リフォーム

ウォークインクローゼットがある間取りを作るときのポイント3つ

     

引っ越したり家族が増えたりしたとき、悩みの上位にランクインするのが”収納スペース問題”。「収納がたりない!」とお困りの方、結構いると思うんです。気づけば家中がモノであふれかえって片づけをするのも億劫に…なんてこともあるかもしれません。

こんなとき、ウォークインクローゼットがあれば悩みは一気に解決できます!ただし、新たにウォークインクローゼットのスペースを作るときにはいくつかの注意が必要。やみくもにスペースを作るだけでは、その空間を上手く活用できずデッドスペースになりかねません。

今回は、ウォークインクローゼットのある間取りを作るときに気を付けたいポイントを3つご紹介していきたいと思います。

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットとは読んで字のごとく、「歩いて入っていけるクローゼット」のことです。
収納に特化したスペースなので、上手に使えばスッキリとモノを収納することが出来るというのがメリットです。そのほかにも内部に自分自身が入っていけるのでしまってあるものが探しやすかったり、広さによってはそのスペースで着替えをできたりするというメリットもあります。
一方で、ウォークインクローゼットを設置するということはそれ相応の面積が必要になってきます。そのため条件によっては設置が難しい家もあります。また、なにを入れるか、どう使うかを定めず、たくさん物を入れようとすると、通路部分にまで物を置いてしまいウォークインクローゼットとして活用できないということもあります。
ウォークインクローゼットを作る際には何をどうしまうかという計画を立てることが望ましいです。

 

ポイント①ウォークインクローゼット基本の形を知ろう

ウォークインクローゼットには、いくつかの基本形があります。
ひとつが「Ⅰ型」です。部屋の一辺に枕棚やパイプを通してある形です。

シンプルなので使いやすいのが特徴です。写真のように、片側はウォークインクローゼットとして、もう片側は着替えスペースとして使うことができます。しかし、収納量的にはそれほど多くは望めないので、二人分以上の収納量がほしいと考えている方には、少々物足りなく感じると思います。二人以上で使うのであれば、「Ⅱ型」という方法もあります。

こちらは室内の対面の壁に枕棚やパイプを設置するタイプです。こちらの形であれば片側を一人ずつ使うという方法も取ることが出来ます。ご夫婦のクローゼットと考えると理想的な収納の形になります。しかし、この形のウォークインクローゼットを取り入れたい場合には注意が必要です。お部屋の間口が狭い場合、着替えなどをするスペースを取ることが出来ません。

具体的には、洋服をハンガーにかけて窮屈でない寸法は奥行60cmくらいといわれています。この寸法を両側に確保しようとすると一間幅(壁の内側で169cmほど)で見たときに余裕のある空間は50㎝弱となります。人が真ん中を歩くときに必ずかけてある洋服に肩がぶつかってしまいます。そのためⅡ型のウォークインクローゼットで着替えなどもしたいという場合は部屋の間口に余裕を持つ必要があります。

スペースは狭いけれど、収納量を少しでも増やしたいという方には「L型」がオススメです。広さによっては着替えをしたりするスペースを取るのは難しいですが、これであれば1間幅の間口の空間でも収納量を増やすことは出来ます。メリットしかなさそうなL型ですが、ウォークスルークローゼットのように扉を2ヶ所設ける使い方は出来なくなるので、回遊性のある動線にしたいという方は要注意です。

 

ポイント②収納パーツは適材適所で

ウォークインクローゼットの基本の形をご紹介しましたが、収納パーツの配置も重要になってきます。

収納パーツとは、枕棚やハンガーパイプ、可動棚などです。


この配置ですが、一見収納しやすいウォークインクローゼットに見えますが、収納方法を考えないと後々使いにくいスペースになりかねません。
クローゼットの形で最もベーシックなのは枕棚+ハンガーパイプです。洋服も収納出来て枕棚にも箱などを置いたりすることが出来ます。
これを基本形にして変化を加えていきます。例えば洋服を大量に持っているという方の場合、パイプを上下2段に通すというのも一つの方法です。
そうすることで、かけておきたい洋服を収納できるスペースは2倍になります。シャツやブラウス、スーツがたくさんあるという方にはこの方法がオススメです。
洋服よりも箱に入ったものを収納したいという方は、一角に可動棚を設けるといいでしょう。可動棚は段数を増やすことが出来、さらに高さも自由に変えられるので趣味の用具やコレクションをしまっておきたいという方に最適かもしれません。
収納パーツは用途に合わせて選ぶのがなかなか難しいかもしれませんので、リフォームのプロに相談したり、あらかじめ勉強したりした上で決めたほうが、後々失敗せずに済むかもしれません。

ポイント③「何を収納したいのか?」は事前に決める

ウォークインクローゼットが欲しいと思ったら、まずは「なぜ欲しいのか」、「自分はそこに何をしまいたいのか」をじっくり考えることが大切です。
なんとなくほしいからといってよくある形にしてしまうとかゆいところに手が届かないウォークインクローゼットになってしまいます。
ウォークインクローゼットはおうちの中でそれなりの面積を使わないと設置できません。実際作ったけれど使い勝手の悪い仕上がりになってしまうのは非常にもったいないです。せっかく作るのであれば、自分の収納事情に特化したスペースを作り上げるべきです。
自分が何を収納したいか、なにをしまうことが多いかを真剣に考えて、どんな使い方をしたいかというイメージを膨らませてみれば、意外とあっさり理想のウォークインクローゼットが見えてくるかもしれません。

とりあえず…は禁句!

ここまでウォークインクローゼットについての考え方をご紹介しました。ここまで何度も述べてきましたが、ウォークインクローゼットに対して「とりあえず」は禁句です。
居住スペースを狭めて作ったウォークインクローゼットがただの物置になってしまうのはやはりもったいないです。ウォークインクローゼットを作るときは、しっかり目的と役割を持って活用できるように自分のライフスタイルをじっくり振り返ってみてください。

合わせて読みたい

クローゼットの隙間ゼロ!収納しやすいクローゼットの作り方まとめ

年末の大仕事、今年は収納を増やせる一味違った大掃除を!

 

 

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+