるので、存在感のあるデザインが多いです。また、照明の光方を計算して優しい光を演出するためにシェードの部分にこだわりのある照明もあります。

これがオススメ!北欧インテリアグッズ

ベースの空間を作り上げたら、インテリアグッズも置いてみましょう。インテリアグッズでおすすめしたいのが、「ファブリックパネル」です。お気に入りの布を使って自分でも作れるパネルです。シンプルに作り上げたお部屋に、挿し色や楽しい柄を入れるのにもってこいのインテリアグッズです。壁に掛けたり、立てかけたりするだけでもぐっと空間がおしゃれになりますよ。また、小物を置きたいなら「リサ・ラーソン」はいかがでしょうか。リサ・ラーソンはスウェーデン出身の陶芸家で、北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親です。インパクトのある小物や雑貨が多く、北欧風インテリアにはもってこいです。

 

暮らしに安らぎを与える北欧インテリア

いかがでしたか?北欧風インテリアは難しそうに見えますが、、ポイントを抑えれば日本の住宅でも取り入れることが可能です。北欧風インテリアに憧れていた方は、ぜひとも試してみて下さいね!

 

合わせて読みたい

【一挙解説】なぜ日本のインテリア市場では「北欧」が人気なのか?

人気テイスト「北欧」とは?今さら聞けない基本をおさらい!

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+