リノベーション

リフォーム?リノベーション?我が家に合うのはどっち?

     
リフォームとリノベーション

「リフォーム」「リノベーション」「DIY」等、最近ではテレビ・雑誌でよく聞く言葉になってきましたね。
実際に我が家のここを新しくしたい!こうなったら嬉しい!と考えている方も多いと思います。
しかし、それぞれの言葉がどう違うのか、我が家はどれに当てはまるのかと疑問に思う事もありますよね。
言葉だけを見てどこまでがリフォームでどこまでがリノベーションなのかはあまりピンとこない方も多いと思います。
今回の内容では、リフォームとリノベーションの違いを解説していこうと思います!

1 「リフォーム」と「リノベーション」の違い

一般的に「リフォーム」とは、古くなった物を直す・補修する・新しくするという意味を指します。
お家に関わる事だと、壁紙の貼替・フローリングの貼替・畳の交換・外壁の塗装・水廻りの交換等になります。
いずれも古くなった物や状態を新しい物に交換したり補修を行い、現状に回復させることを言いいます。

例えばトイレのリフォームの場合、下記の画像のように、設備機器の取り付けや床材の交換など、限定的な工事を行うのが一般的です。
画像では壁にタイルを貼るという事もしていますが、トイレの交換を行い古い物を新しい物にリフォームしています。
before

リフォームとリノベーション

after

リフォームとリノベーション

では、「リノベーション」とはなんでしょうか?
結論からお話すると、「既存の建物に新たな価値を与える」というものになります。
間取りの変更や内外装のデザインの一新、耐震性、断熱性、遮音性の向上など、より住みやすい空間を設計するための工事全般が行われます。
リフォームに比べると工事の規模が大きく、性能を向上させるのがリノベーションになります。
では、リノベーションについてより詳しく解説していきますね!

「リノベーション」の実例

リノベーションはお家の性能を向上させるという意味もある為、ただ綺麗にすれば良いという訳ではありません。
築年数の経っているお家をリノベーションする場合、向上させなければいけない部分は断熱性・耐震性が大きな部分になります。
断熱性・耐震性が取れればそれで良いのか?いいえ、暮らしやすさもとても重要ですよね。

現在のお住まいの導線はどうでしょう?
お風呂までの距離が遠くはないでしょうか?
奥様、キッチンでご家族との距離を感じないでしょうか?
コンセントは欲しい位置にあるでしょうか?
このように断熱性・耐震性の面と内部の暮らしやすさの面、この両面を兼ね合わせたものがリノベーションとなります。
リフォームとリノベーション

リフォームとリノベーション

リフォームとリノベーション

中でも近年注目されているのが、もとの部屋を躯体だけ残して解体し、内装や設備機器を一新するスケルトンリノベーションです。
築年数の古い建物でも、家の中は新築同様にできること、間取りやデザイン・設備など全て自由に決められることから、スケルトンリノベーションを前提に中古住宅を購入する方も増えてきています。

「リフォーム」と「リノベーション」 それぞれのメリット・デメリット

それぞれのメリット・デメリットについてはどうでしょうか。

<リフォームのメリット>

  • 住みながら工事が出来る
  • コストを抑えて工事が出来る
  • 工期が短い

一般的に、トイレ工事は1日、キッチン工事は5日間、浴室工事は6日間等短い工期で、住みながらでも施工が可能です。
部分的な施工が可能な為、施工する範囲を決めてコストを抑える事も出来ます。

<リフォームのデメリット>

  • 全てが新しくはならない

水廻りのリフォームだとその部分は新しくなりますが、お家全体を新しくする事は出来ません。あくまで部分的なリフオームになります。

<リノベーションのメリット>

  • 間取りを自由に出来る(元のお家の構造にもよります)
  • 新築を建てるよりも安くお家を手に入れる事が出来る
  • 物件の選択肢が増える

お家全体をリノベーションする為、間取りを自由に設計し、理想の導線を手に入れる事が出来ます。
また、既存で使える部分を利用する為、新築と比べてコストを抑える事が出来ます。
さらに、リノベーションであれば、あとから宅内を自分好みにすれば良いので、その他の条件のみで家探しができるので選択肢の幅が広がります。

<リノベーションのデメリット>

  • 住みながらの工事が難しい

お家全体を解体して工事を進めていく事が多い為、工事期間中は仮住まいをする事になります。
その為、リノベーション費用の他に引っ越し費用、アパートを借りる場合はその費用も必要になります。

快適な住空間へ

リフォーム、リノベーションを検討する中で、まだ使える・壊れていない・もったいないと思う方も多いと思います。
このタイミングでリフォーム・リノベーションが必要なのかと疑問に思う方もいると思います。
しかし、我慢する、この部屋に合わせた生活をするのはもうサヨナラしましょう!
あなたらしさを兼ね備えた自分だけの住空間はもう目の前です。
思い切って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

合わせて読みたい

間取りから考える『リフォーム』と『リノベーション』の違い

「私らしい暮らし」を叶える、マンションリノベーション事例10選

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+