リフォーム

【店舗リフォーム事例】カフェのような八百屋さん「SENDOYA」

     
SENDOYA

今回お話しを伺ったのは、2020年春、福島県郡山市にオープンした八百屋さん。
契約農家さんが育てた福島県産の野菜を、たくさんの地元の方に食べてほしい、若い人にもお店を利用してほしい
店主さんはそんな想いでこのお店を作ったそうです。
入ってみてびっくり!今まで見たことのないまるでカフェのような八百屋さんの店内は、かつて野菜倉庫の一角だったところを
店舗にリフォームしたのだとか。

今回は、そんなおしゃれな八百屋「SENDOYA」を経営する店主さんに、リフォームをしたきっかけや、お店に対する想いを伺いました。

店舗をオープンさせようと思ったきっかけは?

SENDOYA

取材当日も朝からたくさんの新鮮な野菜が並んでいた


以前は、お店の裏にある青果店に勤めていた店主さん。もともと野菜の知識はあったため、地域のコミュニティの場として地元の人が気軽に立ち寄れる八百屋さんをつくりたいと考えたそうです。
店舗を新たに構える場所は、もともと勤め先だった青果店の野菜倉庫の一角でした。リフォーム前は、野菜の段ボールが山積みになっていたそうです。

SENDOYA

リフォーム前の倉庫。段ボールが並ぶ


この地で八百屋さんを始めようと思ったきっかけを、店主さんはこう話しています。
「郡山市は田舎なので、街の八百屋さんといえば段ボールが山積みで、狭いような印象がありました。そこで、様々な世代のお客さんが、気軽に立ち寄ることのできるお店づくりをしたら、面白いんじゃないかと思ったんです。色んな人に利用してもらうことで輪が広がって、ゆくゆくはカフェやアパレルなんかとコラボレーションできたらいいなって考えています。」

店舗リフォーム成功のカギは「人」

SENDOYA


今回、店舗のリフォームを手掛けたのはONOYA。福島県須賀川市に本社を構える、創業85年のリフォーム会社です。
店主さんの家の近所にONOYAのショールームがあり、以前から知っていたためお願いすることにしたのだそうです。
さらに、ONOYAに決めたもうひとつの大きな決め手は“担当者”。リフォームをする上で設計プランを考えてくれたスタッフはもちろん、実際に工事に関わった職人も良い人たちばかりだったそうです。
リフォームをする上で、金額はもちろん大切なポイントです。ただし、単に安いだけでは良いリフォームができるとは限りません。そのリフォームに関わるスタッフとの相性は、要望を形にしていく上で最も重要なポイントになるのです。

SENDOYA


リフォーム会社を決めてから、工事に入るまではあっという間に話が進んでいったと言います。倉庫自体は、壊れていたり古くなっていたりということが特段なかったため、「どんなデザインの店内にしたいか」を中心にプランニングをしていったのだそうです。
店主さんの「こうしたい」というものをONOYAのリフォーム担当者がひとつひとつ形にしていき、時にはONOYAからの提案も踏まえつつ
少しずつカフェのようなおしゃれな八百屋さんが出来上がっていきました。

思わず写真を撮りたくなるお店づくり

SENDOYA

およそ1ヶ月半の工事期間を経て、この春無事オープンすることができたSENDOYAさん。
カフェにいるような店内は、木の温かさの中に新鮮でカラフルな野菜がたくさん並ぶ、まさに写真映えする空間になっていました。

SENDOYA

店内の一角には、チョークで野菜のイラストが描かれたブラックボードのスペースがあり、遊び心を感じられます。

SENDOYA

中でも、店主さんいちばんのこだわりがこの陳列棚だそうです。
野菜が見えやすいように棚が斜めに取り付けられているのが特徴で、野菜がきれいに見えるよう箱の大きさも考えながら職人にオリジナルで作ってもらったそうです。

SENDOYA

野菜の陳列された棚の上には、小物をディスプレイできる棚が取り付けられていて、居るだけでワクワクするような工夫がたくさん施されていました。

SENDOYA

SENDOYA

そして、SENDOYAさんで使われている照明器具や野菜の置かれたテーブルも、店内のデザインに合わせてONOYAでチョイスしたそう。
空間において重要な役割を果たすインテリアはついつい後回しになってしまいがちですが、ONOYAではリフォームと合わせてインテリアまで含めた提案をしているのも魅力です。

これから店舗のリフォームを考えている人へ

SENDOYA

今回取材に対応してくださった店主さん。熱い想いを語ってくれました。


最後に、今後店舗のリフォームをしたいと考えている方に向けてメッセージをいただきました。
「予算が合わない、ちょっとオーバーしたとしても、お店のこだわりを削るくらいなら先行投資してリフォームをした方がいいと思います。
自分のこだわりを持って作ったほうがいいし、それはきっと、来てくれたお客様にも伝わるはずです。」

これから先店舗のリフォームを考えている方は、ぜひそのお店で叶えたい想いを大切にしてくださいね。

 

 

合わせて読みたい

酒店リノベーション《店舗の事例》お酒を”楽しむ”場が人を呼ぶ!老舗酒店のリノベ
建築家との家づくりの秘訣が、住む人がそこでどう暮らしたいかを考えることなら、建築家との店づくりの第一歩は、お店の人がそこでどう...
倉庫リノベーション元店舗や倉庫・ガレージ・納屋がリノベーションで住宅に生まれ変わる
皆さん突然ですが、日本の空き家率をご存じですか?2013年の統計では820万戸が空き家になっていると言われています。率で言えば13.5%、...
リフォームの税金リフォームしたら税金はかかるの?知っておきたい税のこと
リフォームすると税金は発生するのかあなたは知っていますか? よく耳にする「固定資産税」や「不動産取得税」といった、マイホーム購入...

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+