リフォーム

リフォームにピッタリな季節はいつ!?タイミングが知りたい!

     
リフォームする季節

なかなか頻繁には行わないリフォーム工事。
リフォームにピッタリな季節を知っていますか?
リフォームに適した季節を知っていると、失敗しないリフォームにつながります!
決して安くないリフォームで失敗はしたくありませんよね?ということで、今回はリフォームにおすすめの季節をご紹介します!

リフォームの繁忙期っていつ?

一般的にリフォームの繁忙期(人気の時期)は春と秋といわれています。
なぜ春・秋が繁忙期になるのでしょう?

外部の塗装や外構工事は、天候の影響を受けてしまいます。
雨がよく降る梅雨の季節、雪の降る季節だと、なかなかスムーズに工事が進まず工期が伸びる場合もあります。
内部工事は外部工事とは異なり、天候の影響を受けることはありませんが、
寒くなる前に断熱工事を希望される方や、お盆やお正月といった一般に連休になる時期を避ける方が多いようです。

梅雨に入る前の春先のうちに…
お盆の連休は避けたい…
真冬になる前の秋のうちに…

このように考える方が多いことから、春・秋はリフォームの繁忙期になるんですね。
リフォームする季節

リフォームにおすすめのタイミング

先ほど述べた通り、外部の塗装や外構工事は、天候の影響を受けてしまいます。
さらに気温がぐっと下がるような寒い季節だと、塗装の渇きが悪く、塗料がはがれやすくなる可能性もあります。
リフォームする季節
そのため、外部の工事は春先や秋口がおすすめになります。

内部の工事に関しては、特段天候や季節の影響を受けないので、この時期でなければいけないということはありません。
緊急性の高い工事でなければ、ご家族の都合がいい時期が一番リフォームに適したタイミングになります。
例えばですが、浴室の工事は、お風呂に入れない期間が出てしまうので、汗をかく夏場や、寒く浴槽に入りたい冬場は避けた方がいいかもしれません。

ただし、リフォームの繁忙期にリフォームを行う場合、デメリットになる可能性もあります。
中には、繁忙期で忙しいために対応が遅くなったり、雑になったりする会社もあるのです…。
もちろん繁忙期だろうとしっかり対応してくれる会社もありますので、繁忙期はリフォームしてはいけないというわけではありません。

この時期までには終えたいという時期を目安に、しっかりと家族で話し合ってベストなリフォーム時期
そして、しっかりと対応してくれるリフォーム会社を決めたいですね。

リフォームは準備が大切。

リフォームする季節
リフォームのタイミングについて述べてきましたが、一番大事なのは、その時期にリフォーム工事をできるように準備をすることです。

そんなにリフォームの準備ってすることあるの??と思ったそこのアナタ!

実は、失敗をしないリフォームをするためには、多くの準備が必要になります。
工事の規模にもよりますが、リフォームの相談をしてから工事を開始するまでに数ヶ月もの時間がかかる場合もあります。
というのも、リフォームの相談の後は、実際にお家の状態を調査し、調査に基づいたうえで打合せを重ねていく必要があるからです。

例えば、お盆前に工事を終わらせたい場合、7月になってからの相談では間に合わない場合があります。
前もって少しずつ動くことが、自分がしたいタイミングでリフォームをするポイントになります。
工事内容によってはすぐ対応できる工事もありますので、まずは、リフォーム会社に相談してみてくださいね!

あなたにとってベストなタイミングで!

リフォームってどの季節がいいんだろうと考えている方に、ちょっとしたアドバイスでした。
いろいろな記事でリフォームのおすすめ時期が書いてありますが、やはり自身の都合を考えるのが一番だと思います。
いつまでに工事を終えたいか、家族の都合はどうか、様々な条件を踏まえたうえでリフォーム業者と調整することが最も大切です。
あなたの都合もしっかり考えてくれるリフォーム会社であれば安心して工事が任せられそうですね!

 

合わせて読みたい

家族会議で話し合いましょう。リノベーション前に決めておきたい事

プロが考える老後の間取り

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

無料EBook:ストレスフリーな毎日のために家事導線のいい間取りアドバイスブック

生活をする上で必ず必要になってくる家事。主婦の67%はもっと楽になればいいのに・・・と思っています。

よく聞く「家事導線」という言葉。でも、どんな家事導線が良い家事導線といえるのでしょう?


本書ではこれまでのリフォームノウハウの中から、


・キッチン

・洗面所

・玄関


この3か所を中心に、家事導線のいい間取りを解説していきます。


家事の負担が減り、毎日を楽しくするためにご活用ください。


Ebookをダウンロード

コメントを残す

*

+