リノベーション

【事例で解説!】LDKリノベーションのススメ

     

最近よく聞く「リノベーション」。家を劇的に生まれ変わらせることを想像する方が多いのではないでしょうか?
「リノベーションするとなると、家を一軒まるごと変えなければならないのでは?そうなると費用もかかってきそう…」と思う方が多いと思います。
でも安心してください!家全体ではなく、部分的にリノベーションする方法もあるんです。
今回は、LDKをリノベーションした事例をもとに説明していきます。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 イベントの詳細はこちら▶

古い住まいを最低限住めるようにリノベーション

親族の方から譲り受けた築40年の家を実際にリノベーションした事例をもとに紹介していきます。
お施主様からは、住むにあたりリビング・ダイニング・キッチンをきちんと設けたいとのご要望がありました。
元々の家はしばらく空き家になっていたため床が弱いところが多数、年数も経っているので設備も古い、そのような状態なのでしっかり下地からつくりかえるという形でスタートしました。
予算が限られていること、当分は少人数で住むということを踏まえリビングと居室もう一部屋だけをリノベーションすることにしました。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 資料請求はこちら▶

キレイにするだけじゃダメ、リノベーションで性能面にもこだわりを

ただキレイにするだけではリノベーションとは言えません。定義はいろいろあるかと思いますが、この事例は再び数十年住めるように床壁天井を壊して作り替え、さらにリノベーションの該当箇所にはしっかりと断熱材を入れて既存箇所と隔てました。

こうすることで新しくつくった箇所は断熱性能を上げることが出来、エアコン1台で快適に過ごすことのできる空間になりました。
もちろん断熱に大きく関わる窓のサッシも新しいものに入れ替え、より断熱性能が向上しています。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 資料請求はこちら▶

リノベーションで+α!心地よい見た目に

内装もブルーグレーのタイルをアクセントにカフェ風の雰囲気に仕上げました。広めのカウンターをリビングに設けたので、二人並んで作業をするということも可能になっています。

天板の見た目などもカフェ風の雰囲気を出せるように木口がウエハース状に見えるものを選定しています。基本的にはスッキリとした雰囲気に仕上げていますが、タイルや木材でアクセントを付けて、そこに合う家具をトータルでコーディネートすることでより上質な空間に仕上がりました。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 ショールームの詳細はこちら▶

部分的でも立派なリノベーション

今回のように、家全体ではなく部分的でもリノベーションは可能です。リノベーションの定義はいろいろあると思いますが、ここでは見た目+断熱性を高めることを指しました。特に断熱のポイントとしては施工箇所と既存箇所をしっかり区切るように断熱してあげること。そうすることで部分的でも性能と見た目が格段に良くなったお部屋を手に入れることが出来ます。住んでいる人数が少ない方や部屋数が多くて持て余しているなんて方は減築するよりも使う部分だけしっかりと見直してリノベーションをするとお得に快適な住まいが手に入るので、是非選択肢の一つにいれてみてください。

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+