家づくり

上質なシンプルはこんなにも心地いい。 緑と暮らす、インナーバルコニーのある家

     

「緑を眺めて暮らせる中庭が欲しい」との要望を受け、T邸を設計した株式会社desus(デサス)建築設計事務所(以下desus)。 中庭を望むLDKには室内感覚で使える広いインナーバルコニーもあり暮らしの楽しみは無限大。持ち前のセンスと妥協のない設計でつくる 「ひとつ上のシンプル」を体現した空間とは?

中庭で、プライバシー確保と
緑に囲まれた暮らしを両立

屋根付きの玄関ポーチ。ポーチ床はコンクリートに着色したシンプルな仕上げ。視線の先には中庭が広がる

中庭から邸内を見たところ。シンボルツリーであるシマトネリコの奥の木製ドアが玄関。玄関を入ると中庭を眺めながら2階のLDKにのぼる階段があり、毎日必ず使う動線で気持ちのよい緑を満喫できる

勾配天井がおおらかな開放感を生み出す2階LDK。写真左は中庭に面した大開口。写真奥のキッチンの上部にはハイサイド窓がある。どちらからも燦々と自然光が差し込み、明るく居心地のよい空間となった

写真左はアウトドアリビング感覚で使えるインナーバルコニー。道路側の壁と屋根に守られ、天候に左右されずバーベキューやガーデニングなどを楽しめる。このバルコニーは中庭を挟んだ向かいのゲストルームと対になっており、道路から見るとシンメトリーな美しさが際立つ

 

自然豊かな環境の戸建てで、2人のお子さまをのびのび育てたいと考えていたものの、思い通りの土地と建築家になかなか出会えずにいたTさま夫妻。だが、あるとき鎌倉の友人宅を訪ねたのをきっかけに、家づくりが大きく動き始めることになる。

緑豊かな周囲の環境に溶け込み、かつ、緑を上手に取り入れた友人の家の心地よさに惹かれたTさま夫妻は、「同じ環境で同じ建築家につくってほしい」と考えるように。さっそく土地を購入し、友人宅を手がけたdesusの稲垣裕行さん・花形将壽さんに設計を依頼した。

ところがT邸の建設予定地は2つの道路に面した角地で、周囲の緑を取り込む家づくりを計画するとプライバシー面の懸念が生じる状況だった。そこで、「緑を眺める」と「プライバシー確保」を両立すべく生まれてきたのが「中庭のある家」というプランだ。

完成したT邸は道路側に中庭と木製フェンスを配置し、光を採り入れながら外部の視線をシャットアウト。建物は中庭を囲むコの字型で、どこにいても外とのつながりを感じられる造りになっている。

植栽に彩られたアプローチを進み、玄関ポーチにたどり着くと正面に中庭が現れ、うれしい驚きを与えてくれる。そして邸内に足を踏み入れると、ガラス越しの中庭を眺めながら2階に上がっていく階段が。

階段の先は中庭側の大開口とハイサイド窓から陽光が降りそそぐ、勾配天井ののびやかなLDK。この動線には、「玄関からLDKに行くまでに突き当りをつくらず、中庭に沿って移動できるようにして、緑の眺めと空間の広がりを得る」というdesusの設計意図がある。また、ハイサイド窓は近隣の山の緑を切り取るピクチャーウインドーの役割を果たしており、近くの中庭の緑と遠くの山々の緑をともに感じることで奥行き感が生まれ、より「緑に囲まれている」と感じる。

T邸が屋外の自然とのつながりを感じられる住まいになったもう1つのポイントは、LDKのリビング側にある広いインナーバルコニーだろう。バルコニーへの掃き出し窓は壁の端まで大きく取られ、床の段差もないため、リビングがそのまま空中へ伸びたような一体感。バルコニーの道路側は壁で囲われ屋根もあり、人目も天候も気にせずに過ごせる。

「中庭をつくると決めたとき、中庭からいろいろなアクティビティが広がっていくといいな、と考えました」と稲垣さん。アウトドアグッズのメンテナンスなどができる屋根付きの玄関ポーチや、室内感覚で使えるインナーバルコニーは、desusのそんな発想からつくられたもの。いずれも中庭に面し、緑のそばで何かをする楽しさを満喫できる。

T邸は、毎日使う動線や、いつもいる場所、何かをする場所のすぐそばに中庭がある。暮らしを十分にイメージした設計のおかげで中庭の緑は日常にすんなり溶け込み、Tさま家族は念願の「緑に囲まれた暮らし」を手に入れた。
 

家具が引き立ち、愛着の湧く住空間
「心地よいシンプル」の魅力

こだわりの設備を入れた造作キッチン。名古屋モザイク工業の輸入タイルが高級感を醸し出す。キッチンの裏には、書斎としても使えるパントリースペースがある

近隣の山々を望むハイサイドのピクチャーウインドー。近くの中庭の緑と遠くの山の緑が空間の奥行きを生む

子ども部屋のベッド&カウンターデスクは、子ども部屋の両端に2つ造作。将来2部屋に分けても問題なく使える

 

デザイン性の高さに定評のあるdesusの家づくりは、T邸でも健在だ。ここでいうデザイン性の高さとは、空間そのもののトリッキーな個性ではなくむしろ逆。ルイスポールセンやトム・ディクソンの照明器具、高級感あふれる造作キッチンなど、Tさま夫妻が選んだ家具や設備を引き立てる、上質で美しいシンプルな建築だ。

そもそも、住宅というものは生活感のある設備などがどうしても存在し、本当の意味でシンプルにするのはかなり難しい。しかしdesusが本当の意味でシンプルを極める配慮と設計力はすごいのだ。エアコンなどの家電や設備を極力隠し、施工も細部までこだわって、ホテルかはたまたギャラリーか……? というほど、余計なものがない心地よい空間をつくってくれる。

Tさまのリクエストで全館空調も取り入れているが、その空気の経路も空間デザインの心地よさを損ねないように熟考し、屋外設備は玄関ポーチの壁にさりげなく潜ませた。仰々しい機械や興ざめな給排気口はどこにもなさそうなのに、T邸は常にきれいな空気に満たされる快適性も備えているというわけだ。

一方で、要所要所でアーティスティックなセンスも発揮して、見た目のカッコよさや楽しさもプラスする。例えば、お子さま2人の子ども部屋につくった造作ベッド。このベッドは、上のベッドと下のスタディコーナーを垂直に交差させた公園の遊具のようなデザイン。机にいるときとベッドにいるときでは見える景色が異なり、梯子の上下移動もワクワクして、子どもが無条件に喜びそうな楽しさがある。

「私たちの希望を専門知識と素敵なアイデアで膨らましてくださったdesusさんには、本当に感謝しています」とTさま夫妻。「遊びに来た方が驚くような奇抜さはないけれど、年齢を重ねても落ち着いて気持ちよく暮らせる家になりました」という夫妻の言葉は、desusがつくり出す「心地よいシンプル」の魅力を何より物語っているだろう。
 

間取り図

1F

2F

 

お家のデータ

施主:T邸
所在地:神奈川県鎌倉市
家族構成:夫婦+子供2人
間取り:4LDK
敷地面積:164.98㎡
延床面積:116.1㎡
予 算:3000万円台

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+