リフォーム

最新のリフォーム事例から学ぶ、収納×デザインであなたらしい住まいのつくり方

     

今お住まいの家で生活をしていて、不便だと感じることはありませんか?「収納が少ない!」「お掃除がしにくい!」など、日々の生活に不満を感じている方も少なくないのではないでしょうか?そんな方にこそ、リフォームがおすすめ。古くなった部分(キッチンやお風呂など)を新しくするのはもちろん、今までとはガラッと雰囲気を変えた空間に大変身させることができるのもリフォームの良いところです。
今回は家づくりでも特に重要な「収納力」を向上させつつ、同時にデザイン性も格段にアップした最新リフォーム事例をご紹介しています!

リフォーム&増改築ならONOYA東京 来店予約はこちら▶

リフォーム事例①ラグジュアリーなシンプルテイスト

最初に紹介するのは、洗練されたシンプルテイストです。モノを常に収納しておきたい方、空間をスッキリとさせたい方にオススメのテイストです。

元々はシンプルなテイストとは真逆の、カントリー調の可愛らしい住まいでした。収納スペースが少ないとどうしても空間が散らかってしまうので、必要な所に収納を設けながら、シンプルテイストに仕上げると…

こんなにすっきりと、広い空間になります。

素材はグレーやホワイトカラーのものがベースとなっており、あえて他の色を加えなくても十分デザイン性に優れた空間となっています。

毎日の片づけが楽しくなりそうですね。

シンプルテイストにしたい時は、壁紙や家具を無彩色で統一させると上質で綺麗に仕上げることができます!

 

リフォーム事例②自然素材を生かしたジャパニーズモダン

次は人気の高いジャパニーズモダンなテイストを紹介します。
ジャパニーズモダンは名前の通り和の雰囲気を演出します。自然素材を多く使用し、畳の空間があったり、縦格子を入れることで和の雰囲気を強めることができます。

この事例では、キッチン部分に石のタイルを使用しています。
また、床はオーク素材で統一しており、タイルとの相性が抜群ですね!

玄関ドアに縦格子を選定することで和な雰囲気を演出し、さらに収納もたっぷりと設けていますが家全体の雰囲気を崩すことが無いように設計されています。

リフォーム事例③可愛すぎないフレンチテイスト

最後に紹介するのは、女性人気の高いフレンチテイストです。
フレンチテイスト言っても、今回紹介するのは色味を抑えた“シャビーシック”なデザインです。濃い色というよりは淡い色のブルーやグレーを使うことで、大人可愛いフレンチの雰囲気にすることができます。

様々な場所に少しずつ、黒いアイアンやゴールド素材を取り入れることでフレンチさを演出することができます。
この事例では、壁面収納を全体の雰囲気に合わせて淡い色で統一させることで収納力を格段に向上させながらもテイストに馴染むようデザインされています。

また、洗面台をメーカーの商品ではなくオリジナルで設計し、世界に1つの洗面室をつくりました。この洗面台も、淡い色で塗装をすることによりフレンチな雰囲気をより際立たせることができます。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 バスリフォームをするならONOYA東京

リフォームは今より快適に生活するためのものです!

いかがでしたか?
リフォームで適材適所に収納を設けて、デザイン性のあるリフォームを組み込み自分らしさを出した物件を3つご紹介しました。
「あなたらしい住まい」のイメージは湧きましたか?ぜひ、参考にしてみてくださいね!

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+