リフォーム

【実例】思い出と暮らす~家族と太陽の温かさに包まれるLDK

     
リフォーム実例

自分たちの生活をより良いものにするために、住まいを新しくしよう!と思っている皆さん。
住まいを新しくするには、新築・建て替え・リフォーム(リノベーション)といった大きく分けて3つの方法があります。
すでに持ち家があり、そこで生活をされている方だと、建て替えかリフォームで検討される方が特に多いと思います。

今回お話を伺ったH様ご家族も、最初は建て替えかリフォームで検討されていましたが、思い切ってリフォームをご決断されました。
なぜH様はリフォームに決めたのでしょうか?
リフォームのきっかけや住まいへの思い、こだわりのポイントなど、お話しを伺いました。

リフォームのきっかけは?

H様ご家族は、奥様のおばあ様から譲り受けた2階建ての戸建てのお家にお住まいでした。
築50年ほど経っており、老朽化や間取りの使い勝手の悪さに悩んでいました。
リフォーム実例 リフォーム実例 リフォーム実例


最初は建て替えかリフォームで迷っていたH様…。
おばあ様から譲り受けた家であることがリフォームを決断する大きなきっかけになりました。

「受け継いだ思い出のある家で長く住み続けていこう」

こうして、数社リフォーム会社を見学し、打ち合わせを行った中でH様が出会ったのが、ONOYA
他社と比較してプラン内容が気に入ったのはもちろんですが、ONOYAの担当者とならば楽しく家づくりができそう!と、リフォームをご決断されたのです。

住まいへの思い

北欧風の明るく温かみのあるナチュラルテイスト

これがH様ご希望のコンセプトでした。

具体的には

  • 使っていない2階部分をなくし、平屋にしたい
  • 明るくナチュラルな雰囲気にしたい
  • 適材適所に収納があり、家事動線の良い間取りにしたい
  • メンテナンスが少なくて済む材料を使用したい

といった条件を求められていました。

小さいお子さんがいるH様ご夫婦は、子どもたちがのびのびと生活できるように、
そして家族4人がこれからも長く心地よく暮らせるように…と望んでいました。

こうしてH様ご家族はたくさんの希望と夢を持って、理想のお家を作り上げていったのです。

こだわりのポイントは?

担当者と何度も仕上がりの確認・打合せを行いながら家づくりを進めていったH様。

最初の要望の通り、使っていない2階部分をなくし平屋のお家へと生まれ変わりました。
リフォーム実例
対面キッチンと、必ずリビングを通るようになっている各個室への動線が、家族のコミュニケーションをよりとり易くしてくれそうですね。

また、2階部分の空間を利用したことで、天井の高い広々とした空間になりました。
この高い天井を活かして高窓も設置しています。
高窓と明るい色合いの仕上げの内装材のおかげで、室内の明るさの確保もバッチリです!
もちろん寒さ対策のために断熱工事もしっかり行ったそうです。
リフォーム実例

構造上必要になる補強用の梁も、担当者のアイディアで強すぎない空間のアクセントになりました。
H様ご希望の明るい空間の仕上がりになるよう、白系のナチュラルな色で塗装をして仕上げたそうです。
リフォーム実例
圧迫感もなく素敵な仕上がりですね。

リフォーム後のお気持ちは?

全面リフォームをしたからということもありますが、過ごしやすい空間づくりができたと思います。
要望した内容にアドバイスを頂いたり、逆に提案して頂いた内容に「こうしたい」という要望を取り入れて頂いたりしました。
ONOYAさんと私たち家族で作り上げた家だと感じています。
毎日帰宅するのが楽しみです。


H様の言葉からはとても満足している様子が伝わってきました。
担当者との密な打ち合わせができていたからこそ、理想通りの住まいが実現できたのかもしれませんね。

過去も未来もまとめて…

より良い住まいを手に入れたい。未来の生活も大切にしたい。でも思い出も大切にしたい。
そんな方にはリフォームはぴったりの選択かもしれませんね。
H様ご家族のように、理想の住まいを手に入れて、豊かな生活ができたら素敵ですね。

 

合わせて読みたい

【実例】築50年の住宅を大改修!新築<リノベーションを選んだ理由

【実例】実際に見て分かった!思い描いていた“ハッピーのカタチ”

毎日がより暮らしやすくなる「理想の間取り」の考え方

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+