リフォーム

ライフプランは、もう計画済み?お家購入時にやるべきこと

     
ライフプラン


収入や生活が安定し、家族が増えると、マイホームを購入しようと考えられる方がいらっしゃるかと思います。

ですが、住宅を購入するのって、なかなか難しいですよね…。
資金面で将来のことを考えると、不安になってしまう方も多いはず。

現に、人生の3大資金といわれているのが「子どもの教育資金」・「退職後の老後資金」・「住宅取得の購入資金」。
その中でも「住宅取得の購入資金」は、人生最大の買い物と言われるくらい多くの割合を占めています。

また、先日国からは老後には2,000万円の資金が必要になるとの発表がありました。
そうなってくると、どれくらいお金を貯めなければいけないのか、どうやりくりしたら良いか、将来に不安を感じてしまいます。

もし不安になった時は、ライフプラン(人生設計)をしっかり考えて、住宅を購入する時のために、いろんな事を準備することが大事です。
今回は人生最大の買い物である住宅購入にあたってのライフプランに焦点を当てて、ご紹介していきたいと思います。

ライフプラン

ライフプランを立ててみる


まず、最初に行うことは、ライフプランを立てることです。

何歳で何が起こる
何かを行う
何かを購入する

といった内容をざっくりでいいので、年表を作り、記載していくことが大事です。

例えば、就職・転職、昇格、車の購入、結婚、出産、子どもの進学・受験など、起こりうる様々なことを記載いたします。
そこで起こりうる出来事に分けて、細かくどのくらいの支出・収入があるのかおさえておくのがポイントです。

そうすれば、その出来事が起こった時に戸惑うことなく対策を講じることが出来るようになり、マイホームを購入するタイミングが、どの時期だとよいのか把握できるかと思います。


【ライフプランの支出一例】

□結婚

総務省統計局「家計消費状況調査通信」(2015年10月)によると、挙式や披露宴費用の自己負担額の全国平均が約90万円ほどでした。そのほか結婚・婚約指輪の購入、顔合わせや結納費用、ハネムーンなど様々な費用がかかることでしょう。また家庭ごとに差はありますが、多めに見ておいた方がよいかもしれません。

ライフプラン

□出産

国民健康保険中央会「正常分娩分の平均的な出産費用について」(平成28年度)によると、入院料や分娩料、検査などの出産に関わる費用すべてが含まれて、全国平均が505,759円です。ちなみに最も高い都道府県は「東京都」で 621,814円、最も安い都道府県は「鳥取県」で396,331円でした。この差が20万円程度あるので、お住まいの都道府県が高いのか安いのかこの機に調べてみるのはいかがでしょう。

ライフプラン

□教育

文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果について」より、幼稚園から高等学校卒業までの15年間の学習費総額は、全て公立だった場合が約540万円なのに対し、全て私立だった場合は約1,770万円と差が1,000万円以上もありました。さらに大学へ進学するとなるとまた費用がかかるので、子どもが生まれてから高校卒業までの間にしっかりと貯蓄しておくことが大事になってきます。

ライフプラン

□住宅

住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2018年度」内にある種別ごとの平均購入価格によると、新築マンションが4,437万円、土地付注文住宅が4,113万円、建売住宅が3,442万円、注文住宅が3,395万円、中古マンションが2,983万円、中古戸建2,473万円となっております。
2017年度のデータと比べてみると、総数はさほど変わりないですが、注文住宅・土地付注文住宅・新築マンションは約4,300件ほど減少し、建売住宅・中古戸建・中古マンションが4,000件ほど増加しております。以上より、ライフプランニングをしっかりされる方が徐々に増えて、住宅にかけるコストを減らしている方が多い様に思えます。

ライフプラン

□老後

総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)」によると、退職した高齢夫婦の毎月の生活費等の支出額平均が約27万円となっております。もしここの生活費に住宅ローン分の返済がプラスになると考えると、毎月の支払いが40万円近くになることも…。これからは定年が延長し、年金受給が厳しくなる可能性があります。直近の将来だけでなく、先々(老後)のこともプランニングしなければいけません。

ライフプラン

住宅購入をするタイミングはいつ?


