リノベーション

【リノベーション事例】中古マンション×注文設計=リノベーション

     

家を持ちたいと考えたとき、まず考えるのは「戸建て」か「集合住宅(マンション等)」、どちらが良いかということではないでしょうか?
その次に予算を考え、予算組みが終われば建売か注文かを検討すると思います。
現代の家づくりにおいては多種多様な選択肢がありますが、中でも少し特殊なのが中古マンションの注文設計。
通常マンションなどの集合住宅は、新築の場合建築時に数種類のタイプの中から選ぶ規格商品になります。
では、“中古マンション”の“注文設計”とは何のことを指しているのでしょうか?その答えは、今流行りの“リノベーション”です。
今回は、中古マンションでも夢の注文設計が叶う、中古住宅のリノベーション事例について紹介していきます。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 来店予約はこちら▶

リノベーション事例①駅近でアクセス◎バスタイムを贅沢に楽しむVILLAテイスト

このリノベーションマンション、少し変わった間取りのお部屋です。
最寄駅まで徒歩2分という好立地にあるこの物件は、マンションでは滅多に見ない南面に水廻りを持ってきた仕様になっているんです。
業界のセオリーとして、日当たりの良い南側にLDKを配置し、北側に水廻りを集合させるという間取りが一般的な中、こちらの間取りでは、南面2か所のうち、1ヶ所はリビング・1ヶ所はバスルーム・ウォッシュルームに充てており、光が入らず暗くなりがちな水廻りを明るく開放感のある空間に作り替えられます。
バスルームには大きな浴室窓を設置しており、天気のいい日は陽を浴びながら入浴することも可能です。

リビングはダイニングやほかの洋室より一段下げて配置し、天井高を確保することで空間にメリハリと広さが生まれます。
このお部屋のテーマは「VILLAテイスト」。別荘を連想させる、緩急のついたデザインです。前述の通り、リビングを一段下げることでVILLA特有のおこもり感を演出しています。

キッチン前の腰壁は目線を遮る高めの高さに設定しました。キッチンにもおこもり感を持たせつつ、キッチンから一直線にダイニングテーブルを配置し、横の目線で人の気配は感じられるように、閉塞感と安心感を両立させています。

リビングや水廻りは解放的に。キッチンやダイニングはすこし閉塞させる。この空間のリズムはリノベーションならではのつくりです。

リノベーション事例②マンションでも問題なし!大容量の収納を持たせたFrenchテイスト

学生や子育て世代が行き交う姿をよく目にする立地にある、大容量の収納を持たせた事例を紹介していきたいと思います。

こちらの間取りは、LDK空間に最大限の壁面収納を採用しています。
キッチン・ダイニング・リビングとそれぞれに必要なものはたくさんあります。
壁面収納を1列ずらっと並べることで、表に見えるモノの情報量は抑えていますが、クローゼットの中には様々なものを収納することが可能です。
LDKの入り口付近にはコートや靴。次いでキッチンの目の前はパントリーとして、ダイニングの横にはグラス・カップやテーブルで作業する書類やAV機器。リビング横にはお気に入りの雑誌やCD/DVD・お子様のおもちゃなど。

結婚したり家族が増えたりして新たな住まいに移り住んだとき、多く悩まれるのが「収納」についてだと思います。
一般的には収納庫として部屋を割り当てることが多いと思いますが、この事例は収納を無理なく間取りに組み込み、解放感あふれるLDKを実現しています。

このお部屋のテーマは「Frenchテイスト」。淡い色のブルーやグレーが作る柔らかい雰囲気とディテールの凝ったバランスがいいデザインです。
建具のデザイン、ノブの素材感や、壁紙の貼り分けでよりフレンチらしさを演出しています。採用しているインテリアも色味を合わせ、比較的シンプルながら柔らかな印象を与えています。

内装・インテリア・間取りをトータルで調整し、全てのバランスを見ながら空間を整える、誰もが思わず「可愛い!」と感じてしまう秘訣はこのバランス感覚にあると思います。

リノベーション事例③家事楽の家。家事は設備に任せて休日を存分に楽しむINDUSTRIALテイスト

便利な家電が数多く存在する現代。最後に紹介する事例は、ギリギリまで家事を少なくし、休日は趣味を最大限楽しむ家事楽の家です。

こちらの間取りは、マンションでは珍しい、大きな土間収納を玄関脇に備えており、ここにはたくさんの靴を収納できたり、自転車のお手入れ等を行ったりすることができます。
この事例には、食洗機や浴室暖房乾燥機等も搭載。高性能の洗濯機も取り入れ、さらにロボット掃除機を使うため床をフルフラットに作ることで、普段の家事にかかる時間が大幅に削減されています。

普段の家事は設備機器に任せ、空いた時間で自転車のお手入れや、趣味のお料理などやりたいことを存分にやりきるフィールドが整っています。
LDKにガラス戸で仕切る寝室を隣接させることで、プライベートは守りつつ、朝日を浴びて起床、朝はコーヒーを入れて一日が始まり、開放的なLDKでのびのびと生活が送れます。

寝室に隣り合って洋服や帽子等をしまっておけるウォークインクローゼットがあり、その空間内に鏡を設置することで、日々のコーディネートも決めやすくなります。

テイストとしてはINDUSTRIALは通常、古材やアイアン等素材感の強いものが多く、圧迫感があるものが多いす。
それに比べてこの事例は、床や家具をオークにそろえ、部屋自体の雰囲気は解放感のある空間を意識し、家具の質感として古材感のあるものを選んだり、照明や家具の脚等各所にアイアンを配置したりすることで、部屋自体は開放的に、中に置くものでテイストを感じさせる空間となりました。
テイストが強調された空間の中に家具を入れるのではなく、家具を含めて空間を仕上げることで、全体のバランスが取れたお部屋が完成します。

あるものを買うのではなく、好きなものに寄せる過程を踏むからこそ成り立つこの空間は、リノベーションならではです。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 リフォーム体感展示場東京三鷹の家ご来場予約はこちら▶

理想の空間を作り上げるために・・・

リノベーションの可能性は感じていただけましたか?
中古マンションのリノベーションについてのポイントをおさらいすると、
1、リノベーションは、中古住宅の注文設計。つまり、理想の間取りが、理想の立地、理想の金額で叶う方法。
2、新築の規格よりも収納を重視して設計することで、部屋面積の20%の収納が実現でき、生活をした時の収納に困らない。
3、ご要望を叶えるためのプランにすることで、自分好みに、好きなライフスタイルを実践できる。
上記3点のどれか一つでも興味がある方は、リノベーションという方法が適しているかもしれません。
興味があれば、ぜひ家づくりの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+