お金・税金

全面リフォームをお考えの方必見!気になる内容やその種類を徹底解説【入門編】

     

「古くなってきたし、全体的にリフォームしたい!」
「でも、よく聞く全面リフォームってどんな感じ?」
「全面リフォームの費用って、新築と比べてどの位なんだろう…?」
一言でリフォームって言っても、分からないことが沢山ありますよね。

そんな方必見です!
今回は全面リフォームの内容やその種類について紐解いていきます。読み終わる頃には不安が無くなっているかも…!?

リフォーム&増改築ならONOYA東京 ショールームの詳細はこちら▶

全面リフォームとは

一言で全面リフォームと言っても、大きく2つに分けられます。
・スケルトンリフォーム
・お化粧リフォーム
何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
聞いたことはあるけど、一体何が違うのか実は分かってないなんてことはありませんか?
実はリフォーム後のおうちを見ても、パッと見どちらかその違いが分からない可能性が高いです。
そう!違いは「見えない部分」にあります。

そして、どのような住まいをつくりたいかによって、どちらを選択したほうが良いかが変わります。
言葉の意味をはじめ、何がどう違うのか、それぞれのメリットデメリットを交えながらご紹介します。

リフォーム&増改築ならONOYA東京 資料請求はこちら▶

全面リフォームの種類①スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、「基礎、柱、梁、屋根といった構造体は残して、それ以外は壊す」リフォームの方法です。マンションに関しては、元々の造りによって、周りのコンクリートだけを残し、部屋内をスッカラカンにします。解体途中ですが、マンションの部屋内を壊していくと写真のようになります。

それって新築扱いになるのでは・・・・?
と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基礎を含め骨組みを残しているので、あくまで改築(リフォーム)というカテゴリになります。

スケルトンリフォームは大きく間取りを変えたり、お家自体の性能を上げたりする時に適した方法です。そのため耐震・断熱・間取りに不満や不安がある方にオススメです。もともとのお家の大枠は基本的に変えないため、完全に注文住宅とはなりませんが、かなり自由度が高く、より暮らし方にあった住まいをつくれます。同じ性能、設備を搭載した新築と比べると費用面も3分の2程度に抑えられるのも嬉しいポイントです!

【Before】

【After】

新築だと全体に費用が掛かるため、キッチンやお風呂といった設備にはこだわれないことが多いですが、リフォームでは、新築で必要な申請費や基礎をつくる費用などがかからないため、その費用を設備に回す事もできます。
同じくらいの費用をかけるなら、間取りも性能も設備もぜーんぶこだわったお家にしちゃいましょう!
上記の写真は築43年のお家をスケルトンでリフォームした事例の内観です。ここまでやると、新築ですね!

リフォーム&増改築ならONOYA東京 資料請求はこちら▶

全面リフォームの種類②お化粧リフォームとは

お化粧リフォームとは、元々の間取りや性能はほぼそのままで、見た目だけを綺麗にする方法です。完成時は、とても綺麗になるので、パッと見新築にも見間違えられます。スケルトンリフォームと見た目では判別つかないかもしれません。
下記の写真は和室を洋室にリフォームしたものですが、よーく見ると和室の面影があるのが分かります。

【Before】

【After】

床の間の段差はそのままに白く変えていますね!また、柱も壁と合わせて白くしているので、違和感が少なくなっています。


見た目だけをきれいにするので、スケルトンリフォームと違って耐震、断熱、間取りに不満が少ないという方、なるべく費用を抑えて、とにかく見た目がきれいになればOK!という方向きです。費用的にはスケルトンリフォームと比べると2分の1程度には抑えられます。


ただしこのお化粧リフォームは、リフォームをするお家の状態がある程度良いことが求められます。例えば、定期的にメンテナンスをしていて、シロアリや雨漏れによる内部の腐食の心配がないといったことです。いくら見た目をきれいにしても、目に見えない中の状態が悪いと、せっかくリフォームしたのに、また壊してリフォームしなおし・・・といった事態にもなりかねません。

この辺りはなかなか判断がつかないところなので、プロに相談して検討しましょう。

 

リフォーム&増改築ならONOYA東京 ショールームの詳細はこちら▶

適したリフォームで快適な住まいを手に入れましょう

いかがでしたでしょうか?全面リフォームといってもやり方によってかなり内容と費用に差が出てきます。
全面リフォームの全面とはどこまでの範囲か?を知らずに話を進めてしまうと、後々トラブルにもなりかねません。
内容が大きくなれば費用も当然掛かります。同じように見えても、その費用差が何によって生じているのか、リフォームの内容が要望やお家の状態に適しているのかをしっかり確認した上で話を進めるのが、全面リフォーム成功のコツです!
表面的な情報に惑わされず、ぜひ快適な住まいを手に入れてください!

東京 武蔵野市 三鷹市エリアでリフォームをお考えの方

東京 武蔵野市 三鷹市でリフォームをお考えの方、ONOYA東京に相談してみませんか? まずは、WEBサイトをご覧ください。リフォームの施工事例を見ることが出来ます。
東京のリフォーム・リノベーションはONOYA東京

コメントを残す

*

+