ライフプラン

総合的なライフプランについて前述しましたが、ここでは人生最大の買物である「住宅購入」のタイミングについて考えていきたいと思います。

まずは、お家を購入された方が何歳で購入されているのか気になると思いますので、国土交通省 住宅局の「平成30年度住宅市場動向調査報告書」を参考に見ていきます。

種別ごとの世帯主(一次取得者)の平均年齢は下記の通りです。

・注文住宅…40.4歳(69.3%) 665万円
・分譲戸建…37.7歳(76.7%) 694万円
・分譲マンション…38.8歳(84.1%) 838万円
・中古戸建…43.5歳(66.8%) 628万円
・中古分譲マンション…42.1歳(70%) 672万円

平均年齢の後ろの( )内に30代と40代で購入された方の合計割合を記入いたしました。
この割合からしても、過半数以上の方が30代後半~40代前半で購入される方が多いということが見受けられます。

その要因というのも、( )の後ろに記載した種別ごとの世帯の平均年収が関係してきておりまして、収入や生活が安定した時期なのではないかと思います。

収入や生活が安定してくると住宅ローンが組みやすくなり、理想の物件に出会える方が多くいらっしゃるのかもしれません。
なので住宅購入の目安としては、年齢もそうですが収入も参考にしてみるのが良いかもしれません。

ただ住宅購入を早い段階で検討されている方は、老後の資金もありますので、あまり先延ばしにせず、思い立った時にご相談されることをお勧めいたします。

住宅購入に必要な資金はいくら?


ライフプラン

ライフプランが形成され、住宅を購入する時期が確定すれば、あとは購入するのみとなりますが、購入する物件の金額が合っているのか(支払金額に無理がないか)が不安なところです。

ここでは、購入可能金額についてみていきたいと思います。

まず購入するときに自己資金についてです。

従来の考え方としては、物件価格の1~2割程度を自己資金でまかなうということが一般的でしたが、金利が安くなって、お金を借りやすくきたこともあり、頭金が不要になってきました。
ただ落とし穴があって、自己資金を出さない代わりにその分の利息がかかってくるので、可能であれば無理のない範囲で自己資金を出されることをお勧めいたします。


頭金の準備金額が決まれば、購入する金額を決めることになりますが、ここで気を付けたいポイントを以下に記載いたします。

①物件価格だけでなく、購入金額の10%を諸経費に予め把握しておく
②住宅ローンを借入する場合は、金融機関によって金利や条件、特色が異なるので、いくつか仮審査を通して内容を把握する
③住宅ローンで変動金利を選ぶ方は、金利が上がった場合のことも考えて余裕を持った資金計画をする
④中古物件の購入を考えられている方は、少なからずリフォーム・リノベーションがかかることを前提とし、その予算を予め確保する


住宅購入で必要な資金は上記のポイントを意識して、資金計画を入念に行っていただければ、失敗のない住宅購入ができるでしょう。

良きパートナーに出会うには!


ここまで、住宅購入の時期や資金について紹介してきましたが、お家を探すうえで、もう一つ大事なことがあります。

それは不動産会社や住宅メーカーなど、お家のことならなんでも相談できて、頼りになる良きパートナーの存在です!
何でも相談できるパートナーがいるといないとでは安心感が大きく違いますし、何よりもよい物件に巡り合える確率が高くなります。

ライフプラン

お得になる方法だったり、税や諸経費の優遇など有力な情報も教えてくれるかもしれません。

物件量があるのかどうか、リフォームが得意かなど、会社によって得意分野は異なるので、まずはお近くの不動産会社や住宅メーカーさんに相談されることをお勧めいたします。

将来をしっかりと考え、安心なライフプランを立てましょう!


住宅購入をする上でのライフプランを見てきましたが、一番気を付けておきたいのは住宅ローンを組んだ後です。
育休や産休で収入が一時的に減ってしまう時、また子どもの進学等で支出が大きくなってしまった時に、無理のある返済をしていないかどうかです。

もし無理がある場合、生活を切り詰めなくてはならなかったり、子どもや自分たちのやりたいことが出来なかったり、最悪のケースでいうと「購入した自宅の売却」にもなりかねません。

今後の人生をより安心して生きていく為に、ポイントをおさえたライフプランをしっかり考えて、前準備をしっかりしていきましょう。

ライフプラン

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+