ミニコラム

身近なものが意外と使える!梅雨のカビ・湿気対策のご紹介

     
梅雨のカビ対策

月も中盤に差し掛かり、いよいよ来月から6月ですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

6月と言えば、紫陽花やジューンブライドなどいろいろありますが、何と言っても梅雨の季節!
梅雨入りすると毎日のように雨が降り、洗濯物を部屋干ししたり、湿度が高い状態が長く続いたりしますよね。

そこで気になるのが、カビの増殖!
気を付けてはいても、普段からそこかしこで見られるカビの増殖は、梅雨の湿気によってさらに増加傾向に…。

そこで今回はカビの増殖に待ったをかける!
梅雨のカビ対策をご紹介します!

身近なアイテムで除湿 ~新聞紙編~

梅雨のカビ対策

「カビ対策で何か買わなきゃいけないのかな?」と、お考えの方も少なくないと思います。

でもそんな必要はありません!
なんと、どのご家庭にもある新聞紙、これを使えば除湿は十分に出来るのです!

実は新聞紙っていうのは、普通の紙と比べてより水分を吸いやすい素材でできているのだそうです。
なので、湿度の高い布団やマットレスの下などに、新聞紙を敷くだけでも十分除湿することができます。

また、部屋干ししている洗濯物の下に敷くだけでモ、洗濯物の乾きが早くなる優れものなのだそう!

さらに、雨に降られたびしょ濡れの靴にも、新聞紙は一役買うことができます!
びしょ濡れの靴の中に新聞紙を丸めて詰め、一晩置いて、後日天日干しすることで、乾かす時間を短縮できるのです。

カビや生乾きのイヤな匂いも一緒に除去 ~木炭編~


梅雨のカビ対策

湿度が高くなりカビが増殖した時、空間のカビや洋服の生乾きの匂いなんてのも気になりませんか?
そこで、匂いも一緒に除去できる優れもの、木炭をご紹介します。

使い方は簡単!
湿度が高い場所や匂いが気になる場所に置くだけ。
期限は特に無く、半月ほど使用して効果が薄れてきたら、天日干しすれば回復し何度でも使うことができます。
半永久的に使えるので、とてもおすすです!

木炭であれば、除湿剤のように何回も買い直すなんてこともないので、家計にも優しいですよね。

調湿機能で除湿・脱臭 ~エコカラット編~

梅雨のカビ対策

「いやいや、新聞紙も木炭も試したけど、もっとガッツリ除湿したい!カビ対策をしたい!」
そうお考えの方にぴったりなエコカラットをご紹介します!

エコカラットとは、LIXILで販売されている調湿機能があるタイル建材です。
湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を放出します。
効果は珪藻土(けいそうど)の約6倍、調湿壁紙の25倍以上もあります。

さらに脱臭もできるため、カビや湿気、生乾きの匂いを抑えることができます!
他にもトイレや生ゴミ、タバコ、ペットなど、普段の生活で気になる匂いも、一緒に脱臭することができるのです。

カビや湿気対策はもちろん、加湿や脱臭などをしっかり行いたいのであれば、内装材にはエコカラットに使うことをおすすめします!

梅雨の時期も快適に過ごしましょう

梅雨のカビ対策

今回は梅雨のカビ対策について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

梅雨対策を調べた結果、個人的には新聞紙がこんなに活躍するとは思ってもみませんでした…。
今年は新聞紙や木炭を使ってカビ対策、挑戦してみようかなと思います。

毎年、梅雨時期のカビや除湿で悩んでいた方は、ぜひ一度試してみてくださいね。
梅雨の季節は雨の日が続きますが、しっかり除湿対策をして、快適な生活を送りましょう!

 

合わせて読みたい

梅雨の体調不良はジメジメが原因?取り入れたい解消アイテム3選!

梅雨に入る前に知っておきたい!お風呂場とキッチンのカビ対策法

天気が悪くても安心!洗濯物を快適に部屋干しする方法

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+